「ほっ」と。キャンペーン

寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨晩の満天の星空はどこへやら。
朝起きると、思ったほどの晴れではない。
雲多めの晴れといった感じだった。

今日は野暮用があり、いつもより早めに下山するつもりだったが、
水汲みにいったついでに山菜を摘んできてほしいとのリクエストがあり、
それをやってから下山することにした。

道しるべの会の仲間のおさんぽさんと一緒に水場へ向かう。
a0094280_1745835.jpg

槍〜穂高は見えていたが、裏銀の山々は頭を雲に覆われていた。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-23 23:59 | 山歩き | Comments(2)
今年の盆休み、5日間も船窪小屋で過ごした。
けれど、盆明けの土日も小屋は結構賑わうと
以前から船窪のお母さんにきいていたので、
仕事が通常通り休めたら、また来週も手伝いに
上がりますと伝えておいた。
果たして、休日はちゃんと取れることになり、
約束通り船窪小屋に行くことにして、その旨連絡した。

すると…。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-22 23:59 | 山歩き | Comments(2)
真夜中に目が覚めて、外に出ました。
外は満天の星空。
カメラを持ち出さなかったことをちょっぴり後悔。
でも、その分その景色を心に焼き付けようと、
ぼくはしばらく眺めていました。

船窪小屋で過ごす、ぼくの夏休みの最後の夜。
素晴らしい星空は神様からのプレゼント。

ずっと見ていたかったけど、朝4時過ぎには起きなければなりません。
ぼくは仕方なく小屋の中に戻りました。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-16 23:59 | 山歩き | Comments(2)
高巻道を使わないで、針ノ木谷沿いに歩いていきます。
針ノ木谷古道が復活する前は、この道が使われていたらしいです。
その為、沢歩きとなり、危なそうな場所もいくつもあり、
ある出版社さんの地図では危険マークの付くコースに
なってたようです。

写真を撮ってくれたおねえさんにバイバイして、沢を行きます。

今では全く整備されてない道ですから、かなり荒れてます。
古いペンキ・マークを時折目にしますが、基本的に自分で
ルート・ファインディングして進む感じです。

それでも、このルートを歩いたことあるおさんぽ隊長さんが
的確に道を見極めて、進んでいきます。
a0094280_9122760.jpg

大岩がゴロゴロする中を進んだり、

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-15 23:59 | 山歩き | Comments(0)
夜中に目が覚めたので、テントから顔を出すと、
空には星がいっぱいでした。

急いでカメラを取り出したけど、三脚が隣のテントに置いてあって、
手許にありません。
仕方なく手持ちで撮影したけど、ブレていてダメでした。

残念な気持ちになりました。

けど、写真が撮れないのは残念だけど、
このまま明日もずっと晴れてくれればいいのにと思いながら、
また寝ました。
a0094280_944842.jpg

朝起きたら、快晴でした。

立山方面もクッキリ。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-15 23:58 | 山歩き | Comments(0)
今日も朝から天気良くありません。
朝から辺り一面厚い雲に覆われ、周りの山々も良く見えません。

それでも、外の天気が気にかかり、小屋の外に出ると、
a0094280_8553878.jpg

時折、船窪岳などが顔を見せていました。

ちょっと墨絵っぽい世界でした。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-14 23:59 | 山歩き | Comments(0)
朝から天気良くない。
細かい雨が降ったり、やんだり。
たまに青空や晴れ間がでたり。
a0094280_8542482.jpg

虹も出たり。

船窪小屋のお母さんが話してたけど、
朝の虹は好天の知らせではないよ!と。

その言葉通り、この日の天気は良くなかったです。

お友達の麦酒さんは今日下山です。
ゆっくり下山ということで、雨が弱くなるのを待って下山です。
せっかくだから、帰るまでずっと良い天気だと良かったのに。

それでも、いっぱい楽しんで、いっぱい寛げたようで、
笑顔で七倉に向けて下っていきました。

麦酒さんが下りた後、ちょっぴりさびしい気持ちになりました。
見送る方はいつもさびしい感じがする気がします。
見送られる方が楽なのかもしれないなぁ。

麦酒さんは帰ったけど、下から塩さんとのりちゃんが来ました。
お友達が増えて、ちょっと嬉しかったです。

この日も野外作業はなく、昨日と同じく掃除や配膳、フロント的な仕事、
販売などをしました。

そして、夜…。
何故かまたお茶会の司会になりました。
今日はしなくてもいいと思っていたので、かなりショックでした。
それでも、一生懸命やりました。

明日は前会長が上がってくるので、
明日こそ司会はしないで済むでしょう。

寝る前に外に出ると、星が少し出ていたので見ていると、
何やら人工的な明かりが七倉岳の方から近付いてきました。
何だ?何だ?と思っていたら、トレランのおじさんぽい人が
疲れた様子でやってきました。

時間はもう9時近くです。

常駐の人がたまたま今日は小屋にいたので、すぐに呼びにいきました。

常駐の人はトレランの人に注意をしてました。

ぼくの意見ですが、今朝南岳から来たというそのトレランの人は
怒られても仕方ないかな。

小屋の常識としてほとんどの人が寝てる時間にやってきて、
素泊まりさせて下さいと。

たまたま小屋番のお姉さんが親切な人たちだから、
イヤな顔もせずに対応していたけど、おじさん、
ちょっとやり過ぎとぼくは思いました。

あくまでもぼくの想像に過ぎないけれど、
あの人たちは自分の限界に挑戦してるのかもしれません。
けれど、その限界に挑戦する途中で、
こうやって多くの人に迷惑をかけている。

限界に挑戦するのは個人的なことの筈なのに、
他人に大きな迷惑をかけている。

生きている以上、他人に迷惑をかけないことはないけど、
明らかに迷惑をかけそうなことを自分から生み出しつつ、
自分の理屈を通していくことに、ぼくは疑問を感じました。

結局おじさんは、夜の9時過ぎに小屋に来て、
それからごはんを食べて寝て、夜中の3時前に小屋を
出ていったようです。

あんなことしてれば、いつかは何かしらの事故にあうというか、
引き起こすような気がします。

本人にはそんな気持ちはないだろうけど、危険を予め感じる能力を持って、
もうちょっと他人頼りではない行動をする方がいいとぼくは強く思いました。

そんなこんなで早くに寝ることができず、
遅い時間に寝ることになってしまいました。

色々ありましたが、二日目の夜も終わりです。
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-13 23:59 | 山歩き | Comments(0)
今年の夏休み、どこの山に行こうか、ぼくはとても迷いました。

日本海から上高地まででまだ歩いたことない栂海新道や、
烏帽子〜南真砂分岐を歩くことを中心に、その近くの山々を
歩くのもいいかなぁなんて思いました。

けれど、お盆の間に企画されてる、船窪小屋ボランティアの
道しるべの会による針ノ木谷古道の草刈りにあまり多くの
会員が集まらないらしいときいたので、自分の山歩きの計画も
特別具体化してなかったこともあり、そちらに参加し、
船窪小屋で過ごすことに決めました。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-12 23:59 | 山歩き | Comments(0)
真夜中、目が覚めたので、テントから顔を出すと…、
a0094280_848838.jpg

満天の星空!

風があり、寒いので数ショットでテントに戻る。

この時の様子は、仲間に気付かれていたようだ…。
みんな寝てると思っていたのだが…。

まぁ、ヤバいことしてるわけじゃないからいいか…。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-09 23:59 | 山歩き | Comments(2)
金曜の昼間、手伝いの手は必要か否かを小屋に
たずねてみると、
他にボランティア仲間が来てくれるので大丈夫との回答。
ならば、自分の山歩きにいこうと思って、夕方色々検討してると、
船窪のお母さんから電話。
昼間お父さんが断ったみたいだけど、急に予約が増えて手が足らなく
なってしまったので、もし予定がなかったのなら手伝いに来てほしいとのこと。
山行計画に具体性もなかったし、忙しいからこそヘルプがあったと思い、
急いで荷物をまとめ、七倉に向かう。

前回来たのは、つい先日。
日曜に来て、月曜に帰った。

あれから一週間も経ってないのに、空気が入れ替わった感じ。
山は下界より一足早く、夏から秋へと移ろいつつあるのを感じた。
a0094280_8453088.jpg

いつもの天狗の庭から眺める空は、やはり、幾分秋に近付いてる気がした。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-08 23:59 | 山歩き | Comments(0)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu