寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

表妙義縦走敗退!?

この表妙義のルートは、一般の登山道としては国内最難関ルートの一つであり、
北アルプスの奥穂高~西穂高の縦走路より危険と思われます。
単純に技術のレベルだけで考えれば、要求されるレベルはこちらの方が上でしょう。
アプローチは楽ですが、ほぼ毎年死者も出ますし、安易に入らぬことをお勧めします。
また、ある山岳ガイドの記述によれば、無雪期の槍ヶ岳・北鎌尾根と
表妙義縦走の技術レベルは同等とのことなので、経験のある登山者ならば、
その難易度が容易に想像できるかと思われます。
一般登山道と言われてはいますが、限りなくバリエーションに近いルートという
位置付けと考えて、入山する場合には細心の注意を払う必要があると思います。


朝起きて、雨雲レーダーをチェック。

……。
……。
なんと!群馬では妙義の付近だけ雨雲がかかってる模様。
なんてこった…。(涙)

暫し考え、出発を少し遅らせることにする。

朝雨が残っても、やがて、晴れはしないにしても
曇りくらいまでは回復すると思ったからだ。

妙義に近付くに連れ、路面が濡れた跡が…。
また霧雨も落ちてきた…。

登山口近くの道の駅みょうぎに着き、表妙義の相馬山方面を見上げる。
……。
頭だけ雲の中だ…。
やはり、条件は良くなく、登山道及び岩場はウェット状態だろう。

ここでまた考える。

前回ここをフルに縦走した時も、若干ウェット気味だった。
それでも、ちゃんと縦走できた。
ならば、今回も可能と言えよう。
もしかしたら、上に出る頃には陽がさして、岩が乾くかもしれないし…。
ダメならば、エスケープルートから下山すればいい。

行くと決める。

妙義神社の登り口からは、結構登山者が多い。
大の字までで3人の単独行者に追い付いた。

イマイチの条件でも、結構みんな入山してんだなぁ。
もっとも、みんながみんな表妙義ルートを行くとは限らないが…。

傾斜はさほどキツくはないが、滑り易そうな、長い鎖のある坂をのぼると、
直に大の字へ。

大の字のある岩場は鎖が垂れてるが、
練習の為、鎖に触れず、登る。
a0094280_9423447.jpg

大の字。
間近で見ると、結構デカい。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-10-27 23:59 | 山歩き | Comments(4)
秋晴れの日曜日、早起きできず、近場の山に行くことにする。

赤城山では紅葉真っ盛りのようだが、
アプローチの渋滞で辟易すること必至なので、
未だ紅葉には早い妙義山に行くことに決める。

石門巡りだけではつまらないし、
絶好の天気が後押ししてくれそうなので、表妙義に行く。

但し、時間が早くはないので、金洞山〜堀切のみを
今回は歩くことにする。

この表妙義のルートは、一般の登山道としては国内最難関ルートの一つであり、
北アルプスの奥穂高~西穂高の縦走路より危険と思われます。
単純に技術のレベルだけで考えれば、要求されるレベルはこちらの方が上でしょう。
アプローチは楽ですが、ほぼ毎年死者も出ますし、安易に入らぬことをお勧めします。
また、ある山岳ガイドの記述によれば、無雪期の槍ヶ岳・北鎌尾根と
表妙義縦走の技術レベルは同等とのことなので、経験のある登山者ならば、
その難易度が容易に想像できるかと思われます。
一般登山道と言われてはいますが、限りなくバリエーションに近いルートという
位置付けと考えて、入山する場合には細心の注意を払う必要があると思います。


a0094280_10452999.jpg

快晴なり。
奇岩のまわりの樹々は未だ青葉。

登山者も観光客もそれほど多くはない。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-10-21 23:59 | 山歩き | Comments(4)
急遽休みとなった。

山に行こうとしたが、当日休みとなった為、
そんなに遠くまでは行けない。

ならば、ということで、低山ながら骨のある歩きを楽しめる
大坊山〜大小山を往復することにした。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-10-20 23:59 | 山歩き | Comments(4)
晴れていた。
キーンと冷えた空気の中、周囲の山々が暁闇の中から
その姿を現し始めていた。
a0094280_1021545.jpg

針ノ木の向こうには立山連峰。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-10-08 23:59 | 山歩き | Comments(10)
体育の日の連休、どこの山に行くか迷う。
ここ数年来、企画しては流れてゆく、
南アルプスの仙丈、農鳥というプランもあったが、
休みの都合で、またも叶わず。

ならば、ということで、小屋閉めを少し手伝うという気持ちもあり、
今年3回目の船窪小屋へと向かう。

仕事が早く終わったので、前日の午後に家を出た。

途中で蕎麦を食らい、カフェでブレイクし、
スーパーで買い物を済ませ、七倉で車中泊。

七倉の駐車場はかなりの車が溢れていたものの、
なんとか車を泊めることができた。
これで、ねぐらは確保。

七倉山荘でひとっ風呂浴びた後、車内でひとり宴会をし、眠りについた。

前夜、雨粒が車の屋根を叩き、当日はどうなるかと思ったが、
朝起きてみると、晴天が待っていてくれた。

今日は船窪小屋に行くだけ。
一回歩いているので、ルートの雰囲気はのめている。
小屋10時着を目標に、ゆっくり出発する。

静かな山道を黙々と歩く。

1時間程歩いた頃だろうか、漸く先行者の姿を樹間にとらえる。
しかし…、なかなか追い付かない…。

また姿が見えた!
あれっ!山ガール!?
それにしちゃ速い!

少しペースを上げる。
すると、やっと先行者に追い付く。

ひとりの女性が道を譲ってくれた。
果たして、この人はハムさんであった。

続けて、もう一人の先行者に追い付く。
この登山者が、さっきの…。
やはり、山ガールだった…。
それにしても、速い!
今年逢った山ガールの中でも屈指の速さ!
感心してしまった。
少し言葉を交わした。
果たして、この山ガールがミキちゃんだった。

岩小舎付近で少し休む。
ペースは前回とほぼ同じ。
3分と変わらない。
意識はしてはいないが、大体いつも同じくらいのスピードで
歩いているのだということがわかった。
a0094280_952678.jpg

鼻付八丁

ここからは、ちょっとワイルドな、
南アルプス的な階段のある、急登の始まり。
踏み外さぬよう、しっかりと歩いてゆく。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-10-07 23:59 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu