寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

前日の夕食後から降り出した雨は、雷を伴い、時に強く降り、
一晩中ゴロゴロと雷鳴を響かせていた。

夜中何度も目を覚ます度に耳にする雷鳴は、
俺を不安にさせた。
天気は大丈夫か?
しっかり行動できるか?

陽がのぼる前に、寝室の窓から不動岳方面を見ると、
ぼんやりとした視界の中でも、晴れているような感じだった。

古河市から来たという、隣のおじさんが言う。
「晴れてるよ」と。

急いで飛び起き、外に出る。

a0094280_20524385.jpg

槍ヶ岳が綺麗なシルエットとなっている。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-07-30 23:59 | 山歩き | Comments(12)
登山初日の天気予報は、午後から雷雨の可能性ありと伝えていた。
梅雨明け十日なのに、雷雨かよ…。

行きたい山の候補はいくつかあった。
けれど、雷雨の可能性ありでは、無難に歩行時間が短い方が良かろう。

ということで、いつか泊まってみたいと思っていた船窪小屋を目的地とし、
そこから今回のコースを選択した。

とはいえ、前夜出発し、七倉で車中泊を考えていたが、
こちらでは雷雨となっていて、出発するのがイヤになっていた。
なので、当日の早朝に家を出ることにした。

果たして、読みは当たり、当日はマズマズの天気。
快適な天気の中、先ずは七倉へと向かった。

七倉の駐車場を出る前に、小屋に予約の電話を入れる。

登山届けを提出し、船窪小屋へと向かう。
到着目標は、おそらく雷の心配がない12時。

橋を渡り、トンネルの手前から登山道に入る。
a0094280_20394924.jpg

緑が眩しい。
気持ちいい風景だ。

More
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-07-29 23:59 | 山歩き | Comments(8)

真夏の大坊山

梅雨明けしたとは思えないくらいの涼しい日が続いた。
この日から徐々に暑く、蒸してきたけれど、
それでも最高気温が30℃に満たない予報。
では、ということで、久々に大坊山に向かってみた。

ビミョーに足の具合がよくなく、たまに痛みを感じていた。
病院に行ったわけでもないので、原因はよくはわからなかった。

そんなところに、プロスポーツトレーナーの方とお会いする
機会があったので、ちょっと原因を尋ねてみた。

すると、以前やったであろう捻挫の影響から
膝付近に痛みがきているのではないかとのこと。
あわせて、リハビリ法も教えてくれた。

そのリハビリも少しずつではあるけど実行してみたので、
その効果をみがてらの山歩きとしてみた。

先月の東籠ノ登山以来の山歩きなので、とりあえずゆっくり歩きだす。
登山道は意外にもぬかるみのあとがあり、出だしはちょっと歩きにくい。
それでも、尾根に出ると、石の多い登山道のせいもあるが、
結構歩き易くなった。

大坊山にはあっさり着いた。
天気がいいとは言えないので、とりあえず鉱山まで行き、
戻ってくることにする。

気温が決して低いとは言えないが、曇っていたので楽だった。

すれ違う登山者も三組ほどいた。
思ってたよりも多いことに驚く。

鉱山は相変わらず切り立っている。
a0094280_21292283.jpg

頂上から下を覗くと、採石場の車が小さく見えた。
低山ではあるが、重なる峰々が綺麗。
手前の丘は、海に浮かぶ島のようだ。

ここでちょっと休憩し、来た道を戻る。

また足の痛みが出たらイヤだなぁと思いつつ歩いていたが、
リハビリ効果か、痛むことはなかった。
ちょっとスピードをあげたらどうなるか試してもみたが、
結構大丈夫だった。

短い時間しか歩いてないのでなんとも言えないが、
この分なら夏山に向けて期待がもてよう。
ちゃんとリハビリして、夏山を楽しむぞ!



[コースタイム]
大山祇神社登山口(-/12:20)〜大坊山(12:33)〜つつじ山(12:40)〜
鉱山(12:51/13:02)〜つつじ山(13:11)〜大坊山(13:17)〜
大山祇神社登山口(13:24/-)
[PR]
by torajiro-joshu | 2012-07-22 23:24 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu