寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

鹿俣山

鹿俣山(玉原高原)にスノーシュー遊びをしに行ってきた。

今回御一緒した”御岳友”(笑)は、あひるさん、むかしむかしさん、
ももちゃん、たけさん、たけさんパパ。
雪山経験の多い”御岳友”が主体。
なので、とても心強い。
a0094280_233258.jpg

ブナ林の美しい斜面を登る"御岳友”(笑)





a0094280_2123621.jpg

杉とブナの混じった林から歩きだす。

天気が心配されたものの、曇りで、まぁまぁといった感じ。
寒さもそれほどではない。
a0094280_21235188.jpg

少し歩くと、直にブナ林となる。
さすが、関東屈指と言われるだけのブナ林だ。
大きなブナがたくさん空に向かっている。
新緑の季節、紅葉の季節ならば、さぞかし綺麗なことだろう。
a0094280_21241159.jpg

全体的に傾斜面ではあるが、時折やや急な斜面も現れる。
だが、雪質もスノーシューには比較的向いているような感じで、
結構快適に登れる。

静かなブナ林ではあるが、ルートが玉原スキー場のすぐ近くなので、
スキーヤーやボーダーのエッジで雪を切る音が聞こえたり、
時折、その姿が見え隠れする。
a0094280_212436100.jpg

1/25000の地図上には表れない、シャクナゲ群生地の下り。
想像してたより長い下り、しかも、急…。
地図に表れない微妙な標高差。

事前に知っていなければ、ちょっとめんをくらうかも…。
a0094280_21245776.jpg

ガスが濃くなったり、やや薄くなったり。
少し離れると、御岳友がボンヤリと見えるほどに…。

頂上に近付くにつれ、雪質が軽く、良くなってきた。
小さな雪庇を越え、主稜線に取り付く。
そこから少し頑張ると、そこは頂上だった。
a0094280_21261671.jpg

枝に付いた雪が綺麗。
小さな小さなエビのシッポのようだった。

頂上は、意外にも多くの登山者がいて、かなりの賑わい。

展望も望めず、北風もやや強く、休憩するスペースもあまりないので、
風を避けられるような場所を探し、そこで昼食にすることにする。

頂上から少し下ったところで、いい場所を見つけ、そこで昼食。
a0094280_17414017.jpg

ホット・ワインの中で躍るブナ!?(笑)

むかしむかしさん特製のホット・ワインで身も心もあたたまる。
いや〜、本当にウマい。
昼食するスペースを確保したら何故か強くなってきた雪も風も、
この時だけは忘れさせてくれそうな感じだった。
a0094280_21275090.jpg

むかしむかしさん特製の豆乳鍋。
これもすごくウマかった。
(ただ、自分の盛り付け方が良くないですね…。)
山でこんなの食べられるなんて、すごく幸せだ。

この豆乳鍋、オールラウンドに活動されている、たけさん夫妻の
ガソリン・ストーヴであたためていただいたが、
さすがに、ガソリン・ストーヴのパワーは凄い。
火力が凄く強いもんね。
普段自分は小さなガス・ストーヴなので、尚更そう思った。

それにしても、たけさん夫妻の装備には見習うべき点が多い。
いざという時のことがしっかり考えられている。
もし、俺がもっと雪山に行くようなことがあったら、
是非是非色々とおしえていただきたいと思った。
a0094280_21272249.jpg

これまた、むかしむかしさん特製の誕生祝いケーキ。

この日から前後一ヶ月内に誕生日を迎える人にと、
作ってきて下さった。
たけさんパパ、たけさん、俺と3人が、
御岳友のみなさんに祝っていただいた。(感涙)

りんごのケーキが、心に沁みます。
いやはや、有り難い限りです。
寅次郎、感激!のウマいケーキでした。
むかしむかしさん、みなさん、ありがとうございます。
この日のことはずっと忘れません。

美味しく、楽しく、感激の昼食を味わううちに
どんどん雪は降ってきて、あたたまった体から
どんどん熱を奪ってゆく。

急いで撤収し、ある意味、本日のメインたる行動に移る。
だが、これは、ある事情により割愛することにする。
このヒミツは、今回の御岳友関係者のみ知ることということで…。(笑)

スキー場の上部を巡り、反時計回りに下山してゆく。
無事!?責務!?を果たした一行の足取りは軽い。(笑)
a0094280_21281967.jpg

降り下った地点から少し登り返し、一行は駐車場へと向かっていった。

2010年初のスノーシュー遊び、今回もとても楽しいものでした。
また、雪の山上で誕生日を祝っていただいたことは生涯忘れることはないでしょう。
御岳友のみなさん、どうもありがとうございました。
また、いつか御一緒しましょう。

あひるさん目線の記事はこちらです。
是非とも、お楽しみ下さい。
[PR]
Commented by suikamama126 at 2010-02-13 05:32
遊びにっていうか、もう修行のようですよ。^^;
よくご無事で。
見てる方が寒くなってきました。
↓ピーナッツじゃなくて、「なんきん豆」って名前が懐かしくてまたいい感じです。♪
Commented by オヤジkaz at 2010-02-13 09:04 x
ひぇ〜
八甲田山みたい(笑)
オヤジkazには絶対ムリです(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2010-02-13 09:05
★すいかママさん、こんにちは。
いや、そんな「修行」というほどではなかったです。
寒いのは寒かったですけど、歩行中は体が温まってましたし…。(笑)
まぁ、さすがに、とまると寒かったですけどね…。
それでも、風がそれほど強くなかったので、
寒がりの俺でもなんとか耐えられました。(笑)

「なんきん豆」…、なんか響きがいいですよね。(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2010-02-13 09:12
★オヤジkazさん、こんにちは。
いやいや、「絶対ムリ」なんてことはありません。
近く(数百m先)は、玉原スキー場ですしね。(笑)
一番近いところでは、スキーヤーの姿が見えたり、
エッジが雪を切る音が聞こえるくらいですから…。
楽しい行軍!?でしたよ。(笑)
Commented by むかしむかし at 2010-02-14 22:06 x
アラ…
寅次郎さま、
選りによってこんな苦しげな写真をお選びになって…
大半はダラダラのブナの森の中をぶらぶらしていたのに(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2010-02-16 21:40
★むかしむかしさん、こんにちは。
今回も大変にお世話になりました。
また、色々とありがとうございました。

え〜と…、なんだか登ってる感があり、
これが一番雰囲気があるかなぁと思って…。(笑)
それに、顔バレしないような写真が意外に少なかったもんで…。

詳細はまた後日アップしますので、暫しお待ち下さい。
Commented by torapoe at 2010-04-15 22:52
皆さん、凄い体力ですね〜!
御岳友(笑)宝ものですね♪

ところで寅次郎さん、お誕生日おめでとうございます。
正確にはいつなんですか??
Commented by くに at 2010-04-16 07:12 x
雪山遊びが出来ることが羨ましい
素晴らしい!御岳友(笑)も

ホッとワインに、ケーキ  素晴らしい!!

気になったのは、たけさん夫妻の装備
差し支えなければ、教えて下さい 参考までに
Commented by くに at 2010-04-16 07:28 x
追伸
自慢話ですが(笑い)
新ハイキング5月号に、投稿した雷鳥の写真が載りました
暇なときに、書店で!!
Commented by torajiro-joshu at 2010-04-16 20:48
★とらぽぉさん、こんにちは。
御岳友のみなさんは、どなたさまも体力がおありです。(笑)
そんなみなさんにはいつも良くしていただいていて、
本当に有り難い限りです。
とてもとても貴重な仲間です。(笑)

祝いの言葉、ありがとうございます。(笑)

誕生日はですね、こういった御時世、不特定多数の人間が見る場では
あまり書き記さない方がいいように思います。
なので、この場では控えさせて下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2010-04-16 21:05
★くにさん、こんにちは。
素晴らしき御岳友との雪山遊び、本当に楽しいものでした。
昼食もすごくウマかったです。(笑)

たけさん夫妻の装備は…、
雪山に入る時に必要なものをちゃんと持っているということ、
また、それらを使い易いところに持っていることにおいて、
とても素晴らしいと思いました。
例えば、ゾンデ棒、スコップなんかは当たり前のように持っておられますし、ビーコンなんかも持っておられたのではないかと…。
グランドシート、火力の強いストーヴなんかも持っておられるし…。
コンパス、特筆すべきはホイッスル、それらをちゃんと使い易いところに…。
ダラダラになりそうなところを引き締めてゆくというのは、
やはり、スゴいなと…。

ところで、新ハイの写真掲載、おめでとうございます。
山行記に続き写真とはスゴいですね。
後日、拝見いたします。
Commented by むかしむかし at 2010-04-16 22:15 x
待ちに待って寝てしまいそうでした…(笑)

2月の鹿ノ俣山はあいにくの天気ではありましたが
モノトーンのブナの森は美しかったです。

この山行の「重大な責務」も無事に完遂し
普通の山では味わえない「達成感」を胸に下山したことは
チームワークのなせる業でした。
イェーイ!


Commented by torajiro-joshu at 2010-04-16 22:45
★むかしむかしさん、こんにちは。
大幅の遅れ、失礼しました。

その節は、本当にどうもありがとうございました。(笑)
感謝感激の昼食でした。(感涙)

あの時は雪降りで寒かったですが、
あれはあれで良かったのかもしれないですね。
たしかに、「モノトーンのブナの森は美しかったです」もんね。

「重大な責務」、そして、その「達成感」も
忘れ得ぬ思い出となりそうですね。
いや、「伝説」というべきか…!?(笑)

他の山行記はこんなに遅れないようにしたいと思います。
Commented by あひる at 2010-04-21 23:43 x
うーーーー、さ、先を越されました・・・
上州、もとい、常州の方から風当たりが強くなりそうな予感が・・・
(↑だったら作れ、って感じですね)

この時は雪中行軍になりました。
あれだけの人数ですと、寂しくもなりませんが
尾根での食事&お祝い会時の雪は余計でしたね。

でも少し冬山らしい山歩き楽しかったです。
御岳友ありがとうございました。

P.S.
"責務"ですか・・・・・・うーーん。うーん(>_<)
Commented by torajiro-joshu at 2010-04-22 22:47
★あひるさん、こんにちは。
「だったら作れ」!(笑)
いや、早期アップ、期待しております。

その節は、どうもありがとうございました。
本当、雪がかなり降っていたけど、「寂し」さなんて
微塵も感じませんでしたね。

誕生祝い、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。(笑)

「責務」…、ですよね!?(笑)
by torajiro-joshu | 2010-02-11 23:00 | 山歩き | Comments(15)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu