寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

鍋焼きうどんを食いに…

a0094280_1126897.jpg

山頂で鍋焼きうどんパーティ(笑)

参加メンバーは、鍋焼きうどんを愛する会(仮称。笑)の
あひる隊長けろぼうずさん、しまちゃん、
白金ビーチくん改め名古屋ビーチくん、俺の5人。
残念ながら、むかしむかしさんは不参加だった…。





今年の山歩きは秋の妙義でお終いかな…と思っていたところに、
丹沢の鍋割山に行くのでどうか?といつものみなさんにお誘いいただき、
遥々神奈川まで遠征してきた。

丹沢はおよそ20年振りで、その時は檜洞丸に登った記憶しかない。
なんとなく遠いような気がしてはいたが、やはり遠いなぁ…。
家(群馬南部)からだと、今回の登山口まで170km以上もあった!

これでは、こうやって誘っていただきでもしなければ、
なかなか行くことはないだろうなぁ。
最近、下山後の長距離運転が面倒臭いし、都内の運転も…。

登山口にもよるが、家から八ヶ岳の方が全然近いし、
南アルプス北部だって丹沢より近い。
それじゃあ、そっちに行ってしまうよな。
そういった(車での)アプローチの面では、
群馬って山歩きの環境に恵まれているんだと再認識した。
公共交通を利用してのアプローチとなると、それは全く逆だが…。

今回は寄(やどりき)沢より入山する。
出だしは杉木立の中の作業者の踏み跡を歩かせていただき、
後沢乗越の先より尾根に取り付くバリエーション・ルート。
なので、当然登山道ではありません。
他者に頼らずに、全てにおいて自己で解決できる人以外は
入らぬ方が賢明だと思われます。


鹿よけの柵が設けられた杉木立の中へ、ドアを開けて入ってゆく。
なので、ここから入山される方は、きっちりドアを閉めましょう。

木立は手入れされてはいるが、傾斜は急だ。
作業は結構大変だろう。
a0094280_11263889.jpg

綺麗に手入れされた杉木立の中を歩いてゆく。
木漏れ日がやわらかく、綺麗だった。
a0094280_11272997.jpg

杉木立を抜けると、右手に海が見えた!

小田原の町と銀色に光る海、その果てには伊豆大島が見える。
さすがに群馬の山とは風景が違う。
似たような見晴らしというのはあるが…、海は決して見られないもんな。
山から間近に見られる海にコーフンした。(笑)

更に登ってゆくと、期待通り、富士山が姿を現した。
早朝は頭を隠していたが、よく姿を現してくれた。

上空の雲が流れ、あたたかな稜線を歩いてゆくと、
先行する誰かが「鹿がいる」と言った。
a0094280_11274642.jpg

子鹿!?が餌を食んでいた。

人には慣れているらしく、悠々としていた。
a0094280_1128087.jpg

頂上間近の、よく整備された登山道をゆく。

頂上に着くと、そこは人で溢れていた。
そして、お待ちかね、
a0094280_11283051.jpg

鍋割山荘名物の鍋焼きうどん!

いくらあたたかな一日と言っても、さすがに12月、
休んでいれば、体は冷えてくる。
そんな中、具沢山でアッツアツの一杯、これが実にいい。

大ぶりなかぼちゃの天ぷらに、油揚げ、ナルト、シイタケ、ナメコ、卵、ネギ。
山の上とは思えないほどの具の多さとボリューム。
いや〜、実に嬉しい、ウマい一杯。
身も心もあたたまる。

まわりをみると、登山者の多くがこれを食べていた。
やはり、これを目当てに登っているんだろうなぁ。
それに、写真はないけど、好展望まで楽しめるとなれば、この賑わいもわかる。
a0094280_11285082.jpg

うどんを楽しんだ後は、あまさけで一服。

米と麹だけで作ったあまさけは、砂糖もいれていないのにすごく甘く、
それでいて、やさしい味わいで、ウマかった。

休んでいる間に、富士山は見えたり、隠れたり。
富士山に雲はかかっていないが、間にある雲の影響を受けていた。
a0094280_1129989.jpg

頂上から下山にかかったところで、ふたたび富士山が顔を出す。

やはり、圧倒的な存在感。
綺麗な姿だ。

鍋割峠からは寄コシバ沢を南下するルートをとる。
a0094280_11292917.jpg

岩でゴロゴロな沢のルート。

今夏歩いた燕岳から東沢乗越から中房温泉へと下山するルートにすごく似ている。
そんな風に誰もが思っていたらしく、誰からともなく、そんな話題になった。

急な道を鎖を頼りに下った先で、休憩に適したところがあり、
そこでティー・タイム。
みんなでお茶菓子を持ち寄り、楽しくいただく。
a0094280_11295069.jpg

あひるさんご提供の、かをりのレーズン・サンド

あ〜、かをり!

みなさん御存知でしたが、田舎者の俺は知りませんでした…。
けれど、ブランデーのたっぷりしみたレーズンをはさんだクッキーは
すごくウマかった。
また、後日俺だけいただいたブランデー・ケーキもすごくウマかった。
a0094280_11301054.jpg

名古屋ビーチくんご提供の、Kit Kat みそ風味

そんなに味噌という感じはせず、食べやすく、ウマかった。

これら以外に、写真は撮り忘れたが…、けろぼうずさん、しまちゃんご提供の
チャイをいただきながら、ゆずこしょうおかきをいただく。
どれもウマく、贅沢なティー・タイムだった。

楽しい時間は過ぎるのが早い。
陽は早くも西に大分傾き、空気もヒンヤリとしてきた感じだった。

名タイム・キーパー(むかしむかしさん)不在の為、
あひる隊長がその役を兼任して下さり、下山の声をあげる。
a0094280_11302974.jpg

傾いた陽射しを受けて、紅葉が一層赤い

メンバーそれそれが余韻に浸りながら、
沢というよりは河原になった道を下っていった。

あひるさん目線の詳しいレポはこちらからご覧下さい。


★あひるさん、けろぼうずさん、しまちゃん、ここは真面目に麦酒さん(笑)、
 そして、今回残念ながら不参加だったむかしむかしさん

今年一年、楽しいパーティ山行をありがとうございました。
おかげさまで、とても楽しい山歩きができました。
また、来年もよろしくお願いします。



[コースタイム]
やどりき水源林(-/9:09)〜770m付近!?のベンチ(10:09/10:15)〜
鍋割山頂上(11:40/13:22)〜730m付近!?の沢出合(14:45/15:20)〜
やどりき水源林(16:20/-)
[PR]
Commented by けろぼうず at 2009-12-28 01:56 x
寅さん、この度は遠いところ誠にお疲れ様でした。
最後の飲み会までホント楽しい1日でした!
(あっ、飲みはワタクシだけか!・・・スンマセン!)

また甘酒ありがとうございます!
あれ、わざわざ一本山頂まで持ってきてくれたんですね。
いや~マジ旨かったです。

寅さん、下山後の運転がメンドクサイとか仰ってますが、
あと後仮眠して翌日茨城まで長躯遠征とはサスガの体力ですよ。

しかしこの1年、いろいろ山行き最高楽しかったです。
また来年もどうぞよろしくお願いいたしシマス。




Commented by torajiro-joshu at 2009-12-28 20:39
★けろぼうずさん、こんにちは。
その節は大変お世話になりました。
また、色々とありがとうございました。

こんな風に誘っていただきでもしなければ、
丹沢に行くことはなかったと思います。
おかげさまで、存分に楽しめました。(笑)

それにしても、いつも群馬に来て下さるみなさんには感心感謝です!
よくぞ、こんな遠いところに…と。

「飲み会」、付き合いたかったです。
今度は湘南新宿ラインで飲みにいきますので!?
よろしくお願いします。(笑)

「甘酒」、気にいっていただけたなら良かったです。
自分でも飲んだことなかったので、ちょっと不安でした。
基本的に、自分がウマいと感じたものしか
持っていかない(差し上げない)ことにしているので…。

「翌日茨城まで長躯遠征」できたのは、P.A.で仮眠ができたからですよ。
あのまんま茨城へは絶対に行けなかったですね。

今年一年、本当に楽しい山行ができましたね。
また来年も楽しくやりましょう。
よろしくお願いします。(笑)
Commented by むかしむかし at 2009-12-28 20:52 x
「時計妖怪」のシショウです。
今回は3日前に丹沢に行っており、
ご一緒できず残念でした。

鍋焼きうどんは美味しいですね。
そのあとの「丹沢宴会」でも豚汁にうどんが入り
「鍋うどん」でした。

今年は雪の赤城、宝台樹、尾瀬、上州武尊、妙義と
とても楽しい山をご一緒させていただきました。
改めてお礼申し上げます。

よりよい年をお迎え下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2009-12-28 21:24
★むかしむかしさん、こんにちは。
いやはや、本当に残念でした…。(涙)
「3日前に丹沢に行って」らしたのなら、
そのまま連泊して待っていて下されば…。
(↑って、そんなこと、できっこないよ!笑)

鍋割山荘の鍋焼きうどんは本当にウマかったですね。
体も温まり、最高の一杯でした。(笑)

むかしむかしさんの丹沢山行は、うどん攻め!?だったんですね。(笑)
それはそれでいいかもしれませんね。

今年は、おおよそ二ヶ月に一回の山行だったんですね。
楽しい、”美味しい”山行の数々、どうもありがとうございました。
本当に、すごく楽しかったです。
どうもありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

むかしむかしさんも、よい年をお迎え下さい。
Commented by torapoe at 2009-12-29 10:32
最初の写真を見て、土鍋を持参されたのかと…。
今迄の山行記録を拝読するに、やりかねない方達ですよねぇ(笑)
鍋割山で鍋焼きうどんが食べられるとは知りませんでした。
それにしても寅次郎さんをはじめ、皆さん凄くエネルギッシュですね〜。羨ましいです。
Commented by torajiro-joshu at 2009-12-30 00:06
★とらぽぉさん、こんにちは。
ハハハ…。
さすがに、土鍋までは担ぎあげませんよ。(笑)
食材を担ぐのも大変ですしね。

鍋割山で鍋焼きうどんが名物になっているというのは、
「山小屋ごはん」なる本で知りました。
拙ブログのライフログに載せておいたので、
本屋で見つけたら、立ち読みでもしてみて下さい。(笑)
色々載ってて、なかなか楽しいですよ。

いつも一緒に登らせていただいているメンバーや、
戸隠の時に御一緒させていただいた方々は、
本当にすごいアクティブですよ。
基本的にグダグダな登山者の俺からすると、
見習わなければいけない存在です。

とらぽぉさんも、良いお仲間が近くに現れるといいですね。
Commented by あひる at 2009-12-30 01:11 x
海・山の景色と鍋焼うどんをお楽しみ頂けて良かったです。
もう少し雲が無ければ南アルプス連山が見えたハズなので残念でした。

あまさけは大変美味しかったです。
あの重い瓶を背負って来て頂き感謝感謝です。
冬の山で、穏やかな天候の元、温かいものを食しながら過ごすのは極楽でしたね。

これに懲りず(?)に来年も冬の鍋焼きうどんツアーにお越し下さい。(←鬼が笑う・・・)

今年は上州の山々、戸隠等色々お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を!
Commented by torajiro-joshu at 2009-12-30 16:46
★あひるさん、こんにちは。
その節は大変お世話になり、また、色々とありがとうございました。
誘っていただかなければ行くことはなかったであろう丹沢で、
みなさんと御一緒できて、本当に楽しかったです。
素晴らしい眺望に、鍋焼きうどん、なんとも素晴らしい山行でした。(笑)
南アルプスの峰々は…、また次回ということで…!?(笑)

「あまさけ」、気に入っていただけて良かったです。
自分でも飲んだことなかったので、ちょっと不安でしたが…。

こちらこそ、色々な山で本当にお世話になりました。
おかげさまで、すごく楽しい山行ばかりでした。
また来年も是非是非よろしくお願いします。
あひるさん一家も、良いお年を!
by torajiro-joshu | 2009-12-12 23:24 | 山歩き | Comments(8)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu