寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

上州武尊山

恒例となりつつある(いや、なっている)、上州山歩き企画。
今回は秋の上州武尊へ!

残念ながらメンバー全員参加とはならず、今回は4人のみ。
急遽、”むかしむかしと余分山兄弟(よぶんさんきょうだい)”といった
チームを結成しての山行となった。(爆)
ちなみに、”余分山兄弟”とは、兄貴分のあひるさん
弟分の麦酒さん改め”白金ビーチくん”(命名:あひるさん)、
”アルコール分”(←なんでや!?)の私・寅次郎の三人のことである。(笑)

一行は高崎に集合し、一路武尊神社へ。

楽しく話しながらの運転は、単独行の時とは全く違い、すごく楽しいものだ。
単独行の時は、往きはまだいいにしても、帰りは本当に面倒臭い。
渋滞にでもハマれば尚更…。
けれど、今回は朝から楽しさ全快だ。
a0094280_11361310.jpg

出発点の武尊神社。
今年、雪の”裏見の滝”へ来た時と大違いだ。
全然白くない!(って、当たり前だ!)
その時のことを思い出し、神社の裏の斜面を覗いたが、
よくぞこんなところを下りてきたもんだ!と思うばかりの斜面と鬱蒼とした森だった。



先ずは林道を歩いてゆく。

太陽が出てないせいか、なんとなく薄暗い感じ。
天気予報は晴れのようだったが、一向に晴れ間は出ない。

きっと朝曇りさ。だから、そのうち晴れてくる。
それにしても、天気イマイチ…。

普段なら退屈な林道歩きも、みんなと一緒なら楽しい。
話ながら、写真を撮りながら、ゆっくりと進んでゆく。

剣ヶ峰山分岐の辺りから本格的な登山道となる。
a0094280_11364151.jpg

フカフカの落葉を踏みしめて歩く。

ブナの原生林が美しい。
a0094280_11365687.jpg

獅子ヶ鼻山!?

先ずは目指す剣ヶ峰山から派生する尾根上にある獅子ヶ鼻山でさえ、
あんなに高い…。

その懐にあるダケカンバの多くは、一斉に冬支度を始めたかのように、
綺麗に葉を落としていた。
それでも、時折、燃えたようにポッと黄色く色付く樹もあった。
a0094280_11371894.jpg

かなりの急斜面だ。

足下はかなり湿っていて、結構歩き辛い。
雨が降ったわけじゃなかろうに、剣ヶ峰から沖武尊へ続く稜線に出るまで、
ほとんどずっとといっていいくらい、こんな湿った土の道だった。
また、木の根が多く出ていて、歩き辛い。
それに引っかからないよう、滑らないようにして、注意して歩く。

こんなところで転けたら泥だらけだ。
下りには使いたくないな。

それにしても、途中から急斜面の連続。
ここに行かれる方は、心して出掛けられた方がいいだろう。

ちなみに、この斜面は、印象的にもデータ的にも、
北アルプスの薬師沢の登山道に近いくらいの急斜面であるらしい。
(むかしむかしさん、あひるさんの印象及びデータによる。)
a0094280_113734100.jpg

剣ヶ峰山から沖武尊へと続く稜線に出て、剣ヶ峰山頂上まで向かうメンバー

その分岐から僅かに10分程度だと思ったが、この道も結構急だった。
それでも、頂上まであと僅かという期待感が足の運びを早めるようだった。
a0094280_11374943.jpg

剣ヶ峰山頂上付近より

墨絵のような世界が広がり、メンバーの視線の先には
うっすらと榛名山、子持山、小野子・十二ヶ岳の山々が見えた。

写真にはないが…、360°、墨絵のような、幽玄な展望が広がっていた。

頂上はかなり狭く細長い。
登ってくる時に想像してたのと大違い。
山頂脇のシャクナゲがなければ、かなり怖いだろう。
両側ともスパッと切れている。
休むのもままならないような場所であるが、ここでランチとする。
a0094280_1138429.jpg

赤飯と豚汁
ありがたいことに、今回もむかしむかしさんが昼食を用意して下さった。

温かい豚汁が最高にウマい!
しかも、柚子に、胡麻七味!?までちらしてあって、
ここは下界か?と勘違いしそうなくらいだった。
赤飯ももちろんウマかった。(笑)

作って下さった上に、赤飯を運び上げて下さったむかしむかしさん、
豚汁を運び上げて下さった白金ビーチくん、
ガス・ストーブを用意して下さったあひるさんに深く感謝します。
ありがとうございました。

本格的登山道に入った頃に見えた、照れ屋な太陽はすっかり姿を消した。
寒々とした空ではあるが、風はほとんどない為、寒くはない。

展望を楽しみながらのランチを終え、一行は沖武尊へ向かう。
a0094280_11381840.jpg

小さなアップダウンが多いが、とても気持ちのいい稜線

おまけに、土が乾いているのが嬉しい。
a0094280_11383661.jpg

ダケカンバの樹が美しい。

先日見た、北岳のそれに優るとも劣らない。
a0094280_114046.jpg

剣ヶ峰山を振り返る

結構尖っている。
剣ヶ峰山の頂上付近は、妙義の細い稜線に似ていた。

気持ちのいい稜線を終え、ガラガラの薄い石が積み重なる急斜面を登ると、
怪し気な!?分岐に出た。
「頂上まであと10m」とか刻んであったように思う。
もうここは頂上でしょ。(笑)

頂上は大賑わい。
20〜30人もの登山者がいたような気がする。

ここで、ティー・タイム。
a0094280_11402592.jpg

あひるさん、おめでとう!
むかしむかしさんがケーキまで作って下さった。
ちなみに、★のようなものはローソク台のようなもの。

実は、数日前があひるさんの誕生日。
残念ながら参加できなかったけろぼうずさんも数日前が誕生日。
なので、本当はお二方の合同誕生祝いの予定だった。

あひるさん、誕生日、おめでとう!
けろぼうずさん、誕生日、おめでとう!(遠い山頂より)

山頂でバースデー・ソングを歌い、あひるさんの誕生日を祝った。

この時、見ず知らずなのに一緒になって歌って下さった、”チーム武尊山”の
みなさんにも感謝いたします。
ありがとうございました。

あひるさんがケーキに入刀した。
その目からは感涙が溢れていた!?

ケーキをみんなでいただく。
どっしりとしたチョコレート・ケーキは、オレンジの風味もして、すごくウマかった。
忘れられない味のケーキとなった。

むかしむかしさん、昼食、ケーキと、大変にご馳走さまでした。
とてもとてもウマかったです。
a0094280_11404598.jpg

すやの栗きんとん
白金ビーチくんが買ってきた下さった。

この栗きんとんもウマいんだよなぁ。
久々にいただきましたが、まさか山で出会えるとは…。

白金ビーチくん、ご馳走さまでした。
a0094280_1141564.jpg

山頂より谷川岳方面を望む

うっすらと谷川岳や一ノ倉沢の白い岩壁、朝日岳、仙ノ倉、万太郎、
更には苗場山の真っ平らの山容まで見えた。

曇ってはいたが、なかなかの展望。
薄い雲の中見える山々は、本当に幽玄なる世界となっていた。

これまた写真はないが、こちらでも360°の大展望。
至仏山、燧ヶ岳、日光白根、皇海山、赤城山に始まり、
巻機山や越後駒ヶ岳までも見えた。

大展望を楽しんだ後、手小屋沢避難小屋経由で下山。

こちらの登山道も結構急だったが、下が濡れてないだけいい。
鎖場もいくつかあるが、それほど難しくはなかった。
a0094280_11412253.jpg

鎖場にて、あひるさんの安定した下り。

さすがはあひるさん!
余裕のある姿です。
a0094280_11413878.jpg

至仏山と燧ヶ岳

楽しみながら下ってゆくと、いつの間にか至仏山や燧ヶ岳が
目の高さになってしまい、手前の尾根の影に隠れそうになっていた。
見えなくなるであろう前にパチリ。
a0094280_1141567.jpg

むかしむかしさんの下り

むかしむかしさんも安定してますね、
小さな体をフルに使い、的確に下りてゆきます。
a0094280_11421496.jpg

白金ビーチくんの下り

白金ビーチくんも堅実に下りてゆきます。

鎖場はいくつもあったように思いますが、
メンバー誰しもススッと下りてゆきますね。
まぁ、このお三方なら、当たり前と言えば当たり前ですが…。(笑)

手小屋沢避難小屋を右手の沢筋に見て、
まもなく針路を左にとり、ブナの原生林の谷間を下ってゆく。
a0094280_11423178.jpg

(右から)むかしむかしさん、あひるさん、白金ビーチくん
a0094280_11424790.jpg

何かを指さす、余分山兄弟(さんきょうだい) (笑)
(右から)寅、白金ビーチくん、あひるさん。

時折見られる、真っ赤な紅葉が色鮮やかだった。

やがて、黄色の森が現れたかと思うと、それは落葉松だった。
a0094280_1143436.jpg

落葉松の中を歩くメンバー

美しい落葉松の森を歩いて少しすると、剣ヶ峰山分岐に出た。

夕闇が迫っていた。
下山後は楽しい下山祝いも待っている。
メンバーは少しペースを上げて、足取りも軽く、下っていった。


誠に残念ながら、今回はいつものメンバーが全員揃わなかったが、
本当にとても楽しい山行だった。
また、基本的に単独行が多い俺には、色々と参考になることも多く、
実り多い山行だった。

素晴らしき仲間との今年の上州山歩き企画はこれで終わりだろう。
また、チーム”むかしむかしと余分山兄弟(よぶんさんきょうだい)”は
この日限りで解散する。
だが、いつの日か結成された時の為に、”アルコール分”の名に恥じない
活動を日々しなければならないと思う。(って、ただの酒飲みか!?笑)

冗談はさておき、また楽しく山歩きを御一緒しましょう!(笑)
色々とありがとうございました。

拙ブログよりも遥かに詳しい上州武尊リポートを書いてらっしゃる、
あひるさんのブログ記事も是非どうぞ!

文章中、一部フィクションがあります。(笑)



[コースタイム]
武尊神社(-/7:23)〜剣ヶ峰頂上(10:45/11:53)〜
沖武尊山頂上(13:04/14:03)〜武尊神社(16:51/-)
[PR]
Commented by むかしむかし at 2009-10-26 23:27 x
寅次郎さま
あのバースデーケーキ、
アップでアップしちゃいましたね…
私の不器用さが全国3000万人の寅ブログファンにバレてしまった。
「あ」が難しくて「ア」になってしまいました。ムネンなり。。。

記憶に残った出来事は
あひる隊長に「尻頭突き」されたことですね。
危うく泥沼登山道に顔から突っ込むところでした。
ハシゴレベルの急登のなせる珍プレーですね。

そんなこんなで今回もまた大変楽しい「ランドネ」になりました。
次回の上州企画考えなくちゃ!
今回も大変お世話になりました。感謝です。
また一緒に遊んでください。



「チーム武尊山」さま
サプライズの誕生祝いを盛り上げてくださり
多謝でございます。
またどこかの山でお会いしたいですね。
これからも楽しく山を登ってください。
Commented by あひる at 2009-10-27 01:06 x
あひる@余分山兄弟(笑)です。
先日は楽しい山行にご一緒させて頂きありがとうございました。
早速の山行記、じっくり読ませて頂きました。

10時間近い山行でしたが、長ーいランチ&ケーキタイムを含めて
あっと言う間の一日でした。
それなりの標高差&急斜面&距離でしたが、
最後まで元気にワイワイと進める皆さま方でしたので
心強かったです。新生白金ビーチくんもヘタれなくて
良かったです(爆)

武尊山頂でのサプライズバースデーは
超感動モノ&驚きでございました。
作って下さったむかしむかしさん、
火を用意してくれた白金ビーチくん、
そしてあの重いケーキを運んで下さった寅次郎さん
皆さんに熱烈感謝です。
ありがとうございました。

またの機会、よろしくお願いします。


むかしむかしさま
あれは記憶に残った出来事になってしまいましたか・・
レディに対し失礼いたしました。
更に加速度がついてなくて良かったです(危!)

「チーム武尊山」さま
本当は皆フツーの人です。引かないで下さい(爆)
Commented by くに at 2009-10-27 07:16 x
楽しく夜mせてもら居ました
むかしむかしと余分山兄弟 おもしろい 
楽しいお仲間で、羨ましいです
こんな皆さんと一緒に山歩きできたら楽しいだろうな~と思いましたが、きっとおじさんは浮いてしまうでしょうね(笑い)

私も、サプライ図形画するのす木ですが、
山での誕生祝い、それもケーキ付きはやったことがないな~
素晴らしです。
又再結成で歩けると良いですね
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-27 21:05
★むかしむかしさん、こんにちは。
バースデーケーキ…、「アップでアップしちゃいました」!
可愛い字体だったので、まぁ、いいでしょう。(笑)
全国5人位の寅ブログ・ファン(そんな人いるのか!?)も
感心していることでしょう。(笑)

あひるさんのヘディング、ある意味、さすがです!?
パスを出さずに自分で決める。
これからはエース・ストライカーと呼びましょう。
(↑って、話がゴッチャになってる…。)

とにかく、本当に楽しい山行でした。
また、次回よろしくお願いします。(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-27 21:22
★兄貴分のあひるさん、こんにちは。(爆)
こちらこそ、先日はどうもありがとうございました。
今回も本当に楽しい山行でした。(笑)

本当、「あっと言う間の一日でした」ね。
なかなか味わいのある山で、すごく楽しかったです。
それもこれもみなさんのお蔭ですね。
あの急な斜面でもワイワイやれる仲間って、
本当に貴重で、本当に素晴らしい!(笑)

「武尊山頂でのサプライズバースデー」…、
喜んでいただけて良かったです。
それにしても、あのローソク、なんで一回しか点かなかったんでしょ?
まぁ、点いたから良かったんですけど、
せめて一枚くらい写真におさめたかったです。

次回もまたよろしくお願いします。
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-27 21:31
★くにさん、こんにちは。
素晴らしき山仲間に加えていただき、自分はラッキーだったと思います。
単独行も楽しいですが、気の合う仲間との
パーティ山行も楽しいですよね。

「山での誕生祝い、それもケーキ付き」、しかも、手作り!ってのは
かなり貴重ですよね。
作って下さったむかしむかしさんには、心より感謝です。

むかしむかしと余分山兄弟は今回限りで解散します。
そして、次回は新たなチームで山歩きをする予定でず。(笑)
Commented by torapoe at 2009-10-29 15:16
山仲間と行くのは楽しいですよね♪
久しく行っていないので羨ましいです。
それに美味しそうなご馳走付きとあれば言う事無しですね(笑)
ケーキがまた素晴らしい~!
中々キツそうな山道ですが、いいなぁ、この稜線。
お?寅次郎さんの後姿、初公開ですか?
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-29 22:36
★とらぽぉさん、こんにちは。
単独行もいいですが、仲間との山行もいいですね。

欲を言えば、仲間というのも、
体力的に似たか寄ったかくらいがいいですね。
そういう意味でも、いつも御一緒させていただいている仲間は、
本当にいいメンバーです。

今回もお弁当まで用意していただき、本当に良かったです。
身も心もあたたまりました。

お手製のケーキ、素晴らしいですよね。
味も良かったし、最高でした。(笑)

登りのぬかるんだ道には閉口しましたが、稜線は気持ち良かったです。

俺の「後姿」は「初公開」かもしれません。
横顔というより”斜め後横顔”は先日公開しちゃいましたけどね。(笑)
ちなみに、自分の登場はこれで3回目だと思います。
3年1ヶ月のブログで3回ですから、1年に1回の登場ですね。(笑)
Commented by けろぼうず at 2009-10-30 01:45 x
う~む、白金ビーチくんとは、最初は何かと思いましたが、由来を
聞いて爆笑してしまいましたよ。

いやしかし読んでいて感動しました!
むかしむかしさんの手作りケーキ!
私だったら泣いてしまうかも・・・あひるさん涙ぐんでませんでした?

今回は残念でしたが、是非次回ワタクシも余分山兄弟に入れて
頂きたいと思います(笑)
う~む、しかし白金ビーチくんとはナンとも・・・
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-30 20:29
★けろぼうずさん、こんにちは。
由来はともかく、名前自体はカッコいいですよね。(笑)

むかしむかしさんのケーキ、本当に感動モノでした!
「あひるさん涙ぐんで」いたかはわかりませんでした。
俺が涙ぐんでいたので…。(←って、ウソ言うな!笑)

けろぼうずさんも、来秋この感動を是非味わいましょう!
その時は新生”余分山兄弟”を結成しましょうね。(笑)
それとも…、”湘南ビーチくん”になります?(爆)
by torajiro-joshu | 2009-10-24 23:59 | 山歩き | Comments(10)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu