寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

北岳(2日目)

気持ちのいい目覚めだった。
軽い疲労感を感じるだけで、さしたる体の痛みもない。
快適な朝だった。

昨晩の天気予報では、午前中は曇り。
ならば、ご来光は期待できまいと思っていたら…、
「富士山が出てる!」と、カップルの女性。

彼の方は早起きして、間ノ岳に行った。
凄いバイタリティーだ!
俺も間ノ岳を往復してから下山しようかとも思ったが、
寒いのでやめたのだった。
大阪のおじさんは一足先に下山した。
なので、カップルの女性と小屋脇にご来光を観にいった。

外は、やはり寒い。
(ちなみに、この時の気温はマイナス3℃だったとか…。)
けれど、人は結構多い。

あたたかいココアを飲みながら富士を眺め、ご来光を待った。
寒さをやわらげるあたたかさだった。
ちなみに、そのココア、カップルの女性におごっていただいた。
どうもありがとうございました。
とてもとてもウマかったです。
a0094280_16531744.jpg

雲海に富士山が浮かぶ。

富士山がずっと待ち構えるなか、地味に太陽が出てきた。
あまり焼けず、少々期待外れだったが、
雲海の上に頭を出した富士と太陽は、遠い記憶を呼び覚ました。



全身筋肉痛だった。
少年の夏、初めてのアルプスで迎えた朝は、
ある意味、絶望の始まりだった。

朝なんて来なければいい、つまりはもう歩きたくないという気持ちと、
その気持ちとは矛盾する、早く家に帰りたいという気持ちが交錯していた。
早く家に帰るには、すなわち、歩かねばならないのだ。
大いなる矛盾を抱えたまま、絶望の朝を迎えた。

歩くこと自体が苦行だった。
しかし、その苦行を乗り越えた先に、遥かなる…我が家があった。

絶望の先に光があると信じて、それまで経験したこともないくらいの
疲弊し切った体を少年は引き起こした。

あの時、俺達はヘッドランプを点けて、未だ明け切らぬ闇の中を歩いていた。
そして、間ノ岳の手前で、雲海に浮かぶ富士とご来光を
生まれて初めて観たのだった。

人は、その人のおかれた立場によって、ものの見方が変わる。
風景だって、その人のおかれた立場によって見え方が変わる。

同じ朝陽を見ても、捉え方、感動の度合いは異なる。
同じ人間が同じ朝陽を見ても、
燃えるような、生き生きとした赤だと思う時もあれば、
不気味な血の色だと思う時もある。

少年の日の俺と今の俺とでは、ものの見方が異なっているのか?いないのか?
独りよがりになっていないか?
不幸にも痛みを抱える人の、その痛みを感じられるか?
感じようとしているのか?

少年の頃から、いや、ガキの頃からずっと、俺は曲がったことが大嫌いだった。

最初から人の痛みがわからないのは仕方ないにしても、
それを認識しても、或は認識できる状況にありながらも
わかろうともしないヤツが大嫌いだった。

そういった気持ちが正しいとしたら、それを今も俺は持ち続けられているのか?
それを可能な限り、善なる方向に持っていっているのか?
持っていこうとしているのか?

雲海に浮かぶ富士と朝陽の美しさは、少年の頃となんら変わりはない。

果たして、俺は…。
a0094280_16534857.jpg

朝陽に照らされる北岳
a0094280_1654881.jpg

朝陽に照らされる中白根山、間ノ岳

ところどころに雪が見えた。
やはり、寒い。
陽の出ぬなか、彼は間ノ岳へと向かったのか…。
本当に凄いバイタリティーだ。
a0094280_16543739.jpg

朝食のおかず

ご来光と富士の姿を楽しんだ後、朝食をいただく。
俺らの朝食は2回目の6:05からだったが、かえって良かった。
1回目ならば、その光景をゆっくり見られなかっただろうから…。
(とは言え、食堂からも、その光景は見られるのであった。
ゆっくりは見られないだろうけど…。)

朝のおかずも必要にして充分。
とてもおいしくいただけた。
これらのおかず以外にも、シェアするカタチの”とろろ”があった。
(写真は撮り忘れた。)

食事中に外に目をやると、彩雲が見えた!
写真には写せなかったけど、とてもラッキーだった。
出来たら写真に撮りたかったのだが、パッと出て、パッと消えたのだった。

カップルの彼が無事に帰ってきて、
なんとはなしにほぼ一緒に北岳に向けて出発。
a0094280_16552141.jpg

相変わらず、富士山がよく見える。
少年は、あのテント場にテントを張ったんだなぁ…。
a0094280_16554145.jpg

北岳

こう見ると、やはりデカい!
標高差約300m、朝イチの登りとしてはちょっとツライ。
体もあたたまっていないことだし…。
a0094280_1656157.jpg

北岳を目指す登山者

前日も歩いたが、こう見ると、結構険しい。
a0094280_16562046.jpg

仙丈ヶ岳、バックには北アルプスの峰々もはっきりと見えた。

この写真ではよくわからないが、槍〜穂、乗鞍、焼岳を始め、
白馬や劔までばっちりと見えた。
もちろん、中央アルプス、それに麓の町もしっかりと見えていた。
a0094280_16564272.jpg

間ノ岳方面を望む

今日は塩見岳の姿もはっきりとわかる。
少年は、よくぞあんな方まで歩いたもんだ。
塩見に至る迄もかなりキツかったよなぁ。

頂上からの展望は、前日以上に素晴らしい。
360°の大展望が広がる。

カップルとも一緒に記念撮影。
今回唯一の自分の写っている写真となった。

下山前、頂上で、持っていた水を大地へと還す。
それまでいい負荷(+2kg)となった!?
未だ2ℓ程度背負っているのだから、もう担がなくてもいいだろう。

肩の小屋へと下ってゆく道は、北岳山荘から北岳へと向かう道よりも
幾分雪が多いような気がした。
滑らないように慎重に下った。
a0094280_1657133.jpg

鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクもはっきりと見えた。

そう言えば、オベリスクまで行ったのも高校生の時だっけ…。
どれも古い記憶だ…。
a0094280_16571965.jpg

甲斐駒〜鋸岳の稜線

筋肉質な感じの甲斐駒はどこから見てもカッコいい!
そして、鋸岳は名前の通りギザギザだ。
近いうちに黒戸尾根から甲斐駒にも行ってみたい。
それには、また鍛えなおさなきゃ!だな。
a0094280_16573951.jpg

北岳の肩越しの富士山

昨日歩いた稜線が目の高さになってしまった。
なんとなく淋しいもんだ。
a0094280_1658065.jpg

肩の小屋を越えて、小太郎尾根方面へと向かう。

肩の小屋から小太郎尾根へと向かう道は気持ちいい。
ノンビリした中に好展望が広がる。
なんだかすごくいい雰囲気で、立ち止まっては写真を撮り、
立ち止まっては写真を撮りなんてことをしていたら、全然前に進んでいなかった。
時間があるならば、本当はお茶でもしたいところだった。
a0094280_16582520.jpg

昨日遠くから見たダケカンバを間近で見る。

葉がほとんど落ちてしまっても、ダケカンバの白い木肌は綺麗だ。

離れては会い、離れては会いといった、同じようなペースで歩いていた
カップルともこの辺でお別れとなってしまった。
きっと無事に広河原まで下山したことかと思う。
いつの日か、また山でお会いしましょう!
a0094280_16584882.jpg

御池小屋より鳳凰三山

北アルプスの鏡池ほどは絵にならないが、なかなか雰囲気のいい場所だった。
キャンプをしてみたい場所だ。
a0094280_16591326.jpg

御池小屋より北岳

ここで行動食を多めに食らった。
前日のように、ハンガー・ノックのような症状が出ないように…。
天気も穏やかで、本当に居心地のいい場所だったので、
もっと長居したかったが、下山に取り掛かった。

今迄見下ろしていた鳳凰三山が見上げるような高さになり、
樹林帯に入り、やがて、それらも見えなくなった。

黙々と広河原まで下ってゆく。

歩き続けるうちに、頭の中にあった思いも煩いも、
やがて全てがどこかに消え去る。
俺はただただ歩く。
言わば、無心になって歩く。(その瞬間が、俺は好き。)

広河原山荘に着いた。
この山行も終わりだ。

あの夏の少年を、未だ俺は忘れていないか?
あの夏の少年は、未だ俺の中で生きているか?



[コース・タイム]
北岳山荘(-/7:35)〜吊尾根分岐(8:08/8:22)〜北岳頂上(8:35/9:08)〜
北岳肩の小屋(9:28/9:31)〜小太郎尾根分岐(9:51/10:06)〜
白根御池小屋(10:46/11:08)〜広河原山荘(12:02/-)
[PR]
Commented by くに at 2009-10-23 07:15 x
おもしろく、いっきにに拝見させていただきました
寅次郎さんは、文章力が凄いですね
小説を読んでいるような感じがしたのと
寅次郎さんの心の動きがよく伝わってきました
素晴らしいです!!
私も北岳は2回登ってます
最初の時は、同じくガスの中で何も見えず肩の小屋泊
2回目は北岳山荘に泊まり大展望を楽しみました
2回とも、寅次郎さんとは逆コースで八本歯を下りました
2回目には、間ノ岳をピストンし紅葉を満喫
その時のことを思い出しながら
楽しませて貰いました
Commented by torapoe at 2009-10-23 13:41
お天気に恵まれて素晴らしい眺望ですね~。
オベリスクがあんなにくっきり見えるなんて。
今回は寅次郎さんの心の中の葛藤が伝わってきました。
過去に辛い思い出があっても絶対に振り切る事は出来ないですからこれから先の嬉しい事や楽しい事でその辛苦を薄めていくしかないんでしょうね。
曲がった事が嫌いな寅次郎さん。ますますホレそうです(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-23 23:23
★くにさん、こんにちは。
駄文をお読み下さり、ありがとうございます。
また、お褒めいただき、ありがとうございます。

ただの山行記というより”極私的”山行記といった感じ
になってしまいました。
恥ずかしげもなく…。

くにさんも北岳に「2回登」られるんですね。
逆コースも面白そうですね。

北岳をはじめ、南アルプスは懐が深いですよね。

今回俺も間ノ岳に行けば良かったなぁ…。
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-23 23:34
★とらぽぉさん、こんにちは。
ハハハハハ…。
ハハハハハ…。
ありがとうございます。
基本的に”モテない君”ですから、
「いい人ね」で終わるのが大得意です。(爆)

ちなみに、原田泰造よりも古くから、
「曲がったことが大嫌い」と言ってました。(爆)

今回の山行の2日目は最高の天気でした。
寒かったけど…。(←贅沢言うな!?)

オベリスクまではっきり見えましたね。
なんだか嬉しくなっちゃいました。(笑)

北岳は自分にとって原点といった感じで、
いろんな心の中のことや思い出を抜きでは語れないので、
恥ずかしげもなく色々と書いちゃいました。

駄文をお読み下さり、ありがとうございました。
Commented by kaochan at 2009-10-25 23:37 x
まるで、楽しみにしていた小説の下巻・・・
読ませていただきました。
登った写真と、感想だけでなく、その時々の気持ちや、
心の葛藤は、なかなか人には伝えられませんが、
寅次郎さんの表現力は豊かですね。
今回の紀行の中で、寅次郎さんの事、少し分かった気がします。

多分、私も・・・曲がったことが嫌いな部類に入るでしょう。
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-26 21:27
★かおちゃんさん、こんにちは。
2日にもわたる長駄文、お読み下さり、
また、お褒め下さり、ありがとうございます。

今迄ほとんど書くことはありませんでしたが、
いつも景色を楽しんだり、色んなことを思案しながら歩いています。
そして、歩いているうちに訪れる、ただただ歩いた末に現れる
無心に近い境地が好きなんですよ。
まぁ、ある種の現実逃避かもしれませんが…。(笑)

俺の文はわかり易いのが全てと思っているので(なるべくヘンテコリンな言葉や外来語は使わないようにしてます。)、
その心象風景がわかっていただければ幸いです。

>今回の紀行の中で、寅次郎さんの事、少し分かった気がします。

えっ!わかっちゃいました…。
いつも、「いい人ね」で終わる、うだつのあがらないオッサンだって…。
う〜む…。困ったなぁ…。(笑)

>多分、私も・・・曲がったことが嫌いな部類に入るでしょう。

じゃあ、お互い、泰造系ですね!(って、なんや、それ?笑)
Commented by キヨハル at 2009-10-28 01:26 x
虎次郎さん、その節はありがとうございました。お世話になりましたカップルのバイタリティーのあるほうです。素敵な写真と文章で読みながら再度、北岳に登っているような感動がありました。色々とアドバイス頂いたのに最後はお礼も言えなく残念でした・・・この場を借りて無事、下山の報告とお礼が伝えられて良かったです。来年は槍ヶ岳と剣岳には登ろうと思います。また、山でお会いできる事楽しみにしてます。山日記、食べ歩き日記、毎回楽しみに更新待ってます。
Commented by torajiro-joshu at 2009-10-28 21:11
★キヨハルさん、こんにちは。
こちらでははじめまして!
ようこそお越し下さいました。(笑)

こちらこそ、その節はどうもありがとうございました。
お二人のおかげで、とても楽しい山歩きができましたよ。(笑)

実は、草すべりの下山中から膝の中が痛くなってきてしまい、
早く広河原に着きたい一心で、早めに下りちゃいました。
そしたら、丁度12時半のバスがあり、それに乗ってしまったので、
もしかしたらバス停で…というのは不可能となってしまいました。
でも、お互いに無事下山できて良かったですね。(笑)

ところで、お気づきかと思いますが、風景写真の中にお二人の姿が
写っているのですが、事後承諾となりますが、ご了承下さい。

「来年は槍ヶ岳と剣岳」ですか。
もしかしたら、お会いできるかもしれません。(笑)
いつかまた必ずお会いしましょう!
彼女にもよろしくお伝え下さい。

また拙ブログにもお越し下さい。
by torajiro-joshu | 2009-10-12 23:59 | 山歩き | Comments(8)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu