寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

麺龍、ふたたび

前回いただいた時の、やさしいスープの味わいが忘れられず、
やっとのことで再訪いたしました。
意外に遠くないので、本当はもうちょっと早く再訪できた筈なんですが、
館林方面はどうしてか遠くに感じちゃうんですよね…。
前置きが長くなりましたが…、
a0094280_219940.jpg

ラーメンです。
一見塩に見えますが、実際は本当にやさしい味わいの醤油スープです。
口に含んだ時に感じる、野菜の甘みなんでしょうか?
この味わいがとても好きです。
俺的には、ど真ん中ストライク!
本当にウマいです。
噛み応えのいい麺もイイです。
本当に素晴らしい一杯です(値段も含めて)。
俺の中の佐野ラーメンNo.1は、こちらのラーメンで決まりです!



ラーメンも最高にウマいですが、
a0094280_21181052.jpg

こちらは餃子もウマいです!
パリパリの”ハネ”が嬉しいです!(笑)

しっかりした、モチモチの皮に包まれた餃子は、
皮が破れ、あんが飛び出すということも少ないので、
とても食べやすいです。
とは言え、一個が結構大きいので、一口では食べられませんけど…。(笑)

大きい餃子にありがちな、油ギタギタ感がなく、
カリッと焼けているので、一人前(5個)もペロッといけちゃうと思います。

ラーメンも餃子も極めて高いレベルのお店ですね。
お昼時を外したのにも関わらず、お店は大盛況でした。
この味、この値段、そして雰囲気とくれば、大盛況も納得です。

さっぱりしたラーメンが好きな方になら、
かなりお薦めできるお店です。



麺龍
邑楽郡邑楽町篠塚1805-1
☎0276-80-9590
[営]11:00〜19:30
[休]月曜
[PR]
Commented by オヤジkaz at 2008-09-28 21:52 x
あ〜これは〜!!
見るからに美味そうですね〜
これはガソリン代使ってでも行かなきゃ
そんな感じです。
Commented by photokarin at 2008-09-28 22:44
醤油なんですね!
薄口醤油なのかな〜・・・なんて考えてしまいました(笑)
一見、うどんのつゆっぽい感じがします。

今日、私も久しぶりに外でラーメンを食べました。
寅次郎さんの様に美味しそうに撮るのって本当に難しいな〜と実感してしまいました。
撮るより食べたいが先に出てしまって(笑)
食べ物を撮るのって色々と難しいです♪
Commented by kawasemi104 at 2008-09-29 17:08
お~っ、コレも行かなければ!
寅ちゃんのブログを参考に小布施に行って来たよ~。
勝手にリンク貼ちゃいました。^^
Commented by torajiro-joshu at 2008-09-29 21:05
>オヤジkazさん、こんにちは。
こちらのラーメン、餃子はかなりウマいと思います。
オヤジkazさんの会社付近からは、およそ30km弱位ありそうですが、
是非足を運んでみて下さい。
値段も安いし、いいお店です。(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2008-09-29 21:23
>花梨さん、こんにちは。
そうなんです!
こんなに薄い色ですが、醤油ラーメンなんです!
「薄口醤油なのかな〜・・・なんて考えてしまいました(笑)」か?
僕はそこまで考えが及ばずに、夢中で食べてました…。(笑)
う〜む…。やっぱり、薄口ですかね…!?
たしかに、「うどんのつゆっぽい感じがします」ね。関西以西の…。
こちらは基本的につゆの色が濃いので、花梨さんのコメントをいただき、
お〜、なるほど〜!そういう見方もあるのか!なんて感心してしまいました。

たしかに、食べ物をウマそうに撮るのは難しいですね。
まぁ、食べ物に限らず、僕にとって写真は難しいですが…。
正直言って、花梨さんの写真の雰囲気、僕はすごく好きで、
あんな風に撮れたらな〜といつも思っていますよ。

「撮るより食べたいが先に出てしまって」ってのは、僕も同じです!(笑)
なので、いつもパッパと撮って、サッサと食べるようにしてます。
Commented by torajiro-joshu at 2008-09-29 21:26
>かわせみさん、こんにちは。
是非、オープン・カーで行ってみて下さい。(笑)
さっぱり系のラーメンなので、お口に合うのではないでしょうか。

この時期の「小布施に行って来た」なんて、羨まし過ぎます。
ひゃ〜、俺も行って、あれやこれや食べたいです!(笑)
by torajiro-joshu | 2008-09-28 21:38 | 食べる | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu