寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

ACONCAGUA

ACONCAGUA(アコンカグア)と言えば、南米一の高さを誇る山ですが、
ユル登山者の俺がそんなところに行けるわけもなく…、
当然別の話題となります。

まぁ、知ってる人は知ってるかもしれませんが…、



a0094280_22275736.jpg

ACONCAGUA
”THE NORTH FACE”のダウン・ジャケット

昨年、本谷右俣を遡行し、南岳まで行った時に
たけさんが南岳小屋の中でダウン・ジャケットを羽織ってらした。
俺はそれを羨望の眼差しで見ていた。
モーレツに薄手のダウン・ジャケットが欲しくなったのだった。(笑)

軽くて薄い、コンパクトになるダウン・ジャケットが欲しい!
けれど、着るとすごくあたたかいモノが欲しい!
そんな風に思ったものの、そんな高機能のモノが手軽に買える筈もなく、
安くなるオフ・シーズンになって、やっとのことで購入。

着てみると、さすがにこれはイイ!
軽くて薄いけれど、すごくあたたかい!

こりゃ、山で使えますね。
去年の南岳に行った時みたいな、
平地の冬のような気温の時にでも充分使えますね。
(当たり前と言えば、当たり前ですが…。)

心強い山道具が仲間入りしました。(笑)




THE NORTH FACE
[PR]
Commented by takebow at 2008-04-03 23:26 x
一般的なTHE NORTH FACEのロゴではないんですね。あっ、でもよく見るとロゴが刺繍してある。お洒落です。薄手のダウンというところが良いですね。それにメチャ格好良い。寅次郎さん、今年の山は決めますね。
Commented by オヤジkaz at 2008-04-04 06:25 x
オヤジkazも同じ理由で昨年買いました。MoonStoneというメーカーの奴です。山登りする人たちには有名なブランドだとか。
薄くて軽くて鹿もチョッとカッコいいから街中着にも最高です。
やっぱりいいものはいい!こういうものは本物を持ちたいものです。
Commented by torajiro-joshu at 2008-04-04 21:12
>takebowさん、こんにちは。
ありがとうございます。

そうなんです!
胸の所にロゴが刺繍してあるんです。
腕の所のロゴは"SUMMIT SERIES"を表すもののようです。
(高峰登山にも使えるということみたいです。)
僕の使用用途からすると、明らかにオーバー・クオリティですが…。

薄手のダウン、ずっと欲しかったんです。
これで、初秋の北アルプスでも寒い思いをしなくていいかと…。

「今年の山は決め」られるよう、鈍った体を鍛え直そうと思っています。(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2008-04-04 21:24
>オヤジkazさん、こんにちは。
「MoonStone」ですか。
クライマーの山野井さんがアドバイザリー・スタッフとなっているという
メーカーですね。
高機能な感じのするウェアですね。

僕も街着にも使用しようと思ってます。
というか…、街使用メインになりそうな気もしますが…。

オヤジkazさんも”本物”好きみたいですね。
実は僕もそうなんです!(笑)
Commented by take at 2008-04-05 00:09 x
うわ~!買ったんですか~!
しかもNORTH FACEのを。いいな~
私のはモンベルなんでぜんぜん安いです。
しかし、軽くてコンパクトなので山に持って行くにはとっても便利です。
これを持って行けば冬山のテント泊もOKですよ!
行きましょう~(笑)
夜のお花見でも大活躍しますよ(笑)

Commented by torajiro-joshu at 2008-04-05 12:49
>takeさん、こんにちは。
買っちゃいました!(笑)
俺的には、”清水の舞台”ならぬ”屋根上”から飛び降りるつもりで…。

実は俺もモンベルのダウンを買おうと思ったのですが、
モンベルは全然値引きしてないので、値引きしたノース・フェイスの
ダウンと比較してみると、すごーく値段に差があるわけではなく、
また、欲しかった黒のACONCAGUAがたまたま見つかったので、
思い切って買ってしまいました。

薄手のダウン、本当に軽くてコンパクトで、すごくイイですね!

これで、安心して夜桜を観にいけます…!?
いえいえ、山に持っていけます。(笑)
でも…、「冬山のテント泊」は…。
寒がりなので、それでもキツいかと…。
by torajiro-joshu | 2008-04-03 23:14 | 山道具 | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu