寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

俺にとって山とは…

俺にとって山とは、山歩きとはなんだろう?
もし、もう山歩きができなくなったら…。




最近、そんなことを考える。
俺から山歩きをとったら、どうなるだろう?

俺は一流のアルピニストでもなく、クライマーでもない。
ただのハイカーに他ならない。

けれど、そんな俺でも、山歩きをとったら、何も残らない気がしてならない。

山は俺に様々なものを与えてくれた。
時にやさしく、時にきびしく、どんな形であれ、俺を迎え入れてくれた。
壊れそうな俺に勇気や自信をくれ、俺を再生してくれたこともあった。

そんな山にもう行けなくなったら、俺はどうなってしまうのだろう?
何も残らない人間になってしまうのだろうか?

俺にとっての山が、自らを取り戻せる場所だったとしたら、
自らを取り戻せる場所を失うということは…。

何も残らない上に、何も取り戻せず、何の上積みもできない、
そんな状態になったら…。

生きるために、より良く生きるために、俺はまだまだ山歩きがしたい!
素晴らしい景色をもっともっと見たい。
ずっとずっと歩き続けたい、歩き続けられる体でいたい。
野山を駆け回りたい。
a0094280_22103457.jpg

奥穂高より槍ヶ岳方面を望む

俺にとって山とは、山歩きとは、ある意味、生きる支えなのかもしれない。
[PR]
Commented by takebow at 2008-03-02 13:26 x
そうですね。山はやったことのある人にしか分からないですよね。苦しい時があっても、その後の開放感を求めているのか、なぜ登るのか説明がつかないですよね。小生は山に登れる幸せを感じて行きたいと思います。
Commented by torajiro-joshu at 2008-03-02 21:15
>takebowさん、こんにちは。
「なぜ登るのか」と訊かれると、案外困りますよね。
僕が登る理由は上記ブログの内容の通りですが、
大前提として”好き”ということがあるのは間違いないですね。

僕も「山に登れる幸せを感じ」ながら、これからも登ってゆきたいです。
Commented by photokarin at 2008-03-03 01:34
うーん、私も旅とカメラを取り上げられてしまうと・・・
何をして過ごしたらいいのか分からなくなるかもしれません。

おうちのワンコと遊ぶか温泉でまったりするか・・・でしょうか?

「好きだから」
この言葉だけで十分なんだと思います。
Commented by torajiro-joshu at 2008-03-03 22:14
>photokarinさん、こんにちは。
自分の最も好きなものを取り上げられてしまうと、
どうしたらいいのかわからなくなっちゃいますよね…。
2番目、3番目に好きなものがあっても、
1番を取り上げられるのは本当にキツいでしょうね。

「好きだから」…、それにつきるんでしょうね。
趣味もモノも人も…。
by torajiro-joshu | 2008-03-01 22:47 | 一思案 | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu