寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

鍋割山(赤城山)

今年も夏山には本当に行けるのだろうか?

走ってもいないのにランナーズ・ニーのような症状が出る。
まあ、それは日常生活では出ないのは救いではあるが、
山を下る時に出やすいのは非常に気にかかる。

本当に自分の足は大丈夫なのか見極める為に、
トレーニングがてら山へと向かうことにした。



今日は夕方から雷雨というような予報だったので、
手っ取り早く登れる山にしようと思った。
そんなわけで、年に一回は必ず行く赤城に向かう。
家を出るのが少し遅れたので、アプローチの最もしやすい
鍋割山にしようと運転中に決めた。

鍋割山、荒山高原への玄関口である箕輪に着くと、
駐車場は9割がた埋まっていた。

ストレッチをして、先ずはゆっくりと荒山高原へと向かう。
足の具合を見ながら、ゆっくり歩いてゆく。

木の階段を上り終え、木立の中を少し歩き、
間もなくすると、岩の多い道となる。
そこをつめると…
a0094280_2110126.jpg


駐車場は車でいっぱいだったが、思ったより登山者は少なく、
数人見られるだけだった。
荒山高原はツツジの時期には大賑わいだが、
今の時期はやはりこんなものか…。

この時期、勿論ツツジは咲いていないが、それでも
花はちらほら咲いていて、目を楽しませてくれる。
a0094280_21162163.jpg

(多分)ホタルブクロ
a0094280_21172840.jpg

(多分)ツリガネニンジン

疲れてもいないし、雷が来る前に下山した方がいいので、
直ぐに鍋割に向かう。

晴れていれば登山道から関東平野が一望できる筈だが、
靄っていて前橋の街さえ見えない。
最初のピークに着き北方を見るが、こちらも大して展望を
楽しむことができない。
まあ、それも予想してたことだからいいや…。
今日は歩くことに意味があるのさ!と自分を納得させる。

何度かアップダウンを繰り返し、鍋割山頂に着くと…、
そこは少年登山者で溢れていた。
中学生の学校登山と小学生の野球チームの登山の
2グループが頂上で遭遇した為、
鍋割山頂は一時期100人近くの人で溢れた。
(この時はまだ1グループだと思っていた…。)

”あの一団”よりも先に頂上を発たないと、狭い登山道が渋滞して
トンデモないことになるなと思ったが、少年達は昼食を摂る様子だったので、
「まあ、こっちもおにぎりを食べて、すぐ出発すればいいや」と思って、
すぐにおにぎりを頬張った。

あれっ…!?
少年達が下山してゆく…。
よくみると、”あの一団”は別グループだったのだ…。

自分の観察力の無さにガックリした…。

おにぎりを食べ終え、北方を見ると雷雲がさっきよりも少し
大きくなっていることに気付いた。

1グループ下山しても、まだまだ山頂は大賑わい。
ノンビリする気分でもないし、雷雲が気になったので、
すぐさま下山を開始する。

斜面に任せてドンドン下ってゆくと、
すぐに中学生達に追い付いてしまった。
あれれ…と思っていると、引率の教師だろうか?
「止まれ〜!道を開けろ〜!」と道を譲ってくれた。

熊よけの為に付けていた鈴が活躍したらしい。
絶えずシャンシャン音がしてたので、
こっちの存在を認識してもらえたのだろう。

道を譲ってもらったのはいいが、さすがに60〜70人のグループは長い。
全員を抜くのも大変だし、挨拶してくれる少年に
挨拶し返すのも大変だった。

足の状態をみる為に、中学生を抜いてから更にスピードアップしてみた。
特別問題はなさそうだったが、下山する距離が延びたらどうか…?
不安を抱えながら下った。

荒山高原までは何の問題もなかった。
やはり短い距離、短い時間は問題ないのかもしれない。
それを検証する為に、休まず下山することにした。

程なく、車とバイクの音が耳に入り、強い陽射しが
目に入るようになると、そこはもう駐車場だった。

下山後、足の状態をみると、特別痛いということはなかった。
けれど、なんとなく…、いいとは言い切れない状態であるような気もした…。

帰宅後、頭の中で再検証してみた。
やはり登りでは問題はないようだ。
おそらく下りが長くなると痛みが出てくるようだ。

う〜む…。
今年の夏山計画…、変更しなきゃならないかもしれない…。(涙)



[コース・タイム]
箕輪駐車場(-/10:42)〜荒山高原(11:05/11:10)〜
鍋割山頂上(11:31/11:40)〜荒山高原(11:54/11:56)〜
箕輪駐車場(12:14/-)
[PR]
Commented by dr_suzuki at 2007-08-06 15:20
お疲れ様です。オレは冬まではおとなしくしてます。

若い頃、篭の登山で、小学生の遠足の大隊とすれ違い(オレたちが上り)、最初は子供達の挨拶にちゃんと返答してましたけど、子供が次から次へと下りてきて、200人くらいいたんじゃないか?ペース乱されるは、苦しくなってくるは、最後はさすがに「拷問」でしたねぇ。
Commented by torajiro-joshu at 2007-08-06 20:52
>すずきさん、こんにちは。
ありがとうございます。

え〜、そうなん!?
冬まで活動しねんかい?
それじゃあ、広瀬◯美みてぇじゃねぇかい!?(笑)
俺は夏中心だから…チ○ーブだいね。(笑)

冗談はさておき、すずきさんのその体験はなっからきちぃやいね。
まさに「拷問」だいね。
そういう時は引率の教師が指示をして、道を譲ってくれりゃいいんだけどね。
原則、上り優先なんだし…。
でも、上りで200人パスするのはちょいときちぃやいね。
by torajiro-joshu | 2007-08-05 22:35 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu