寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

紳士淑女(予備軍も含む)のみなさ〜ん…

ちゃんと選挙に行きましょうね!

今夜、僕は期日前投票に行ってきました。

ここ群馬では、22日に知事選、29日に参院選と、
二週続けて選挙なんですね。

22日にまとめてやれれば、300000000円もの莫大な経費が
節約できたってぇのに、あの何でもかんでも”数の論理(横暴)”で
ゴリ押しのオボッチャマくんを頭とするアダルト・チルドレンのおかげで…。

というわけで、今日は選挙に関して改めて考えてみました。
そして、僕なりの考えを書いてみたいと思います。



かっこいいあなた方なら、「誰がやっても変わんねぇよ!」とか、
「面倒くせぇ!」とか言って、棄権なんかしないですよね!
今の政治や官僚に文句あるなら、
ちゃんと投票に行かなきゃダメですもんね。

宝くじ買ってもいねぇのに、「当たらねぇんだ!バカヤロー」なんて
ホザく阿呆はいませんよね!?
でも、投票にも言ってないのに、政治や官僚に文句言う人間が
いっぱいいるのが、僕には不思議でなりません。
じゃあ、あなた方は投票したのか?と…。

無気力になって、あなた方が投票するという権利を放棄したら、
それこそヤツ等の思う壷です。
ヤツ等は益々好き勝手に”数の論理(横暴)”で、
自分達の好き勝手を繰り返してゆくでしょうね。
国民の信任を得たとか何とか言って…。
そして、ヤツ等の考える「美しい国」にしてゆくでしょう。

みなさんはわかっているとは思いますが、
ヤツ等の言う「美しい国」は、僕らの考える「美しい国」とは違いますね!
ヤツ等の考える「美しい国」は、
ただただ”権力者にとってオイシイ国”なんですよね。
一方、僕らの考える「美しい国」は、風光明媚で、平等で、
誰もが笑って暮らせるような国なんだと思います。

そんなの理想に過ぎない!と他人は言うかもしれません。
そうです!理想です!理想に過ぎません、”今は”。
それは今現在は理想なのであって、
将来はそれが現実となるかもしれないのです。
いや、きっと現実となるのです!

その為には、みんなが投票に行って、
自分で考え、自らの意思を示すしかないのです。
だから、棄権なんかしちゃいけないのです。

今回の選挙は、年金問題がメインのような雰囲気ですが、
僕的には、やはり憲法問題だと思っています。
その象徴の9条を改悪しちゃならんのです!

9条問題なんて言うから、あいまいになっちゃうと思うんだけんど、
要は”戦争をやる国”にしてはいけないということ。
その為に9条を変えちゃいけないと思う。
戦争なんか絶対にしちゃいけない!

特攻隊員として出陣間近の時に終戦を迎えた知人が、僕にはいる。
「なぜ自分は生き残り、仲間は死んでいったか」、彼の力では
どうにもできない深い深い哀しみを抱え、彼は生きてきた。
そのことを語った彼の寂しげな瞳を僕は忘れることができない。

彼は「戦争は絶対にしてはいけない」と語った。
命を失った人はもう帰らないと同時に、
深い深い哀しみを抱えた彼の”彼の力ではどうにもできない自責の念”の
ない楽しき日々は帰らない。

多くの人の命を奪うだけでなく、
生きている人の幸せさえも大きく奪う戦争は絶対にしてはいけない。

”不戦の誓い”とも言える9条を破った時、
この国は”権力者の考える「美しい国」”になってゆくだろう。
それは、一部の権力者の為に国民の多くが犠牲になる国…。

日本国憲法の一番のキモを破れば、
後はどうにでもなるという意識が権力者にはある筈。
どんどんどんどん権力者にとって”使い勝手のいい”憲法に
してゆくことは目に見えている。

だからこそ、憲法改悪しようとするヤツらに歯止めをかける為にも
僕らは投票にいって、Noと言わなきゃならないと思う。
憲法”改悪”、それはつまりキチ○イに刃物を渡すようなもの。
ヤツ等に刃物は渡しちゃいけない。

憲法はそもそも権力者の横暴に歯止めをかける為の最後の砦。
その砦を権力者に簡単に、何も考えず、渡しちゃいけない!

権力とは監視すべきもの。
その権力を監視し、歯止めをかける憲法を権力者の
意のままにしては、絶対にいけない。

僕には妻も子供もいない。
自分の遺伝子をつなげてゆくものは勿論いない。
『だから、自分が死んでいった後、この国がどうなろうと構わない』
なんてケチなことは決して思わない!

苦しいし、辛いし、イヤになっちゃうような中でも見られた光、
出会った人々、心奮わす出来事、生きてて良かったと思えるような何か、
それら全てを、一生懸命に生きている人達、子供達に感じて欲しいから…。

考える余裕があるのに、
自分のことだけしか考えられない人間なんてかっこ悪いじゃん!
ダサ過ぎだよ!
人は一人で生きてるわけじゃないんだよ。
自分以外の人間もなるべく大事にしていこうよ。
やさしさの輪を広げていこうよ。

とりとめのないこの文を最後まで読んでくれた方に感謝します。
どうもありがとう。
そして、これを読んでくれ、投票に行く気になった方がいたら、
僕はとても嬉しいです。

かっこいいみなさん、選挙に行こうね。
[PR]
Commented by takebow at 2007-07-19 09:00 x
寅次郎さんの熱い思いが伝わってくる文で、あっという間に読み切ってしまいました。政治に関心はあるけど政治家に関心はないし、もう日本はダメなのかなぁなどと諦めてしまっている自分がいます。KY安倍(KYって「空気が読めない」という意味だそうです)のどこを信用するんだぁ、などとテレビを前に毒づいていても始まりません。

もちろん私も投票に行きます。
Commented by torajiro-joshu at 2007-07-19 20:52
>takebowさん、こんにちは。
面白くもない文を読んで下さり、ありがとうございます。

長い年月をかけて作ってしまった”まやかしだらけの国”が早急にまともな国になるとは思えませんが…、”本当の意味で、この国を愛する人間”が、どこかで変えようと思って動かなければ、この国はどんどんどんどん堕ちてゆき、もっともっと息苦しい国になることは必至でしょう。
負の遺産を子供達に無責任に押し付けちゃいけないですよね。
今の”泥水”が子供達のもとを流れる時に、”清らかな水”に少しでも近付いているよう願って、僕らなりのやり方で”本当に意味での「美しい国」”を作っていけるよう助力しましょう!

ところで、「KY安倍」って、初めて知りました!
『KYって「空気が読めない」という意味』なんですか。
たしかに、それは言えてますね。
Commented by エセ加川 良 at 2007-07-19 22:06 x
僕の歌『教訓Ⅱ』もよろしく!
Commented by takebow at 2007-07-20 11:26 x
麻生外相の発言にもビックリです。寅次郎さんの仰るように「おぼっちゃまくん」グループで政治をやるのってどうかと思います。
Commented by torajiro-joshu at 2007-07-20 20:16
>エセ加川 良さん。
すみません。
加川良さんも、どんな歌を歌っている人なのかも知らないので、
コメントしようがありません…。
Commented by torajiro-joshu at 2007-07-20 20:27
>takebowさん、こんにちは。
う〜む…。やっぱり、アソー君も”KY”ですね…。
『マツオカくん、アカギくんのようにお金に関してルーズな人間でもわかる』って発言したなら、アソーくんも”気のきいたやつだ!”ってなったんでしょうけどね。(笑)
ボッチャン、ジョーチャンも早く大人になって欲しいもんですね。
by torajiro-joshu | 2007-07-18 23:49 | 一思案 | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu