寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

峠のうどん屋 藤屋

寅ちゃんがまだNinja(GPZ900R)を乗り回していた頃(だと思う)、
ツーリングで上野村を何度か訪ねたんさね。
その度に寄らせてもらったお店が”峠のうどん屋 藤屋”。
このお店のうどんが食いたくなって、十何年振りかなぁ…、
久々に訪ねてみたんさね。



お店の佇まいはちっとも変わってなかったいね。
以前と変わらぬ姿をみて、おらぁ、何だかホッとしたいね。

お店に着くなり、お目当てのうどんを注文。
a0094280_20332340.jpg

お茶と小鉢いっぱいに白菜の漬物が出てきた。
この姿もあの頃と変わらない。
ホント、嬉しい気分になったいね。
まぁず、それにしてもサービスいいやいね。

漬物をいただきながら、ちっとんべ待ってると…、
来た、来た、来た〜!
a0094280_20334438.jpg

待望のうどんがやっと来たぃ!

写真見てもらえばわかると思うけんど、
これまたスンゲー量なんさね。
ゆで卵や湯呑みの大きさとうどんのお椀の大きさを比較してもらえば
わかると思うけんど、ホント、このうどんは大盛りなんだいね。
これが普通サイズの大きさで、天ぷらも最初から付いてくるんさね。
こりゃ、なっから手強いうどんだと思うよ。

うどんはかなり太ぇけんど、けっこうやらけんさ。
だから、歯の弱ぇ人にも食い易ぃし、消化もいいんべね。
このお店のは上州の田舎うどんつう感じで、
俺のことを可愛がってくれたおじいさん・おばあさんの家で食べた
うどんを思い出させてくれて、胸にしみたいね。

天ぷらは時期によって違うみてぇだけんど、
この日は”ウドの葉”の天ぷらがふたっつと
玉葱の天ぷらがふたっつ載ってたいね。
ウドの葉は天然モノらしく、香りも良かったいね。

うどんと天ぷらだけでもなっから量があるんに、
これにゆで卵が一個付くんさね。
ホント、こりゃ、スゲー量だいね。

昔は平気でこれ食ったけんど…、今回はなっから腹がキツくなったいね。

久々に行ったけんど、お店の佇まいと同じで、
うどんの味も(値段も!)あの時と変わらずにいたいね。
うどんをすすりながら懐かしさがこみ上げてきたいね。
ホント、嬉しくなっちゃったいね。

おばちゃんとちっとんべ話をさせてもらったけんど、
やさしげな笑顔も変わらぬままだったし、
ホント、遠くまで食いに行って良かったい。

うどんはもちろんウマかったけんど…、
もしかしたら、おらぁ、優しさ触れにいったんかもしんねぇやい。

いつまでも続けてほしい”峠のうどん屋”。
ホント、行って良かったい。

おばちゃん、いつまでも元気でね。



峠のうどん屋 藤屋(上野村商工会HPより)
[PR]
Commented by master at 2007-07-18 04:56 x
このうどん、すごいボリュームですね…
ウドの葉の天ぷらなんて、ソソるじゃないですかー。
お腹すかせて行かないと完食できなそうです。
Commented by sanzokuame at 2007-07-18 13:33
確かに、あのおじちゃん、おばちゃんに逢いに行くついでなのかも知れませんね。
久々に行ってみるかな?
それにしても相変わらずスゴイ盛り!^^
Commented by torajiro-joshu at 2007-07-18 20:56
>masterさん、こんにちは。
本当にスゴいボリュームなんですよ!
是非とも食べていただきたいですね。
西上州の山歩きの後にお薦めの一品です。
但し、売り切れ終いなんで、休日には早く行かないと…。
その辺が難点ですね…。
Commented by torajiro-joshu at 2007-07-18 21:17
>三束雨さん、こんにちは。
トラバ、ありがとうございます。

食べ物屋さんて…、そこの食べ物を目当てに行っているようだけど、
実際はお店の人の人柄に惹かれて行っているようなところがありませんか?
まあ、それが全てではないですが、僕の場合、休日に行く店は間違いなく、
そうと言えます。
どんなにウマい物を提供する店でも、店の人の人柄がイヤな所には、僕はまず行きません!(まあ、そういう店はないですけど…。笑)

三束雨さんも、おじちゃん、おばちゃんに久々に会いにいってみて下さい。
そして、ついでに!?(笑)うどんも食べてきてみて下さい。
身も心も満足できるでしょうからね。

ところで…、今回初めて「おじちゃん」らしき人に会いました。
何故、今迄会わなかったのか?考えると夜も眠れません!?(笑)
by torajiro-joshu | 2007-07-17 21:33 | 食べる | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu