寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

『オシムが語る』

a0094280_2117986.jpg

『オシムが語る』

サッカー日本代表監督のオシム氏がオーストリアの気鋭のジャーナリストの
インタビューに応える形の本となっている。
その中で、オシム氏はサッカーだけでなく、故国、戦争、宗教、人生等に
ついて、深く語ってゆく。



深い。
とても深い。
オシム氏の言葉は深い。
言葉の裏に確たる信念がある。
やさしさがある。

オシム氏のことを「皮肉屋」扱いするマスコミがあるが、
果たしてオシム氏は本当にそうなのだろうか?

思うに、一部マスコミはオシム氏の言葉が理解できず、
上っ面の言葉だけを、自分の頭で考えることもなく、
意味不明=皮肉と捉えているのであろう。

しかし、オシム氏が話すことは、いつも本質である。

本質は物事の核のようなものだから、
見えやすいようでいて案外見え難い。
本質を掴もうと努めなければ、それは見えてこない。

だから、本質を掴めてない一部マスコミは
安易にオシム氏のことを「皮肉屋」扱いするのだろう。

本質を語ろうとすると、理屈ぽいとか気難しいとか、
物事をよく考えないヤツは言う傾向にあるから…。

オシム氏は皮肉屋なんかではない。
彼こそ国際人と呼ぶにふさわしいと俺は思う。

話は少し逸れるが、
オシム氏の言葉の中に信念ややさしさが見えるのに対し、
何処ぞの国のソーリ達の言葉には全くそれが見えない。

「美しい国」!?
それはいいことだね。
けれど、「人生色々。会社も色々」、「美しい国」も色々だよ。

この本を読んだ後に、
オシム氏だったら、そんなこと言いそうな気がしたのは、
気のせいだろうか?

サッカー本というよりはライトな哲学本といった「オシムが語る」、
読んで良かった。
[PR]
Commented by takebow at 2007-02-28 08:27 x
「オシムの言葉」は有名になりましたよね。ああいう国に育ったので、当然、中味が濃いですね。まさに哲学者。考えてプレーせよ、ですね。

「人生色々。会社も色々」、「美しい国」も色々だよ。←最高です!!
Commented by torajiro-joshu at 2007-02-28 20:47
>takebowさん。
オシム氏は本当に立派な方だと思いますね。
今の我々日本人には想像することもできない苦難や悲しみも
自分の中でしっかりと受けとめて、その本質を探り、
自分なりのやり方で善なる道を築いてゆく姿には感銘を覚えます。
サッカー監督として素晴らしいということ以上に、人間としての素晴らしさ、
深みを感じますね。
あの思慮深さは、「まさに哲学者」といった感じですね。

「美しい国」って嗤えますよね。ウサン臭くって…。
by torajiro-joshu | 2007-02-27 22:15 | 読む | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu