寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

行道山

別にサービス期間というわけではないのだが…、
明らかに何%か”増量”してる…。



自分の裸を見て、切なくなった…。
やはり、少しは体を動かさねば…ということで、足利の行道山に行ってみた。

里山に近づくにつれ、意外に細くなる道を愛車で進む。
大岩毘沙門天なる神社を過ぎると直に駐車場があった。
そこまで来ると見晴らしがよく、太田の街が見渡せた。

駐車場に車を停め、車道を歩いてゆく。
車道を進み、その終点まで来ると車が3台停まっていた。
そこにも5台位なら停められそうな感じだ。
そこからの見晴らしもなかなか良く、低山が幾重にも重なる姿が綺麗だった。

登山道はよく整備されていて、歩きやすい。
けれど、予想に反して急なところも現れる。
「御主、なかなかやるな」と感じだ。
低山だからと言って、舐めてはいけない。
a0094280_21241190.jpg

樹に絡み付く蔦のような物が、白い岩肌に垂れ下がる鎖に見えた。
乾いた道をいつもよりノンビリとしたペースで歩く。
汗をかかぬように、ゆっくりと。
左の視界が開けたと思うと、そこが最初のピークである大岩山。
ピークの周りは樹々に囲まれ、見晴らしは良くない。
尾根道を、小さな上り下りを何回か重ねてゆくと、東屋が現れた。
そこが行道山の頂上のようだ。
a0094280_2138499.jpg

立派な方位盤があった。何故か「石尊山見晴台」と書いてある。
ここは行道山のピークじゃないのか!?と思うが、どう考えても
そこはピークだ。もしかしたら、行道山とは特定の山ではなく、
赤城等と同じように山域を差すのかもしれない。
ちなみに、方位盤には富士山などと刻まれていたが、
立ち木に邪魔されて、天気がいい時でもよく見えないと思う。
a0094280_21442988.jpg

足利の街がよく見渡せた。
晴れれば筑波もよく見えるようだ。
石尊山見晴台の名前の通り、石尊山方面がよく見える。
そしてその背後には赤城もうっすらと見えた。

見晴を堪能した後、元の道を戻る。
太陽を背にした時はよくわからなかったが、正面にすると太陽は幾分
かさをかぶったような感じで、雲の厚みも徐々に増してきているようだった。
太陽の力を弱く感じるようになると、空気も冷たくなってきた感じだ。
改めて冬なんだなぁと感じる。
途中で、来た道とは反対方向に進んでゆく。
道はあるのだが、あまり人に歩かれていない感じだった。
下方に車の影が見えた。駐車場だった。

冬の日のノンビリお手軽ハイク。
あまり運動にはならなかった感もあるが、そこそこ楽しめたので、
まあ、これでよしとしよう。


コース・タイム
駐車場(-/13:24)〜車道終点(13:29/13:30)〜
行道山頂上(13:47/14:04)〜駐車場(14:16/-)
[PR]
by torajiro-joshu | 2007-01-21 22:09 | 山歩き | Comments(0)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu