寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

nalgeneのボトル

a0094280_21592236.jpg

ノース・フェイスのハイドレーション・ザックを使うまではよく
使用していたnalgeneのボトル。






軽くて丈夫、そして水にプラスチックの臭いがほとんど付かない。
広口のボトルは氷を入れるのにもいいし、
スポーツ・ドリンクの粉を入れやすい。
また目盛りがあるので、水の分量がわかりやすい。
なかなか使い勝手が良かった。
ただ不思議なのは、1ℓのこのボトル、何故か900㎖までしか
目盛りがふってない。
何でなんだ!?と未だに謎のままだ。。
[PR]
Commented by takebow at 2007-01-06 17:52 x
この形式のボトルはよく見ますよね。使い勝手はいかがですか?
最近話題になったモンベルのこれ↓
https://www2.montbell.com/japanese/asp/products/Spg_shosai.asp?cat=1501&hinban=1821601

わざわざお店まで見に行きました。ほ乳瓶みたいにチュウチュウ吸うんだそうです。買ってみようかとは思っております。
Commented by torajiro-joshu at 2007-01-06 21:26
>takebowさん。
好みの問題でしょうが、広口のボトルの方が僕的には使いやすい気が
する(中も洗いやすいし、なんとなく水が飲みやすい…)ので、
なかなかいいと思います。
ただ、ハイドレーション・パック(3ℓ)使用時には出番がありません。
もっとも出番がある時でも1ℓという容量は僕には少な過ぎです。
したがって、他の容器(主にペットボトル)も併用することになります。
水を多く飲む人には、1ℓという容量は少ない気がしますね。

モンベルのボトル、さっき見てみました。なんだか不思議な形ですね。
なんとなく、マラソンの給水所に置いてありそうな容器って
感じがしますね。
Commented by takebow at 2007-01-06 21:42 x
そうですよね、ザックによって使い勝手が違うかなぁと思っていたモノで。
モンベルのボトル、アドレスが切れてしまってすみません。HPで御覧なったんですね。ほんと仰る通りに給水(というか吸水)用という感じです。ほかにもチューブで吸うタイプも今年かなり見ました。初めて見た時は、病気をされていて薬を飲みながら登っているのかと思いました(^^;)。
Commented by torajiro-joshu at 2007-01-06 22:01
>takebowさん。
そうですね。ザックによりますね。
35ℓのザックの時には、このボトルも活躍しますよ。
「チューブで吸うタイプ」、ノース・フェイスで言うハイドレーション・パック
ですかね?傍目には、あれもかなりアヤしいでしょう…。
でも、使い慣れるとなかなかいいと思いますよ。
但し…、水に臭いがつくのが我慢できない人はやめておいた
方がいいかもしれません。
あれはおいしく水を飲む為の物ではありません…。
Commented by takebow at 2007-01-07 08:12 x
そうです、ハイドレーション・パックと言うんですね。ちょっと調べてみたら、たくさん種類があるんですね。槍沢で見た人はタンクを水につけて冷やして飲んでました。そんなに常時、水分補給するとバテませんか?
Commented by torajiro-joshu at 2007-01-07 10:31
>takebowさん。
水分補給(し過ぎ)によるバテは経験したことはないですね。
飲まないことによると思われるバテは経験したことありますが…。
こまめに水分補給をした方がバテないと言われてますし、
僕もそうなのではないかと思っています。
まあ、でも、”飲み過ぎ”は良くないんでしょうけどね…。
ちなみに、僕個人の感覚的なものですが、ハイドレーションを使う
ようになってから、1ピッチの歩行時間が長くなったような気がします。
それにより、休憩ぽい休憩が少なくなり、一日の山行時間が短縮
された気がします。
時間がない登山には大きな効果をもたらすようになったと、
あくまでも僕個人の見解ですが、そう思っています。
by torajiro-joshu | 2007-01-05 22:15 | 山道具 | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu