寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

百名山スルーの山旅(明神〜双六〜烏帽子〜七倉) 2日目

同部屋の登山者は笠周りで新穂高下山ということで、3時頃起き出して、
暗い中出発していった。
彼には色々とお世話になった。
またどこかの山で会えると嬉しい。

それにしても、隣の隣のオヤジのイビキは酷かった。
日付が変わる頃に目が覚めたら、ヤツのイビキが酷くて、
二度と寝付けないくらいだった。

朝飯の弁当を食べ、出発準備の前に外に出てみた。
薄暗い中で鷲羽の山容が見えた。
今日もいい天気だろう。
それでも夏山。
午前が勝負だ。
最低でも野口五郎小屋、行けるなら烏帽子小屋かと思う。

真っ暗な中でも双六小屋の朝は早い。
4時半頃でも出発準備の登山者がいっぱいだ。
昨日夕飯の時に隣り合わせて色々情報交換した山ガールのお二人も出発するよう。
お互いの山行の無事を願い、別れの挨拶とする。
a0094280_17163051.jpg
小屋の横から双六方面に向かうと間も無く、ぼんやりと朝陽が顔を見せた。
思ったより感動的な現れ方ではなかった。





a0094280_17163952.jpg
朝陽より右に振り返ると、穂高の峰々が見え始めた。
今月末はあっちだ。
久々に奥穂〜西穂を歩く。
気の合う仲間とゆく山旅、楽しみである。

三俣へと続く巻道の分岐に到着。
さて、どうしよう?
双六頂上へ行こうかと一瞬思ったが、先は短くはないし、
この巻道は未だ歩いたことない。
なので、やはり、巻道をゆくことにする。
a0094280_17164762.jpg
巻道は、なかなかいい感じのルート。
小さなアップダウンが連続するけれど、黒部五郎カールにちょっと似ていて、
とても気持ちよく歩ける。
やはり、この山域は歩いていて気持ちいい。

双六岳を見遣ると、頂上は雲に覆われていた。
やはり、こちらのルートで正解だったようだ。

a0094280_17165463.jpg
なだらかな山容の向こうには赤茶けた硫黄尾根と槍、穂高の山並み。
実に素晴らしい眺め。

三俣蓮華との分岐を過ぎると、三俣山荘から来たと思しき登山者がガンガン登ってくる。
道を譲る為何度も立ち止まるので、なかなか進まない。

三俣山荘でコーヒーとケーキを楽しもうと思ったものの、
喫茶ルームは8時半から。
1時間半も待てるわけなく、あっさり諦める。

水晶小屋に向かおう。
さて、ルートは…!?

鷲羽越えを考えるが、鷲羽には二度登っている。
なので、今回も百名山はスルーし、三俣から一旦下降し、
黒部源流ルートを歩き、岩苔乗越を目指す。
a0094280_17170271.jpg
鷲羽の左手にはワリモ、水晶が姿を見せていた。

小川みたいな登山道を下ってゆく。

下からは結構な数の登山者。
皆雲ノ平からだろうか?

雲ノ平や高天原、またいつか行ってみたい。
a0094280_17171026.jpg
源流域の碑!?があるところから岩苔乗越方面に、これまた沢沿いにゆく。
振り返ると、黒部五郎。

あの辺も気持ちよく歩けるんだよな。
また向こうも歩いてみたい。
a0094280_17181278.jpg
沢の水の流れを横目に、草つきの道を登ってゆく。
a0094280_17182281.jpg
振り返ると、三俣蓮華岳も大きい。
a0094280_17183035.jpg
岩苔乗越まで来ると、薬師の雄大な姿が!

あの稜線歩きも楽しかったな。
a0094280_17183855.jpg
見上げれば、空は、一足早く秋の気配。
a0094280_17184748.jpg
水晶も大分大きく見えるようになった。
a0094280_17185363.jpg
岩苔乗越からワリモの分岐までの道は、短いものの、案外キツい。
けれど、それを越えれば、こんなに気持ちのいい道が続く。
この辺のルートは何度歩いてもいい。
a0094280_17185998.jpg
のんびりとした稜線歩きを楽しむ。
振り返れば、鷲羽、槍、穂高。
本当に素晴らしいルート。

水晶小屋に着くと、やはり結構な人。
水晶に向かう人も多く見られた。
さすが百名山!

なので!?今回もスルー。

a0094280_17190671.jpg
小屋からは赤牛岳や、遠くに黒部湖も見えていた。赤牛岳、またいつか晴れた日に必ず行きたい!
a0094280_17191231.jpg
陽射しが強くなり、雲が増えてきていた。
ここから見る槍〜穂の稜線も相変わらず素晴らしい。
a0094280_17193569.jpg
野口五郎岳は意外に遠く見える。

結構急で狭い登山道を野口五郎岳方面へと向かって歩く。
a0094280_17195824.jpg
狭い登山道の片隅でウサギギクが綺麗だった。
a0094280_17200613.jpg
イワツメクサも可憐に咲いていた。
a0094280_17201373.jpg
水晶から赤牛へと続く稜線。
赤牛〜温泉沢の頭は歩いているが、温泉沢の頭〜水晶は未だ歩いてないので、
いつかそこも歩いてみたい。
a0094280_17202231.jpg
野口五郎岳方面へと向かうと、大きな岩がゴーロゴーロしてきた。
これが野口五郎岳の名前の由来となったゴロゴロだと思うと、
歩きにくさよりも笑いがこみ上げるような感じだった。
a0094280_17203001.jpg
烏帽子方面は早くも雲に呑まれてきた。
a0094280_17203782.jpg
槍も…。
チングルマの綿毛が、天に突く槍ヶ岳を真似ているようで面白かった。
a0094280_17204474.jpg
この様子だと、槍もそろそろ見納めか?
a0094280_17205044.jpg
地味に遠い野口五郎岳。
なだらかではあるが、暑かったら案外キツいかもしれない。
a0094280_17205838.jpg
a0094280_17211448.jpg
野口五郎岳に向かってゆくと、左手の眼下には五郎池 !?
行ってはみたいが、たしか、熊がよく出ると聞いたような…。
a0094280_17212219.jpg
竹村新道の分岐から、短いが急なところを一気に登り上げ、
今度は一転して緩やかな道をしばらく行くと、野口五郎岳だった。

今山行では唯一と言っていいくらいの、意図して目指したピーク。
ちょっと感慨に耽る。

a0094280_17213004.jpg
ガスってはいたが、野口五郎小屋が見えた!
青い屋根を目指して歩く。
a0094280_17213832.jpg
振り返ると、歩いてきた道は見えるような見えないような……。
a0094280_17215351.jpg
小屋に着いた。
腹が空いたので、カップラーメンを外で食らう。

この時、遭対協のYさんが小屋内にいたとは知らない。
知っていれば、会えて、めっちゃ楽しかっただろうと思う。

食後、野口五郎小屋のおやっさん、スタッフ、お客さんと色々話す。
みなさんとてもいい感じで、本当に良かった。

しかし…。
当初今日はここに泊まろうかなと思ってはいたのだが、明日の天気が心配。
下り坂の予報ではあるし、まだ時間も充分あるので、後ろ髪引かれつつも
烏帽子小屋を目指すことにする。

本当に泊まってみたかったが、楽しみはまた後で。

a0094280_17220145.jpg
信州側はガスが多い。
a0094280_17221191.jpg
それでも、一先ず目指す三ツ岳はよく見えていた。
a0094280_17222003.jpg
来し方を振り返ると、微妙な高さで雲が山を呑み込む。
もうちょっと雲が高ければいいんだけど…。

a0094280_17223482.jpg
烏帽子小屋は烏帽子岳のかなり手前とはいえ、結構遠い。
ビールを楽しみに黙々と歩く。
a0094280_17224001.jpg
なだらかな稜線を歩けば、烏帽子小屋はもうすぐのよう。
予定では、今山行での稜線歩きはこれで最後。
足裏が痛くなってきてはいるものの、楽しみながら歩いてゆく。

テントがいくつか見えてきた。
もうすぐ烏帽子小屋だ。
小屋手前には小さな池があった。
小屋は天水利用の筈なのに、小屋のそばに池があるなんて不思議。

小屋に着いたのは14時前。
高瀬ダムまで下りられないこともない。
ほんの少し思案する。
けれど、そんなに急ぐ旅ではない。
ここまで来れば、明日多少天気悪くても下山は容易だ。
なので、今日はやはりここに泊まることにする。

船窪小屋Tシャツを着ていたせいか、おばさま方に声をかけられた。
おばさま方、お会いしたことはないと思うのだが、船窪小屋の常連さんで、
金沢方面からみえたKさん、Oさん。
今日はブナ立を登り、烏帽子にみえたとのこと。
船窪小屋の話で盛り上がる。

遭難対策協議会のSAさんという方がいらっしゃったので、SIさんやYさんの近況を伺う。
すると、「Yさんは今日野口五郎小屋にいた筈ですよ。お会いしませんでしたか?」と。

どうやら俺が野口五郎小屋に寄った時には、Yさんは室内にいたらしい。
なんとも惜しいニアミス。
お会いしたかった。

同部屋の登山者のおじさんと小屋前の花畑の前でビールを飲む。
その方は明日以降裏銀縦走らしい。
これから行く山々の山座同定をして楽しむ。
おじさんの山行も、晴れて楽しいものとなるといいな。

小屋前にはイワギキョウの群落とコマクサが咲いていた。
よく見ると、ピンクのコマクサだけでなく、なんと!白いコマクサが!
初めて白いコマクサを見て大コーフン!
なんともラッキーだし、これで蓮華岳まで行って白いコマクサを見なくても
いいやと思う。(笑)

電波を拾いに行って戻ってくると、おじさんが、とあるご女性と話していた。

???
その女性、俺はどっかで会ったことある!?
いや、絶対会っている!?

夕食を済ませ、外に出て景色を見ようと思った時、ふと思い出した!
ああ!2014年のゴールデンウィークに槍ヶ岳山荘でお会いした女性だと。
そういや、今日反対側に一緒に男の人いたな!
ああ、旦那さんだと。

部屋に戻る時、その女性が前を横切ったので、ちょっと声をかけてみた。
2014年のゴールデンウィークに槍ヶ岳山荘へ行ってないかと。
すると、行ったと!

なんとも奇遇!
嬉しい再会である。
ご夫婦は三重の方で、たまたま今回ブナ立から水晶岳往復に来たらしい。

たまたま烏帽子小屋でも部屋が一緒だったので、おじさんも交え、
消灯近くまで楽しく4人で色々話して盛り上がった。

面白い一日だった。
ニアミスで会えない人がいたり、新たな出会いがあったり、久々の再会があったり。
山歩きよりも、そういった人との繋がりが面白いと感じる日だった。



[コースタイム]
双六小屋(-/5:02)〜巻道分岐(5:18/5:20)〜三俣峠(6:15)〜
三俣山荘(6:41/6:55)〜黒部源流碑(7:19)〜岩苔乗越下水場(8:04/8:20)〜
岩苔乗越(8:27)〜ワリモ下分岐(8:36/8:40)〜水晶小屋(9:08/9:19)〜
東沢乗越(9:44/9:51)〜南真砂[竹村新道]分岐(10:43/10:51)〜
野口五郎岳(11:22/11:29)〜野口五郎小屋(11:38/12:17)〜烏帽子小屋(13:45/-)


[PR]
Commented by takebow at 2017-09-27 20:53 x
ご無沙汰しております。お元気そうで、山を続けられているお姿を想像して拝読しています。相変わらずの健脚に驚くとともに、あまり普通ではない(勿論よい意味です)ルートに感心しました。山の空気をこれからも運んで下され、という気持ちでいっぱいです。
Commented by torajiro-joshu at 2017-09-29 06:25
★takebowさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。
takebowさんもお元気でしょうか?

埼玉県のFMの午前中の番組を聴くと、たしかパーソナリティがtakebowさんと
お知り合いと記憶していたので、いつもtakebowさんのことを思い出してましたよ。

このコース取り、やるとしたら、一般的には烏帽子から入り、槍に登り、
上高地か新穂高に下山なんでしょうね。

最近トレーニングしてないもんで、西鎌尾根はキツかったですよ。
ちゃんとトレーニングしなきゃですね。

これからもゆるくアップしていくつもりです。
また暇をみて、お読みください。
by torajiro-joshu | 2017-08-14 23:59 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu