「ほっ」と。キャンペーン

寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

2016 船窪小屋で過ごした夏休み (3日目)

a0094280_10281018.jpg

囲炉裏の間に夜明け前に行くと、
ランプが温かみを帯びた明るさで迎えてくれた。

朝食の配膳の合間に外の天気をうかがう。
天気は悪くなさそうだ。



a0094280_10281938.jpg

大町側は雲の海が下界を呑み込んでいた。
a0094280_1028285.jpg

槍〜穂方面は快晴!
a0094280_10283792.jpg

すっきりといった感じではないが、朝陽が顔を見せはじめた。
a0094280_10284470.jpg

外はそこそこ風があり、そして少し冷たい。
秋の気配。

やはり、山の秋は早い。
お盆の頃には秋を感じ出す。
a0094280_10285354.jpg

たなびくタルチョと鐘。
この鐘が今日も何度も響くことだろう。
a0094280_1029147.jpg

陽が昇るにつれ、雲も徐々に上がり出してきた。
a0094280_10291065.jpg

僅かな陽射しでも、暖かくなってきた。
太陽の力は凄いとあらためて思う。

今回の目的の針ノ木谷の草刈り及び整備は、他のボランティア仲間の
先月の活躍により今回は不要との結論に昨晩至った。

今日も登山者がいっぱい小屋を訪れる。
なので、今日の俺は小屋のフロント的なお手伝いということになっていた。
が…。

朝食をいただいていたら、突然K氏が船窪岳第二ピーク方面に
草刈りに行くと言いだし、俺も突然行くことになった。
しかし、何の準備もしてない。
草刈り前に北葛岳方面にK氏らは整備に行くらしかったので、
その間に俺は準備をしておくことになった。

準備をして小屋周りの作業をしていると、北葛岳方面に作業に行った
Iさんが下山の為に帰ってきた。
入れ替わりで草刈り機を担いで俺は船窪岳方面へ。

足場が悪かったり、頭上に障害物がある危険箇所を草刈り機を担いで
通過するのは大変だったが、悪戦苦闘しながらもなんとか
この日の作業を終了。
夕闇迫る中、小屋に無事に着いた。
夏の間の重要な小屋の作業の一つが終わった気がした。
[PR]
Commented by よしくに at 2016-10-21 07:38 x
よく整備された道を歩くと、汗を流してくださってる方々に頭が下がります
今年こそと思っていたけど・・・
寅次郎さんたちの愛する道にたどり着けませんでした
それどころか、日々アマゾンに追われて街中を走るのみ
秋山が恋しいです

日が短くなり、ランプの明かり、癒されますね~
Commented by torajiro-joshu at 2016-10-31 21:05
★よしくにさん、こんにちは。
せっかくコメントいただいたのに、レス遅れ、失礼しました。

今年の夏も忙しかったようですね。
来年こそ、のんびり夏山を楽しめるといいですね。

機会あらば、来年こそ船窪小屋に是非!
by torajiro-joshu | 2016-08-14 23:59 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu