寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

ぼくの夏休み 〜船窪小屋四泊五日の日記〜(1日目)

今年の夏休み、どこの山に行こうか、ぼくはとても迷いました。

日本海から上高地まででまだ歩いたことない栂海新道や、
烏帽子〜南真砂分岐を歩くことを中心に、その近くの山々を
歩くのもいいかなぁなんて思いました。

けれど、お盆の間に企画されてる、船窪小屋ボランティアの
道しるべの会による針ノ木谷古道の草刈りにあまり多くの
会員が集まらないらしいときいたので、自分の山歩きの計画も
特別具体化してなかったこともあり、そちらに参加し、
船窪小屋で過ごすことに決めました。




最初は、夏休みにいつから入れるかわからなかったので、
14〜16日で参加しますと、船窪小屋のお母さんに伝えました。

そしたら、思ってたより早く、12日から夏休みになったので、
電車で12日に扇沢から入って、その日は針ノ木小屋に泊まり、
13日に船窪小屋に行こうと思いました。

そんなところに、お友達の麦酒さんからメールをもらいました。
麦酒さんは船窪小屋に12日に泊まることにしたと。

それならばと、ちょっと図々しいかなと思ったけれど、
麦酒さんに、もし群馬を通って七倉に行くならば、
どこか麦酒さんの都合のいい場所でぼくを拾っていって
くれないかとお願いしました。

麦酒さんは快い返事をくれました。

11日の夜、ある場所で待ち合わせ。
ぼくの勘違いで、ちょっとうまくは会えなかったけど、
なんとか会うことができ、麦酒さんの車で七倉まで向かいました。

麦酒さんの運転なので、ぼくは楽チンでした。
麦酒さん、ありがとう。

真っ暗な中、七倉に着いて、車の中で少し寝ました。

翌朝、麦酒さんとぼくは船窪小屋に向けて、
一緒に歩き始めました。

いきなりの急坂に、麦酒さんもちょっとびっくりしたようでした。

そういえば、麦酒さんと会ったのはいつ以来だったのだろう?

3年前の秋だった気もします。
随分前だなぁと思いました。

けれども、二人して楽しく話ながら、登っていきます。
山のお友達っていいなぁと思いました。

いつもは独りで歩く道も、こうしてひとと歩くと新鮮な感じがしました。

あれこれと、景色のいい場所とかを麦酒さんに紹介しながら、
一緒に登ります。

麦酒さんもその景色をみて喜んでくれたので、
ぼくもちょっぴり嬉しくなりました。
a0094280_8515910.jpg

鼻付八丁の急なハシゴをのぼる麦酒さん。
a0094280_852343.jpg

天気は崩れ加減の予報でしたが、稜線の近くに出た時には、
北葛や蓮華もよく見えてました。
a0094280_8521049.jpg

天狗の庭までやってきました。

槍や穂高、裏銀の山々が今回もよく見えました。
a0094280_8521645.jpg

裏銀の稜線の向こうには、水晶や赤牛も見えてました。

この景色が見られて良かった!

これをお友達の麦酒さんにも見てもらいたかったので、
本当に良かったです。

麦酒さんもこれを見て、感動してたようです。

槍や穂高みたいに有名じゃないけど、ここからの景色は本当に
とても良くて、ぼくはたくさんのお友達にこれを見てほしいと思ってます。
a0094280_8522217.jpg

お花畑を麦酒さんが歩いていきます。

けれど、もうあんまり多くの花は咲いてませんでした。
山はもう秋に近付いているのかもしれなかったです。

小屋に着くと、予定より早く入ったぼくを、
いつものみんなが笑顔で迎えてくれました。

そして、この日はたまたまイラストレーターの鈴木みきさんがいました。
とても気さくで綺麗な女の人でした。

ぼくはみんなと一緒に写真を撮ってもらいました。
今度会えそうな時には本を持ってくるから、サインしてね!
とお願いしました。

鈴木みきさんと、道しるべの会のMさんが下山した後、
小屋は結構忙しくなりました。
ぼくは着替えて、ブースカの前掛けもして、お手伝いをしました。

麦酒さんは麦酒さんで、小屋で楽しく過ごしていたようです。

夕食の後、船窪小屋ではお茶会をすることが多いです。
この日もお茶会がありました。

そこで、この日…。

ぼくは本当は人前に出るのも好きじゃないし、
人前で話すのも好きじゃないです。

けれど…。

初めてお茶会の司会の役がまわってきました。

いつもは会長さん達の司会をぼんやりきいてるだけだったので、
それをちょっと後悔しました。

けれど、今更後悔したって遅いです。
何を話していいのかわからなかったけど、
頑張って一生懸命やりました。

この日も前回と同じでフロント的な仕事や販売的な仕事もしたけど、
なんと言っても、お茶会の司会が一番疲れました。

明日はもう司会はやらなくて大丈夫だろうなぁ。
年上の人も来るし。

ぼくはホッとした気持ちで布団にもぐり込みました。



[コースタイム]
七倉(-/6:03)〜ベンチ(6:52/6:55)〜鼻付八丁(8:55)〜
天狗の庭(10:19/10:51)〜船窪小屋(11:40/-)
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-12 23:59 | 山歩き | Comments(0)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu