寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

2週連続船窪小屋(1日目)

金曜の昼間、手伝いの手は必要か否かを小屋に
たずねてみると、
他にボランティア仲間が来てくれるので大丈夫との回答。
ならば、自分の山歩きにいこうと思って、夕方色々検討してると、
船窪のお母さんから電話。
昼間お父さんが断ったみたいだけど、急に予約が増えて手が足らなく
なってしまったので、もし予定がなかったのなら手伝いに来てほしいとのこと。
山行計画に具体性もなかったし、忙しいからこそヘルプがあったと思い、
急いで荷物をまとめ、七倉に向かう。

前回来たのは、つい先日。
日曜に来て、月曜に帰った。

あれから一週間も経ってないのに、空気が入れ替わった感じ。
山は下界より一足早く、夏から秋へと移ろいつつあるのを感じた。
a0094280_8453088.jpg

いつもの天狗の庭から眺める空は、やはり、幾分秋に近付いてる気がした。



小屋に着くと、いつもの笑顔があった。

やはり、船窪小屋はいい。
帰れる場所といった感じ。

イヤなこと、辛いことがあっても、ここに来ればいつもみんなの
笑顔があって、気持ちを新たにできる気がする。

ボランティアとして小屋の手伝いに山に上がってると
他人はみるかもしれないけど、実際のところは、
小屋に行って、自分の方が元気の手助けをして
もらってるのかもしれない。
a0094280_845379.jpg

あんまり有名でないかもしれないけど、
小屋の窓からはこんな景色も見られる。
a0094280_1645241.jpg

手伝いの合間に空を見上げれば、夏と秋が同居するような空。

この日は忙しく、夕食は三回戦。

ということは、それだけお客さんが多いわけで、
この日は、今までやることのなかったドリンクの販売や
宿帳記入のお願い、会計などフロント的な仕事もした。

金銭の扱いはより神経を使うので、なれないこともあるし、
この日はいつも以上に疲れた。
a0094280_8454338.jpg

夕暮れ時、外に出る。
五色方面に陽が沈む。
a0094280_8454972.jpg

少し焼けていた。

この日、ボランティアの船窪男衆はテントで寝た。
なれないことばかりで、正直大変だったけど、
疲れてるせいか、すぐに寝られた。



[コースタイム]
七倉(-/6:08)〜ベンチ(6:41)〜唐沢のぞき(7:00)〜
岩小舎(7:16/7:26)〜天狗の庭(8:24/8:45)〜船窪小屋(9:07/-)
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-08 23:59 | 山歩き | Comments(0)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu