寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

船窪小屋 2015 盛夏(1日目)

たまたま月曜に休みがとれたので、今シーズン営業開始後
初めて、船窪小屋に行くことにする。

歩き出し、少し暑い。
けれど、真夏だ。
こんなもんだろう。
地元の伊勢崎から比べれば、天国のような涼しさ。
贅沢は言ってられない。

今年に入り、ロクにトレーニングもしてない。
山にも登っていない。
いきなりの急登が堪える。

いつもの休憩場所の岩小舎で一本とる。

そこからまたかなり急な斜面となり、鼻付八丁へ。
a0094280_8334323.jpg

鼻付八丁を越えると、樹間から槍〜穂が顔を出した。



梅雨明け10日。
快晴なり。
a0094280_8335211.jpg

天狗の庭に出れば、いつもの絶景。
何度見ても、感嘆の声が出る。
a0094280_8335837.jpg

裏銀の山々も綺麗。

烏帽子〜南真砂分岐は歩いていない。
いつかは歩かねば…。
a0094280_834672.jpg

お花畑にゆくと、ウサギギクが咲いていた。
a0094280_8341416.jpg

チングルマは既に穂になっていたが、それを補うかのように、
何種類もの花が楽しそうに咲いていた。
a0094280_8342218.jpg

小屋のそばまで来ると、コマクサが斜面にいっぱい咲いていた。

小屋に着くと、いつものお茶に加えて、
今回初めてお会いするボランティア仲間のみゆきさんが
お茶を点てて下さった。
2500mの山小屋でのお茶、結構なお手前でした。
ごちそうさまでした。

休んでいると、船窪男衆が水汲みから帰ってきた。
丹沢の鍋割山荘勤務だという渡邊さんも。

彼等が屋根上に上げて干しておいた布団を昼食後に下ろす。

布団干し、先日マナスル山荘でやりましたが、案外大変です。
ここ船窪小屋で上げるのは、おそらく梯子利用なので
大変だったでしょう。

フカフカになった布団を取り込み、みんなで畳んで、
室内にそなえます。

そういった作業を終えると、結構いい時間。
日曜なのでパラパラとボランティア仲間が下山していきます。

この日は野外作業ばかりでなく、フロント的な仕事も少し…。
普段接客的な仕事をしているわけではないので、
ちょいとぎこちなかったかもしれません。

夏雲湧くものの、この日は終日良い天気。
a0094280_8343714.jpg

立山、劔方面もバッチリ!
a0094280_8344330.jpg

七倉ダムも眼下に見通せます。
a0094280_8344988.jpg

夕方近くになっても、ずっと穏やかな、良い一日でした。

この日まわってくるんじゃないかとキモを冷やしていたお茶会の司会は、
みゆきさんが自発的にやって下さり、助かりました。
さすが、お茶の先生!
話も上手かった。

それにしても、久々の本格的登山で、七倉尾根の急登は堪えました。



[コースタイム]
七倉(-/6:20)〜ベンチ(6:56)〜唐沢のぞき(7:18)〜
岩小舎(7:36/7:49)〜天狗の庭(8:59/9:17)〜船窪小屋(9:43/-)
[PR]
by torajiro-joshu | 2015-08-02 23:59 | 山歩き | Comments(0)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu