寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

アヤメ平 2015 新緑をみに…。

a0094280_16281971.jpg

雲上の楽園に行こう!



ここ最近の拷問のようなハードな仕事で、
体は疲れてるわ、重いわ、痛いわの三重苦。

けれど、朝起きてみれば、なかなかいい天気。
これは山歩きに行くしかなかろう。

もうすぐ梅雨入りするだろうし、
もしかしたら、梅雨入り前、今日が最後の休日となるだろうから…。

重い体を引きずっても行くしかない!
急いで準備して、尾瀬へと向かった。

鳩待峠へ向かうハイカーが異常に多いようで、
坂の途中の駐車場は満車状態。
スキー場の駐車場もかなり埋まっていた。

そんな車を横目に冨士見下へ。
いつもより多く車が停まっていたが、
あの激混みからすれば大したことない。
静かな山歩きが楽しめるだろう。

支度して、先ずは冨士見峠へと歩き出す。

陽射しはなかなか強いものの、空気はひんやり。
木漏れ日の林道を静かに独り歩く。

冨士見峠まで6km強。
しかも、登山道というよりは林道。
それが原因なのかよくわからないが、相変わらず、
ここは登山者が少ない。

まぁ、誰もが思い浮かべるミズバショウの花咲く尾瀬という
イメージとはちょっとかけ離れたルートではあるが、
とても静かで、個人的にはお気に入りのルートである。
a0094280_1628303.jpg

新緑の林道を抜けると、アヤメ平の辺りが見えてきた。

新緑が本当に眩しい。
そして、その理由にもなっているのだろうが、
登山道脇の残雪が昨年よりも少ない気がする。

途中、元休憩所のところで、おいしい水で喉を潤す。
冷たくてウマい!
a0094280_16283869.jpg

約一年ぶりの冨士見小屋。

小屋のおやっさんと奥さんに挨拶。
一年ぶりだったが、今度は覚えてくれていたようだ。

群馬の高校山岳部出身で還暦前の人間ならほとんどお世話に
なったであろう、冨士見小屋。
今年もリーダー講習会と称して、群馬の高校山岳部の生徒を
迎え入れてくれたようだ。

ここで俺も雪山の歩行技術やら何やらを学ばせてもらった。
しっかり身に付いているとは言えないかもしれないが、
あの経験が少しは生きているであろう。

リーダー講習会は今年で45回目だったそうだ。
その歴史の中で、多くの山好きや日本でも有数のアルピニストが
羽ばたいていった。

そんな機会を与えてくれている冨士見小屋のおやっさん、
奥さんには今も感謝である。

昼食に小屋でカレーうどんを注文。
空いていた腹にしみた。
おいしくいただき、アヤメ平へと向かう。
a0094280_16284670.jpg

青空へと続く道!?(すみません。題名パクリました。笑)
それに、青空ではないですね…。
雲多くなってきたし…。

アヤメ平手前の、崖の上に位置するような木道は、
いつ歩いても気持ちいい。
a0094280_16285721.jpg

アヤメ平

相変わらず、静か。
俺の他には、先客の登山者が一人いるのみだった。
a0094280_1629510.jpg

湿原の向こう、目の高さで至仏山が見える。
a0094280_16291541.jpg

だ〜れも歩いていない。(笑)
尾瀬ヶ原はとんでもなく混んでるらしいのに…。
a0094280_1629247.jpg

振り返れば、燧ヶ岳も目の高さに…。
こちらもだ〜れも歩いていない。(笑)

本当のところ、一時間くらいのアヤメ平滞在時には
十数人ほどの人とはすれ違っています。
けど、この、尾瀬の最盛期にこんなですから、
本当に静かな山歩きが楽しめるでしょう。
a0094280_16293343.jpg

燧ヶ岳の左肩には、吾妻連峰!?が見えた。

生憎富士山は見えなかったけれど、北の方はそこそこ展望が得られた。

ミズバショウこそ咲いてはいないものの、アヤメ平では多くの
高山植物を見ることができた。

アヤメ平では渋川市から来たという登山者の方と話をする。
冨士見下から入って、尾瀬ヶ原〜山ノ鼻〜鳩待峠と廻って
アヤメ平まで来たらしい。
30kmの行程とか。
いや〜!長いな〜!

登山者の方の話では、やはり、尾瀬ヶ原は人で溢れ、
とんでもないことになっていたらしかった。

やはり、この時期、尾瀬ヶ原には余計行く気にはならないよなぁ…。
a0094280_16294355.jpg

ショウジョウバカマ
a0094280_1629505.jpg

チングルマ
a0094280_16295791.jpg

イワカガミとチングルマ
a0094280_1630772.jpg

タテヤマリンドウとヒメシャクナゲ?
a0094280_16301986.jpg

馬洗渕!?俯瞰。
a0094280_1631819.jpg

冨士見田代に咲いていたミズバショウ

冨士見小屋まで戻り、おやっさんに挨拶し、下山する。

登りの時も見たが、林道でもたまに花を見かけた。
a0094280_16314588.jpg

オオカメノキ?
a0094280_16321564.jpg

ミネザクラ
a0094280_16323479.jpg

ムラサキヤシオ?
a0094280_16325195.jpg

タムシバ?
a0094280_1633832.jpg

駐車場まであと少しというところで、ニホンジカと遭遇。

尾瀬では初めて鹿を見た。
なかなか可愛かった。

駐車場で帰り支度をしていると、渋川の登山者の方が…。
暫し話をして、どこかの山での再会を誓い、帰路についた。



[コースタイム]
冨士見下駐車場(-/10:23)〜十二曲がり(10:40)〜田代原(10:53)〜
馬洗渕(11:03)〜元休憩所(11:13)〜冨士見小屋(11:44/12:25)〜
アヤメ平(12:42/13:36)〜冨士見小屋(13:48/13:52)〜
元休憩所(14:16)〜田代原(14:32)〜冨士見下駐車場(14:53/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2015-06-10 07:07 x
私もちょうど一年前に行ったので、懐かしかったです
程よく雲が浮かぶ青空のもと、静かな楽園、いいですね~
また行きたくなりました
こちらもシカが増えてるのかな?
かわいいけど、シカの被害はひどいようですね
みんなで鹿肉食べよう!!(笑)
月曜日、谷川の帰り,酵素砕け散って日光を超えてるとき
いきなり目の前に白いものがの上下運動
一瞬なんだかわからずブレーキ 鹿のお尻でした
数十メートルほど先行され,ガードレールを越えて逃げてくれましたが、笑っちゃいました
でも、もう少し早かったら激突してたかもと、怖くもありました
Commented by torajiro-joshu at 2015-06-10 22:00
★よしくにさん、こんにちは。
アヤメ平、静かで、とてもいいところですよね。

尾瀬も鹿の食害が出てるとか聞いたことあります。
実際増えてるんでしょうね。

よしくにさん、鹿との交通事故を回避できて良かったですね。
鹿にも人間にも嬉しくない衝突ですからね。
Commented by けいたん at 2015-06-12 07:51 x
アヤメ平素敵ですね(*'▽'*)
私には鳩待峠からの尾瀬ヶ原のイメージが強すぎて…ぜひ行ってみたくなりました!!
新緑にお花に鹿に~盛り沢山の遥かなアヤメ平♪に通勤電車に揺られながら、想いをつのらせておりました!(笑)

関東は梅雨入りしましたね~ちなみにこちらはまだ発表ないですが、梅雨っぽい気候ですよ。
毎日ハードワークのご様子ですが、お互いに体調崩さないように、夏山に向けて梅雨明けを待ちましょう(^_^)/~
Commented by torajiro-joshu at 2015-06-12 19:49
★けいたんさん、こんにちは。
アヤメ平、いいとこですよ〜!
鳩待峠から下って尾瀬ヶ原に行かずに、登ってアヤメ平に是非!(笑)
って、そちらから鳩待峠にアプローチはなかなかツラいですよね。(汗)
奥只見の方から入って、三条ノ滝を見て、尾瀬ヶ原をちょこっと
見てから冨士見小屋、アヤメ平なんてどうでしょう?
せめて一泊しなきゃかなと思われますが…。

そちらは未だ梅雨入りしてないんでしたっけ!?
そっか〜!関東よりは遅いですもんね。

体調ご心配いただき、ありがとうございます。
少しは楽になったものの、相変わらずキツいですが、
適度に体を休ませて体調を整えてます。
少し体力が落ちたかもしれませんが…。

けいたんさんも体調を崩さないで下さいね。
夏山を目一杯楽しみましょう!
by torajiro-joshu | 2015-06-07 23:59 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu