寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

夏の終わりの船窪小屋に…。(2日目)

朝起きると曇天。
でも、ビミョーに天気はもちそうな感じ。

今回のボランティアは少人数なので、配膳にもしっかり関わる。
小鉢や皿、茶碗の置き方を覚えるのが案外難しい。

それでも、スタッフの智くんの並べたのを真似て、
なんとか並べてゆく。






お客さんを送り出し、寛いでいると、なんやら足音が…。
気のせいかと思ったら、果たして、それは道しるべの会が誇る、
鬼脚中の鬼脚のHさんであった。

Hさん、日帰りで船窪小屋に来た。
シーズン中、毎週登ってきては、ボランティア作業している。

いくら七倉までそう遠くないところに住んでるとはいえ、
頭が下がる。

道普請のリーダーとも言っていい、Hさんが来たので、
一緒に作業にゆく。

今回は、キャンプ場上の、新しくなった階段の補強工事。
杭を打ち込みにゆく。
a0094280_16314854.jpg

階段まで来ました。

煙った雰囲気だが、雨は降っていない。
涼しくて、作業するにはいい感じ。

二人で作業を始めようとすると、上から人が…。
スタッフの智くんだった。

三人で作業開始。
固い地面というか、岩混じりの土砂の中に杭を打ち込んでゆく。

大ハンマーで力任せに叩いても、
これが固くて、なかなか打ち込めない…。

けれど、これは補強の杭。
何本かで済む。

補強ではなく、構造の主役となる杭を何本も打ち込んだ
人間がいるというのは紛うこと無き事実。

そういった作業をしたボランティアやスタッフには
本当に頭が下がる。

杭を打ち込んだり、長い杭はカッターで切除したり…。
機械が使えないので人力頼り。

結構、重労働。

作業途中、道しるべのMさんが水汲みに行くので通った。
相変わらずの楽しいトークで、みんなを笑わせてくれる。

杭を打つ音と自分らの声以外聞こえない。
辺りは白いまんま。
静かな作業現場。
a0094280_16315427.jpg

それでも、時折青空が見え、針ノ木の肩も見えた。

龍王、鬼、獅子はさすがに見えなかったけど…。

少し心が和んだ。
a0094280_1632036.jpg

日本山岳遺産基金の、船窪小屋 道しるべの会のステッカーをパチリ。

階段始め、この基金からのお金をもとに新しくなった構造物に、
このステッカーが貼られていると思う。

あっ!俺の車にも貼らきゃ!
それには何の援助も受けてないけどね…。
a0094280_1632595.jpg

小屋に戻る。

相変わらず、天気は良くないものの、悪いというほどでもない。

天気予報の悪天予報からすれば、儲けもんみたいな天気。
雨も降らず、カッパも着ずに過ごせれば、それは御の字だろう。

昼食を摂った後、下山することにする。

今回はHさんも早めに下山するということで、一緒に…。

このHさん、物凄いという形容がぴったりの鬼脚!
俺と同い年だが、本当に凄い!
七倉尾根をほぼ1時間で下るんだから、バケモンというか、
真性のヘンタイである。

七倉尾根を1時間で下ることの物凄さは、
そこを下ってみればわかるだろう。

本当に、超人的なタイムである。

もちろん、登りもめっちゃ速い!

俺が凄いと心から思う登山者の一人。
a0094280_16321230.jpg

天狗の庭はまたも真っ白な中…。

天狗の庭まで下りてきていた、スタッフの智くんと、
珍しく記念写真をパチリ。

俺、あんまり記念写真は撮らないんだけど…。

智くんも、船窪小屋関係の、鬼脚の一人。
一見クールだけど、根は熱い、ナイス・ガイ。

船窪小屋の関係者は、本当に魅力的な人が多い。
彼等以外にも、今回一緒だったMさんもそうだし、
今回は一緒でない人もみんな…。

道しるべの会に入って、本当に良かったと思う。

山への関わり方が広がったし、
いつも心にある船窪小屋が、
他の山に行っても船窪Tシャツを着ていることが多いから
というのがあるからかもしれないけど、それが話題になって、
他の登山者とトークのきっかけになること多い。

そういう意味で、予期せぬ広がりも見せているのである。

入会前は、船窪小屋の半径数kmでの活動と思っていたけど、
他のアルプスの山でも、地元の山でも、
知り合いとのトークの中でも船窪小屋の話題になったりする。

船窪小屋周辺にいれば、現地ならでは活動をするし、
そこを離れれば、宣伝マンみたいな活動を自らしてる。

2年前には、そんな自分の姿なんて思いもしなかった。
なんか不思議な感じ。

でも、本当に入会してよかったと思う。
素晴らしい小屋、素晴らしい仲間に出逢えてよかったと思う。

さて、そこで智くんに見送られ、再会の約束をし、
鬼脚のHさんと、のんびり下山。

何事もなく無事に…と言いたいとこだが、
七倉の駐車場を目前にして、車道に出る前に、
倒木の上に二匹で絡み合ったヘビを発見!
俺は涙目になりそうになったのであった。

いきなり飛び上がった俺をみて、Hさんもびっくりしたらしい。

Hさん、ごめん。
俺、ヘビが大の苦手なんだわ…。

終わりがなんとなくイヤな感じで終わってしまったけれど、
雨に降られカッパを着るなんてこともなく、
夏の終わりに、楽しい山行ができてよかった。



[コースタイム]
船窪小屋(-/13:07)〜天狗の庭(13:27/13:30)〜
岩小舎(14:21/14:27)〜七倉(15:35/-)
[PR]
Commented by ゆな at 2014-10-04 11:08 x
二年前はこんな立派な階段なくて、梯子だったよね?
下りやすくなっててよかったよー( ´ ▽ ` )ノ
ありがたいねーっ
Commented by torajiro-joshu at 2014-10-05 07:08
★ゆなちゃん、こんにちは。
そう、木の梯子だったよね。
でも、今は、こんな立派な階段になった。

道しるべの仲間が頑張ったからね。
俺はほとんど何もしてないんだけど…。(汗)

また歩きにきてね〜っ!
by torajiro-joshu | 2014-08-31 23:59 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu