寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

裏劔 4日目(仙人池ヒュッテ〜阿曽原温泉)

真夜中、目が覚める。
その度、星が出てたり、風が出てたり、雨が降っていたりと、
目まぐるしく外の様子が変わる。

明日は、仙人池ヒュッテを立ち、下山方向へ…。

当初は祖母谷まで行こうと思っていたが、
仙人池ヒュッテのスタッフみなさん全員が
阿曽原温泉を強く薦めるので、
そこに泊まることにする。

ならば、今日の行程は短い。
のんびり出ればいいやと思う。

とはいえ、めまぐるしく変わる、「明日の天気予報」…。
昨日の、「明日の天気予報」も見事に外れたし、
取り敢えず、安全策を取り、予報による雨の降り出しよりも
早く阿曽原温泉に着くよう出発しよう。

目を瞑りながらも、そんなこと考えていた。

それにしても…。

少年の頃、夏休みが終わる前日に感じていたような寂しさに
似た感情が、俺の胸に去来する。

あ〜あ、もう下山か…。
未だ家には帰らないけど…。

好天ならば、もう一日泊まってもいいな!
と思えるくらい、仙人池、仙人池ヒュッテはいいとこだった。
a0094280_13405297.jpg

朝が来て、窓を見ると…、
おお!なんかイイ感じ!
外は絶対イイ筈!

急いで外に飛び出た!



a0094280_1341190.jpg

後立山方面が焼けつつある。

こりゃ、いいぞ!
あくまでも、景色が…だが…。
a0094280_13412364.jpg

八峰もほんのり…。

そして…、
a0094280_13413068.jpg

徐々に焼けてくる!

うわ〜!綺麗!

思わず、声に出る。
a0094280_1341352.jpg

アンダー目に撮ってみる。

俺的には、こういう写真の方が好みだ。(笑)

後立山の方が凄いことになってる!
そんな声を耳にし、そっちの方を見に…。
a0094280_13414130.jpg

うわ〜!すげ〜!

めっちゃ綺麗に焼けてる〜!

今度は、その光を受け、八峰が…。
a0094280_1341492.jpg

いい色に染まってきた〜!
a0094280_13415544.jpg

そして、焼けてきた〜!

オレンジ色が眩しい!

すんごい朝焼けのショーだった!

この間、僅か数分だったろう。
いいものを見せてもらった!

しかし…。
冷静に考えれば、朝焼けは、天気の崩れる前兆であり、
今日は確実に天候悪化だな…。
a0094280_13415945.jpg

月と八峰。

朝焼けショーは終わったが、それでも、次の、
朝の光を浴びた八峰も、これまた綺麗!
a0094280_1342574.jpg

段々朝がやってくる。
光がすっかり朝のものとなった。

天候悪化するだろうとはいえ、阿曽原温泉に12時に着けば、
まぁ、雨は大丈夫だろうと思い、朝食をいただいたあと、
少しのんびりして、仙人池での時間を楽しむ。

のんびりしてると、小屋主の正博さんが、
意外に早く崩れそうだよ!と言うので、
では、ということで、名残惜しい気持ちを抱えつつも
阿曽原温泉に向け、出発することにする。

記念にスタッフのみなさんと一緒に写真を撮る。

基本、山に行っても、単独行が多いといこともあるけど、
俺は自分の写真を撮らない。
だから、普段の俺はどうだかはわからんけど、
今回みなさんと一緒に写った俺は、とても楽しそうだった。

またいつか来ることをみなさんに告げ、
阿曽原温泉へと下りてゆく。
a0094280_13421567.jpg

歩いて少しで、いきなり雪渓が現れる。

そこを巻いたり、トラバースしたりして、先ずは仙人温泉へと向かう。

近いだろうと思っていたけど、実際歩いてみると、
思ったより遠かった。
a0094280_13422240.jpg

仙人温泉小屋。

ここの温泉もいつか入ってみたいと思う。
けれど、多分入るだけだなぁ。

俺にとっては、仙人池ヒュッテが、定宿になりそうだから…。
山仲間の舞子さんがそこにいなくなっても、正博さんや脇さんがいるし、
また常連さんとも会いたいし…。

小屋からは一旦下り、登り返す。
a0094280_13422942.jpg

すると、源泉が、登山道のすぐ上に…。

この先で、仙人池ヒュッテで一緒だった登山者二人に追い付く。

道を譲ってもらい、少し行くと…!

うわっ!
へ、ヘビ!
マムシやん、多分!

俺は、近くに落ちていた棒を拾い、
それでヘビを道脇にどかした…。

やだな〜!
ヘビが多いとは聞いていたけど…。

気を取り直して…。

うっ、うわっ!
またまたヘビ!
またもマムシやん!
石の上でトグロ巻いてるやん。

僅か一分ばかりの間に、二匹のマムシと遭遇…。

おそろしい…。

この時、今山行で一番心が折れそうになったと思う。
熊フン遭遇よりも、水平歩道よりも、雪渓歩きよりも、
何よりもコワかった…。(涙)

今度は、トグロを巻いていたので、棒に頼らず、
すぐ脇をジャンプして通過した。

この時の俺は、カール・ルイスばりの跳躍を見せ…っこないがな!
でも、とにかく、結構跳んだ筈だ。

折れそうになった心の中、もうヘビに遭わないよう祈る。
a0094280_13423785.jpg

「温泉のぞき」!?より。

たしかに仙人温泉が見えるけど、風呂に入ってるのが見えないのかな?
大丈夫なんでしょうか?

ヘビとの遭遇がイヤで、休まずに阿曽原に向かう。
a0094280_1342441.jpg

途中、どんどん雲が暑くなってくる。

遂にポツポツきたが、俄雨っぽい。
ちょっと雨宿りしたら、すぐやんだ。

急だとか、阿曽原温泉まで遠くなったとか、
あまりいい評判をきかない雲切新道。

けれど、個人的感想を言わせてもらえるなら、
よくぞここに道を拓いたな!という、尊敬に近い思いと、
案外悪くないじゃん!という思いを抱いた。

どこかで歩いた道に似てる!と思って、よく考えたら、
表妙義の稜線に取り付くルートに似ている気がした。
長さは全然違うけど…。
a0094280_13455763.jpg

なんだか人工物が見えてきて、ダムが近いことを感じさせる。

高熱隧道の手前10分くらいのとこまで来て、雨が本格的に落ちてきた。

雨宿り10分ほどするもの、当然やまず。

とりあえず、隧道までカッパも着ないで歩く。
a0094280_13464399.jpg

隧道内のトロッコ駅舎近くで…。

隧道内で暫く雨が弱くなるのを待った。
けれど、全然弱くならないので、意を決し、カッパを着て
阿曽原温泉に向かう。

結局、阿曽原に着いてもやむことはなく、それなら
さっさとカッパを着て、いち早く温泉に向かうべきだったと、
阿曽原に着いてから、ちょっと後悔した。

隧道は本当に熱があって、モワッとしていた。
雨で濡れた身には暖かく、スチーム・サウナみたいだったけど、
そのあたたかさがちょっと有難かった。

人見平の宿舎を越えると、100mほどの登り返し。
ここをしのいで、少し下ると、阿曽原温泉!

受付時に、仙人池ヒュッテからのメッセージを伝える。

小屋の人同士、仲が良さそうな感じ。

阿曽原のおやっさん、ちょっとぶっきらぼうな感じもするけど、
結構いい人って感じだった。

残念ながら、雨の中の到着で慌ただしく、小屋の写真はない。
そして、なぜかピンボケで、夕食の写真もないが、
この小屋の夕食もとてもウマかった!
そして、一人に一杯ついたカレーもとてもウマかった!
また、あのカレー食べたい!

小屋に着いた後、本日一番乗りの登山者と乾燥室で衣類を乾かす。

そうこうしてると、おやっさんが、「風呂に入るなら今がいいぞ!」
と呼びにきてくれた。

なので、登山者の人と一緒に温泉まで下ってゆく。
a0094280_13471282.jpg

温泉は俺ら二人の貸し切り状態。
a0094280_1347468.jpg

着替え場所ともなっている高熱隧道の奥…。

やはり、すごく熱そう…。
a0094280_13492382.jpg

雨の中を、傘をさして、ゆっくりつかる。

熱めの湯だったけど、いい湯だった。

欲を言えば、晴れていれば…。

夕食は、本当にウマかった。

そして、夕食前に軽く飲んだのだが、
劔沢小屋と仙人池ヒュッテで御一緒した4人パーティ
と一緒のテーブルだった。

話をしていて気付いたのだが、その中の一人のおやっさん、
知る人ぞ知る超有名な人で、そのバイタリティー溢れる話を
たくさん聞かせてもらい、とても楽しかった。

夕食後は、雲切新道を拓く時のビデオ上映会、
これまた楽しかった。

雨は強くなったり弱くなったりを繰り返していた。
明日の予報は朝から雨…。

最終日雨かぁと、気が重くなりながらも、
曇ってくれるのではないかと一縷の望みを抱きつつ、
布団にもぐり込んだ。



[コースタイム]
仙人池ヒュッテ(-/7:22)〜1950m付近(7:34/7:40)〜
仙人温泉(8:16/8:21)〜尾根頂上(8:40)〜1500m付近(8:50/8:55)〜
965m付近(9:35/9:45)〜仙人谷ダム(9:53)〜高熱隧道(9:55/10:35)〜
阿曽原温泉(11:11/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2014-08-22 06:37 x
素晴らしいモーニングショーでしたね
天気が崩れる前、回復の前 劇的なショーになるんですよね
其れを求めて台風の前に山に入る写真家もいると聞きます
ほんの数分間でしょうけど、興奮したでしょう
そのほんの少しを、見せていただき、分けていただきました
ありがとうございます

憧れの温泉だけど、行けるだろうか?
もちろんン、自分で行くと決めない限りいけないのだが
今までの工程を読ませていただいて
急な設計あり、不明瞭な場所ありで
単独で歩く自信がちょっぴり揺らんでいるのも事実で
改めて、寅次郎さんすごいな~と思います
Commented by ゆな at 2014-08-22 19:22 x
ビデオ上映会とかあるんや!
楽しそうやなぁ…ここも泊まりたくなってきたw
どーしよー

夕食写真見たかったぁ…(´・ω・`)
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-22 20:03
★よしくにさん、みたびこんにちは。
結局、天気は崩れましたが、見事な朝焼けと、
それに照らされた八峰を見られて、本当に良かったです!

このコース、ある程度歩きなれた登山者なら、
そんなに難しくない筈です。
雪渓歩きも、アイゼンあれば全く問題ないと思いますし、
二股手前も、道を見失ってからも注意深く道を探せば、
二股の橋が見つけられますし、仙人池から仙人温泉までにある雪渓も
なんとかなると思います。

よしくにさんも、この楽しいコース、是非歩いてみて下さい!
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-22 20:33
★ゆなちゃん、グレートだぜ!←なんやそれ!?(汗)
誰かがリクエストしたら、上映してくれた。
楽しかったよ〜!

夕食、良かったよ〜!
おかずの他に、カレーも付いたし…。
カレーも本当にウマかった〜!

写真は何故かブレブレで…。(涙)

とにかく、ここにも泊まってみて!
by torajiro-joshu | 2014-08-15 23:45 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu