「ほっ」と。キャンペーン

寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

裏劔 2日目(劔沢小屋〜仙人池ヒュッテ[池の平山往復]) 1/2

昨日午後からの天気を引き継いだかのように、
しっかりと晴れていた。
a0094280_13121646.jpg

八峰の向こう、天狗の大下りから不帰の嶮の稜線のシルエットが美しい。






今日は仙人池に向かう。
予定では、今日は仙人池までで、あとはのんびりと思っていた。

けれど、コロコロと予報が変わり、晴れるのは今日のみとか…。

なので、仙人池ヒュッテに荷物をデポし、荷物を軽くして
池の平山に行くことにする。

その割には、出発が遅いのだが…。
a0094280_13122186.jpg

本日の行動に備え、ワシワシと朝食をいただく。

ゴミを出さないように、普段なら食べない鮭の皮まで残さず食べる。
a0094280_13122824.jpg

劔が美しい!

けれど、今回は見るだけ。
a0094280_13134427.jpg

6時頃、劔沢を下ってゆく。

今回、山小屋に問い合わせてはいないが、色々調べた結果、
大丈夫だろうということで、アイゼン、ストック等は持ってきていない。

よっぽどガチガチじゃない限り、ちゃんと歩けると思ったからだ。
ただ、前日の劔沢小屋のスタッフのルート説明では、
平蔵谷と長次郎谷の間に急なところがあるというので、
それがちょっと気がかりだった。

けれども、結果的には、この時の雪渓の状況で、
自分程度の歩きができるなら、アイゼンもストックもいらないと感じた。
a0094280_13133422.jpg

八峰と雪渓。

大きな雪渓を下ってゆく。

雪渓歩きなんて、本当に久しぶり。
一体、いつ以来なんだろうか?

それにしても、景色が雄大で、日本離れしている感じ。

今回は仙人池がメインだが、この雪渓も歩けて、本当に良かったと思う。
a0094280_1315255.jpg

平蔵谷。

取り付く登山者の姿がチラホラ見える。
a0094280_1315109.jpg

長次郎谷。

右手は八峰。

こっちから見ると、かなりのヴォリューム!
a0094280_13151611.jpg

ナムの滝の手前。

ここがちょいと急だが、特別問題はなかった。
もっとも、転けたら、問題は生じるだろうけど…。

雪渓が崩壊し!?滝が出来ている。
そこは左岸の夏道を通るようにと、小屋の人に教わった。

滝が右岸側の谷から生じるものとばかり思い込んでいて、
一瞬そのまま下に下りそうになったが、おかしいと思い左手をみると、
左岸にしっかりと夏道ができていた。

そこを歩いてゆくと、真砂沢ヒュッテはすぐそこ。
a0094280_13152385.jpg

雪渓の先に、真砂沢ヒュッテが見える。

再び雪渓の上を歩こうとすると、雪渓の、
どちらかといえば右岸よりを歩いていたおじさんが、
滝が見えるのにも関わらず、どんどんまっすぐ突き進んでゆく。

どこ行くの?滝があるのに…。

おじさんを観察してると、左右も確認しないでひたすら真っ直ぐ
突き進むような感じだったので、まさかとは思ったが、
ここで強引に滝の脇をよじっていったりして事故を起こされては
後味が悪いので、大声で何度も呼びかけた。
そしたら、何度か目にやっと気付いてくれ、夏道をおしえてあげたら、
そっちの方にいった。

けれども、夏道の取り付きポイントが自分ではうまくみつけられないらしく、
その辺をウロウロしてたので、これまたおしえてあげた。

それにしても、見ていて、ちょっと不安になるようなおじさんだった。

真砂沢ヒュッテに着き、休憩がてら手ぬぐいを買おうとしたら、
売っていなかった…。

小屋のおやっさんにどこに行くか訊かれ、仙人池と答えたら、
その次はと訊かれ、欅平と答えた。

そしたら、仙人池から欅平は10時間以上かかるから、
気をつけてな!と言われた。

う〜む…。最終日は祖母谷までの予定だから、もっと長いや。
気をつけないとな。
天気はビミョーみたいだし…。

真砂沢ヒュッテから仙人池に向かう道は、案外ワイルド。
内蔵助小屋から内蔵助平に向かう道に雰囲気が似てる気がする。

道脇の草に付いた露でズボンを濡らしながら、黙々と歩いてゆく。
a0094280_13153020.jpg

なんだか面白い雲。

ちょっと秋っぽい。
a0094280_1315375.jpg

道端の岩も、花飾りをつけておしゃれしてた。(笑)
a0094280_13154338.jpg

どんどん道はワイルドになり、川の流れのすぐ上をへつるような場面も…。
a0094280_1315505.jpg

二股。

この二股の橋の手前が、ルートがちょっとわかり難い気がした。
ほんの少し迷いそうになったが、慎重に辺りを見回すと、
この橋が少し先に見えたので、それを目指して歩いてきた。

橋を渡れば、ここからは結構な登り。
a0094280_13155853.jpg

八峰を左手に見て、ほんのちょっとだけ三の窓雪渓方向に向かう。
すぐに右に折れ、仙人新道へ。

やはり、空がもう秋…!?
a0094280_1316546.jpg

三の窓雪渓、いや、正確には氷河ですね。
それを懐に抱いた八峰、カッコいいです!

これを見たかった!
a0094280_13184985.jpg

八峰の右手には池の平山。

このまま天気が良ければ、あのピークに今日行きます。

思っていたよりもキツい仙人新道を、大汗かきながら、
ひたすら登る。

いや〜、キツい!キツい!

けれど、左手に見る八峰が最高にカッコよくて、
たまに喚声をあげながら、しっかりと登る。

すると…、
a0094280_13191972.jpg

右手に、赤い屋根発見!
仙人池ヒュッテだ〜!

ずっとずっと来てみたかった仙人池が、もうすぐ。

ヒュッテの背後には、後立山の峰々がどっしりと構えている。

いやはや、でも、なんか意外!
勝手な想像で、仙人池ヒュッテは、なんとなく高天原っぽい感じの
ロケーションかと思っていたから…。

想像以上に、良い場所に位置している気がする。

早くヒュッテに行きたいという気持ちが、足を速めさす。
a0094280_13193786.jpg

振り返ると、中央左よりに針ノ木岳が…!
針ノ木岳、いつも船窪小屋から見てるけど、
反対側のこっちから見ても、カッコいい!

そして、その右手には、不動岳が…!

いつも船窪小屋から見る山々が、変わった姿で見られて、
ちょっぴり嬉しくなる。
a0094280_1320548.jpg

漸く仙人峠へ…。

ここまで来れば、仙人池ヒュッテは、あと15分ほど。
もう楽勝です。

綺麗な木道(これは阿曽原温泉のスタッフが作ったらしいと後で知ることとなる)を
歩いて、仙人池ヒュッテへ…。

ヒュッテに着くと、山仲間の舞子さんが出てきた。
鈴の音で客が来たのだと思ったら、俺だったと…。

久々の再会を喜ぶ。
小屋のスタッフにも軽く挨拶。

荷物を部屋に置いて、早速仙人池へ…!
a0094280_13202333.jpg

お〜!これが見たかった!
逆さ八峰の映る仙人池!

ここ数日天気悪かったので、この景色を見られるのはラッキーだと聞いた。
また、明日以降天気が崩れるらしいので、尚更ラッキーだったのかもしれない。

暫しこの景色を堪能した後、今日のうちに行っておいた方が良かろう
ということで、いらない荷物を小屋に置いて、池の平山まで
行ってくることにする。


2日目 2/2に続く。
[PR]
Commented by よしくに at 2014-08-22 06:11 x
素晴らしい写真、ありがとうございます
雪渓にギザギザ、かっこいいですね~
晴天に恵まれ、最後の写真なんbんか、うらやましい限りです
日頃の行いで、私とは雲泥の差だ(笑)
Commented by ゆな at 2014-08-22 18:49 x
13日はお盆中一番天気よかったね!
そんな日に行けるなんてうらやましい!!!
ワイルドって岩場とかも結構ある感じ?
仙人新道、寅でもきついってことはかなりの急登とか??
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-22 19:53
★よしくにさん、こんにちは。
いえいえ、こちらこそ、ご覧いただき、ありがとうございます。
本当に楽しいルートでした!

まぁ、「日頃の行い」、当然ですね!
四日目、五日目、見事に降られました…。
降られました…。
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-22 20:23
★ゆなちゃん、ありがとう!
そうだね!
13日が一番良かったね!

ワイルドってのは、ちょっとジャングル的な感じというか…。
草木が生い茂り、それに付いた露で、ズボンが濡れる感じ…。(笑)

仙人新道がどこからどこまでかよくわかんないんだけど、
二股から仙人池ヒュッテまでをいうなら、そこは案外良く
整備されてると思う。
結構急だけどね。
by torajiro-joshu | 2014-08-13 23:55 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu