寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

朝日岳〜雪倉岳(1日目) 2/2

それにしても、花の多い山域。
いろんな花が咲いている。
これ、なんて言う名前かなぁ?
これ、見たことある!なんて思いながら歩く。

漸くコルに出ると…、
a0094280_18115678.jpg

栂海新道の文字が!

来たー!といった感じ。
ここ数年来の目標である、日本海から上高地までを細切れながら繋ぐという
計画で、残された区間は、今回歩く予定の吹上のコル〜三国境、
烏帽子小屋〜南真砂分岐、そして、この栂海新道。
それだけに、栂海新道の文字をみただけで、ちょいとコーフン。

この道を歩いて、海まで出てみたい!
そんな思いを強くした。



a0094280_1812277.jpg

「ツガミ」の文字のある岩の先までみにいったが、
ゴール地点の親不知は、当然みえる筈もなかった…。
a0094280_18121066.jpg

静かなコルから、未踏の道に思いを馳せる。

しかし、その時間も本当は僅かばかり。
電波が入ったので、朝日小屋に、今更ながら予約の電話を入れる。

だが…、どういうわけか、繋がらない。
果たして、これは小屋側の電話に問題があったらしいと、
後で知ることとなる。

電話は半ば諦め、朝日岳へ。
a0094280_18121648.jpg

朝日岳頂上。

コルからは、コースタイムなんか全くあてにならないほど、
あっさり到着。
a0094280_18122314.jpg

素晴らしい眺め!
と言いたいとこだが、白馬方面は雲の中。
しかも、モクモクとした…。

朝日岳の方が電話は繋がり易いんじゃないか!?という淡い期待はすぐに消えた。
全く繋がらない。
なので、気持ちを入れ替え、なるべく早く小屋に着くことを目標とする。

山頂滞在もそこそこに、小屋に向かう。
a0094280_18122985.jpg

すると、また雷鳥が!

今度はちょっと大きい子供を連れていた。
中学生くらいか!?(笑)
(写真は、母雷鳥ですが…。)

のんびりする雷鳥親子の脇を通り、小屋へ。
a0094280_18123521.jpg

赤い屋根の小屋が、いい雰囲気です。
a0094280_18124161.jpg

小屋のすぐそばでは、チングルマの群生が!
a0094280_18124887.jpg

朝日小屋。

しっかりとした造りです。

到着してすぐ宿泊を申し込み。

予約の有無を訊かれたが、吹上のコルから電話してみたけど
繋がらなかったというと、それはこっちの電話が調子悪かったみたいと、
予約無しを全く咎められることなく、あっさり泊まれることになった。

泊まれないことはないと思っていたが、
予約しないことに関し、嫌な顔されたらイヤだなと思っていたので、
内心ホッとした。

まぁ、ちゃんと電話することを試みたし、
11時という早い到着だったので、混雑予想時の飛び込みでも、
嫌な顔されなかったのかもしれない。

この早い時間の到着が印象に残ったのか?
以後、小屋主はいろいろと親切にしてくれたり、
顔をおぼえてくれたようだった。

早い時間の到着で、やることといったらコレしかないでしょ!
ということで、すぐにテラスでビール。
真っ昼間から飲むビールは最高だった。

雲はどんどん湧いてきていたけど、夏の陽射しも同時に照り付けていたので、
グショグショになったシャツを干したら、すぐに乾いた。
早期到着は、こんなメリットもあるよね。

ビールを飲んで、軽く酔った後は、未だ静かな山小屋で昼寝。
ここ数日の拷問のような仕事の日々と、前夜の深夜までのドライブで
かなり疲れが残っていたが、その疲れも一気に吹っ飛んだ気がした。
a0094280_18125514.jpg

夕食。

噂にはきいていましたが、刺身の昆布〆、おでん、ホタルイカの沖漬け、
山芋、茶そば、鶏肉の甘酢あんかけ!?と種類豊富で、かなりウマかった。
山小屋ごはんの中でも屈指の豪華さだと思う。
また食べてみたいな。

何時から降り始めたのだろう?
夕方になる前に降り始めた雨は、日没前にはやんだ。
a0094280_1813993.jpg

そして、ちょこっと夕陽をみせてくれた。

明日晴れますように、そして、三国境、いやいや、そこから白馬大池、
蓮華温泉へと無事に歩けますように…。



[コースタイム]
蓮華温泉(-/5:50)〜瀬戸川橋(6:37)〜ひょうたん池(7:06)〜
白高地沢橋(7:11/7:20)〜花園三角点(8:06)〜
花園三角点先水場(8:12/8:22)〜白高地水場(9:04/9:12)〜
吹上のコル(9:44/9:59)〜朝日岳(10:22/10:25)〜朝日小屋(10:55/-)
[PR]
Commented by でん at 2014-08-10 18:06 x
こっちだったのですね。
そっか~、フォッサママグナをつなぐ目的があったのですね。
ビール飲んで昼寝までして、贅沢だなぁ~(^^)
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-10 19:37
★でんさん、こんにちは。
フォッサマグナをつなぐ目的というのは、
全く意識してませんでしたが…。

この日は、いつも以上に早い到着で、ビールに昼寝で、
日頃の疲れが取れましたよ。
Commented by よしくに at 2014-08-10 19:46 x
栂海新道、やはり憧れますね
今回不知親トンネルを生き返りで通過したので、此処まで歩けたらいいな~
と思いましたよ
小屋も、最近は高から、予約すると喜びますね
私は、どんな小屋でも、とりあえず前もって予約します
お一人なら予約はいりませんからと言われたことは過去2回ほどありますが
殆どは、やはり喜ばれますね

早くついて、ビール飲んで、昼寝、最高ですね
登るのは疲れるけど、意外と骨休めできるのも山じゃないでしょうか
夕食もめっちゃうまそうだし、ますます私も行きたくなりました
私の今年の北アルプスは、不完全燃焼だったのが心残り
もう一度どこかに行きたいけど、もう長い休暇は取れないのが悲しいです
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-10 20:00
★よしくにさん、ふたたびこんにちは。
栂海、憧れますね。
ゴールの海に辿り着いた時には、
飛び込みたくなりそうな気がしますね。

最近は、小屋も予約制が多くなってるみたいですよね。
ただ、自分の場合、なかなか休めるか否かわからないことが多いので、
予約制でない方が楽です。
自己都合ですが、そんなに遅くに小屋に着くことはないので、
尚更です。

長い休暇は取れなくても、一泊二日なら行ける山は多いでしょうから、
これから検討して、今シーズンも未だ二ヶ月もありますし、
北アルプスの山々をいっぱい歩いてみて下さい!
Commented by ゆな at 2014-08-22 12:39 x
朝日小屋のご飯、私も好き!船窪に次いで2番目かな♪
お菓子もついてなかった??
Commented by torajiro-joshu at 2014-08-22 20:09
★ゆなちゃん、ふたたびこんにちは。
朝日小屋のご飯もウマいよね!
お菓子、付いてた!
写真には写ってないけどね…。

それより、俺の大好きな船窪小屋のご飯が一番なんて…!
嬉しいっす!(感涙)

ちなみに、仙人池ヒュッテ、阿曽原のご飯も良かったよ!
あとは、奥黒部ヒュッテの”男メシ”も好き!
by torajiro-joshu | 2014-08-02 23:59 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu