寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

雪の中へ、風の中へ…。〜残雪期槍ヶ岳山行〜(3日目) 1/2

外は風が吹いている模様。
けれど、昨日よりは弱そう。

夜明け前、外に出てみる。
晴れだ。

静寂が心地いい。
a0094280_164697.jpg

槍の肩の向こうには八ヶ岳が見えた。

夜明け前の青い感じが好き。



a0094280_1641639.jpg

徐々にそれは紫やピンク、オレンジの帯をまとう。
a0094280_1642677.jpg

より一層オレンジが濃くなり、
a0094280_1643864.jpg

太陽が顔をのぞかせた。
a0094280_1644849.jpg

大喰や前穂は薄いピンクに染まる。
a0094280_165080.jpg

遠くに富士山、南アルプスが見えた。
a0094280_165911.jpg

常念の上を飛行機雲が斜めに綺麗なラインを描く。
a0094280_1651998.jpg

朝飯前に、早くも穂先に取り付く人がいる。
a0094280_1653085.jpg

幾重にも重なる山並みが綺麗。
a0094280_1653982.jpg

槍は早くも賑わいを見せ始める。

昨日、登ったからいいや。

俺は完全に傍観者。

間違いなく絶景を目にすることができそうだが、
登る気すら起きない。
a0094280_165502.jpg

常念が相変わらず男前。
a0094280_1655755.jpg

今日は、この谷底を下山。

スキーならば、さぞかし速いことだろう。
a0094280_1661226.jpg

下の雪田の左に、昨日は気付かなかった梯子が見えた。

昨日のベテラン登山者は、あれのことを言ってたんだと思った。

夜明け前からずっと、サンダル履きでカメラを持って外に出ているので、
さすがに足先がジンジンしてきた。

Sさん、Mさんのパーティはすぐに下山に取りかかるらしい。
いつの日かの再会を誓い、パーティを見送った。

見送ってからも、物好きは外に出たまんま。
寒いのに、ホント、物好きだ。
a0094280_1662180.jpg

Sさん、Mさんのパーティが殺生へと下ってゆくのが見える。
あっという間に米粒みたいになった。
a0094280_1663568.jpg

再び、富士山と南アルプス。

長く見ていても飽きなかったが、そろそろ自炊して、
出発準備を整え、下山しなければ…。

槍ヶ岳山荘は、自炊部屋が提供され、そこで食べていいということだった。
冬期小屋で自炊、食事だが、外よりもマシだ。
ありがたい。
おまけに、冬期小屋は冷蔵庫みたいということもあるのだろうが、
ストーブも焚かれている。
本当にありがたい。

槍沢ロッジも槍ヶ岳山荘も同じグループの筈なのに、何で!?
槍沢も建物内で食べさせてくれればいいのに…。

出発準備を整え、相部屋の人に挨拶してから下山。

テラスからまわりの山々を眺め、それを心に刻み込んだ。

(3日目) 2/2に続く。
[PR]
Commented by よしくに at 2014-05-21 07:01 x
山小屋に泊まってこその朝の眺め
素晴らしいモーニングショーでした
この時期ならではの眺め、感動ですね

>槍沢も建物内で食べさせてくれればいいのに…。
個人的な意見ですが、火の始末や汚れなど
本当は外でやってほしいんじゃないかな
ただ、槍沢とは環境が違すぎるからの配慮では
ありがたいですね

新穂高に下るのかな?
昨年、槍を日帰りで登ろうという友人の誘い
雨で中止になったんだけど
今年もう一度計画してるみたいで
果たしてどうなるか
それが、新穂高からのピストンです
Commented by torajiro-joshu at 2014-05-21 20:23
★よしくにさん、こんにちは。
下山するだけの、のんびりとした朝なんで、
ゆっくりとした時を過ごせました。

槍沢ロッジは…、後にコメントもいただきましたが…、
不公平感が気になったというか…。
それに、火は使えないとしても、飲食くらい良いのでは!?と、
利用者側からの声です。

下山は、上高地でした。

新穂高からの槍往復、やってる人は多いみたいですね。
俺的にはイヤだな。
下山後温泉に泊まれるなら、それはアリですけど…。(笑)
by torajiro-joshu | 2014-05-04 23:58 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu