寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

雪の中へ、風の中へ…。〜残雪期槍ヶ岳山行〜(2日目) 1/2

3日の槍ヶ岳周辺の天気予報は、昼前後から崩れる見込み。
そして、夕方から回復傾向にあるものの、風が強いと…。

今日昼過ぎから雪が降ると仮定したら、4日の朝よりも、
今日3日の降雪前の方が雪の状態はいいだろう。
また、世間の休みよりも一日早く入山した為、
槍の穂先に取り付く人が、今日の方が少ない筈。
そして、明日の下山は上高地までとなると、約22kmと長い。
登頂してから下山よりも、下山のみの方が遥かに楽。

目を瞑りながら、じっとそんなことを考え、
今日の槍ヶ岳登頂→無事下山をイメージしていた。

ならば、やはり、もし登るのなら、
天気が崩れる前に頂上に立つしかあるまい。

腹は決まった。



4時過ぎに布団から抜け出し、出発準備を整える。

先ずは自炊。

しかし、この小屋は果てしなくキビシイ。
昨晩、小屋スタッフに自炊、飲食する場所を訊ねた。
すると、建物の中で火を使うな!作った食べ物は建物の中で食うな!
という内容の回答。

自炊の登山者にこんなにキビシイ対応の小屋は初めて。
天気良かったり、寒くなきゃ、まぁ、いいけど…。

外に出ると、思ったより寒くないので助かった。

外でそそくさと自炊、他の登山者らと同じスペースで飲食。

パッキングの為に小屋に戻ると、中年カップルが建物内で飲食してた…。

朝から、イヤな気分になった。

けれど、このカップルが悪いのだとは思わない。
なぜなら、小屋スタッフは、このカップルだけには小屋内での
飲食を許容していたからだ。

昨夕、小屋内での自炊及びそれらの飲食について俺が訊ね、
断られた数分後、同じように訊ねた中年カップルだけには
それらを許容していた。

意味不明だった。

おまけに、それを許容したスタッフは、その近くにいた俺に
向けて笑みを浮かべてくる。

更に、意味不明だった。

気を取り直してパッキング。

出発前に、小屋脇に大きな荷物をデポしてゆくパーティがあった。
後になって知ったが、知り合いパーティだった。

5時の出発予定を30分以上も過ぎてしまったが、
しっかり準備をして出発。

本日の好天と無事を祈る。
a0094280_17415311.jpg

小屋裏からはすぐに槍が見えた。

そして、意外なことにテント村?!
今年は、この時点では小屋裏にテントを張っていいようだった。

森の中のトレースを辿る。
しっかり踏み固まっていて、歩き易い。
ゆるい登りを歩いてゆく。

途中、辺り一面雪の中で、なんでこんなとこに岩の堆積!?と思った場所があった。
しかし、よくみると、土砂混じりのデブリだった。
自然の猛威を感じた。

ババ平に来ると、テントが数張りあった。
a0094280_1742040.jpg

ここから先は、大きな大きな雪の谷といった風情。

生で見るのは初めて。
その迫力に、思わず感嘆の声がもれる。

荒野を独りゆく旅人のような気分になり、谷底をまっすぐに進んでゆく。

聞こえるのは、アイゼンが雪をつかむ音、風の音だけ。
人の姿は遠くに見えるけれど、ひたすらに静寂の世界。

雪の中へ、風の中へ…、
キミに会いにゆくよ。
a0094280_17421379.jpg

両脇の尾根が壁のよう。

あちこちでデブリのあとが見受けられる。
a0094280_1742211.jpg

大曲の辺りだろうか?
そこから振り返る。

谷は未だ陽光を浴びず、陰鬱な感じ。

けれど、歩くには、日陰となり、ちょうどいい感じ。
陽射しが当たっていたら、さぞかし暑いことだろう。

とはいえ、標高を上げるにつれ風が強くなってきている。
晴れていても、そう暑くはないのかもしれない。
a0094280_17422887.jpg

槍も見えぬ槍沢をひたすらに歩く。

とりあえず、目標は、あの日向と日陰の切れ目。
あそこを目指す。
a0094280_17423536.jpg

その目標の日向まで来ると、斜度が増す。
かなりの急傾斜。

どこで休もうか、思案のしどころ。
あの急斜面の上か…?

日向に来たら、一枚脱ごうかと思っていたが、
吹き下ろす風が、その気持ちを簡単に萎えさせた。

雪のしまり具合がちょうど良く、ボコボコとした踏み跡をゆかず、
自らのトレースを描いてゆく。

徒に沈まないせいか、急斜面であっても、さほどキツくない。

振り返ると、富士山と南アルプスが見えていた。

天気はまだまだいい。
a0094280_17424172.jpg

天狗原分岐を過ぎた辺だろうか?

照り付ける陽射しが強い。

さきほどまで大所帯のパーティを横目に見ながら登っていたが、
いつの間にか抜いていたようだ。

この時も未だ、そのパーティが、たけさんのお友達のSさん、
Mさんのパーティだと俺は知らない。
a0094280_17424898.jpg

グリーンバンドと思しき急斜面を越えると、槍が見えてきた。

殺生ヒュッテも近い。
肩に小屋もしっかり見える。

が…、そこからが、槍ヶ岳山荘までへの最後の急登。
ここもかなりの斜面である。
転げた時は、それなりに危ないだろう。

途中、コースを外して休んでいたら、結構上の方から下山してくる
登山者がほぼ俺の真上を歩いていたのだろう。
そこから、500mlのペットボトルを落とした。
それは物凄い勢いで落ちてきて、俺の1mくらい脇を滑り落ちていった。
幸いにも当たらなかったから良かったものの、当たっていたら、
怪我をしていたかもしれない。
その下山者は、通りしなに謝っていった。
a0094280_17425637.jpg

振り返ると、常念、蝶。
a0094280_1743343.jpg

天狗池は真っ白な雪の下だろう。

まだまだ遠くに富士山や南アルプスが見えるものの、
さきほどより霞んできた。
(画像では、富士山はあまりよくわからないかも…。)
a0094280_1743124.jpg

同じようなペースで歩く、ボーダーのカップルと時折話しながら歩く。

こちらのカップル、槍沢を滑り降りた後、今日中に涸沢に行く予定と言ってた。
いやはや、タフだ!

殺生ヒュッテから先の急斜面の直登は、
風が強くなってきたこともあり、結構辛い。
吹き下ろす風が冷たい。

転げたら危険なので慎重に歩く。

数日前の雨と、その翌日の高温で発生した雪崩なんだろう。
小屋のスタッフが立てた旗竿も、いくつかデブリに呑まれていた。

よもや…とは思うが、慎重に歩く。

時折、登山者の落とす、小さな雪の欠片などが飛んできて、痛い。

上方から、スキーヤーが歩いて下山してきた。
そいつ、何を考えてんだか、俺の真上2mくらいのとこまで来て、
アイゼンに詰まった雪をガシガシとストックで叩いている。
その雪が破片となり、吹き下ろす強風に乗って、俺の顔目がけて飛んでくる。
いくつかが顔に当たり、痛かった。

キチガイだ!こいつ!

「オー、オー、雪が飛んでくるぜ。何考えてんだ!?」
思わず言ってしまったが、そいつはどこ吹く風。
ストックでアイゼンを叩いた時に、ストックの先が抜けて、
ヤツは狼狽えていたが、そんなバカなヤツのものを拾ってやる義理もない。
あっさり通り過ぎた。

昨年の表妙義のトレランくんといい、今回のスキーヤーといい、
下にいる者に落下物による危害を及ぼしておきながら、
本人は何とも思っていないって、一体何なんだろう?
マナー以前の問題だと思うのだが…。

酷い目に遭いつつも、なんとか山荘まで到着。
自分の中のスケジュール目標の10時までには小屋に着いた。

天気は、遠くの山が見えなくなりつつあり、予報通り、やはり、
昼前後から崩れるのかもしれない。

宿泊手続きをしてから登頂と思ったが、先に登頂することにする。
時間が遅くなるより、今の方が好条件と思ったからだ。
幸い、風も物凄く強いわけではない。
群馬育ちの俺からすれば、まぁ、許容の範囲内。

穂先に取り付くと、すぐにトラバース。
頂上直下の梯子の下の雪田が核心部とは思っていたが、
このトラバースも案外楽ではないだろう。
なぜなら、進行方向に向かって両足を並べて向けることができないからだ。
数mとはいえ、常に左右の足が前後となるポジションを取らざるを得ない。
片足スペースしかないということ。
怖いとは思わないが、慎重に歩く。

途中、ロープを出しているパーティに先を譲ってもらったりする。

頂上に至るまでで、最大の核心部と言われている雪田に取り付く。

僅か20m足らずであろう。
その雪の付いた斜面を、アイゼンとピッケルをきかせて、
慎重に登ってゆく。

雪の状態は悪くない。
それゆえ、特段困難なこともないだろう。
慎重に登れば、問題はないだろう。

しかし…、これはやはり、下りがポイントだ。
登りより下りの方がキツいだろうなと思う。
もっとも、山なんて、登るだけじゃなく、下って、無事帰宅してこそなんだが…。

核心部の雪田を越え、頂上直下の二段の梯子へ。
未だ頂上ではないが、来た!と思った。

二段の梯子を越えた時、素晴らしい景色が広がった!
ということはなかった…。

既に、四方の山々は遠望がきかなくなっていた。
俺の頂上滞在中に天気が好転することはなかった。

まぁ、それも仕方あるまい。
展望良ければ、それに越したことはない。
けれど、こうやって、無事に登れて、そこそこの景色が見られたんだ。

頂上では、槍沢を前後して歩いていた年配の登山者と
写真を撮り合った。
三脚を小屋に置いてきたので、助かった。

年配の方が下山して、僅かばかり、独りの時間。
a0094280_1743352.jpg

山頂に立った証拠写真をおさめる。

そして…。
a0094280_17435936.jpg

緑を抜けて、
雪の中へ、風の中へ、空の中へ…、
キミに会いにきたよ。
突然、独り、駆け出してしまったキミに…。
遠い空の彼方に行ってしまったキミに…。

今自分が近づけうる、空い一番近い場所。
そこに行けば、健太にまた会えるような気がしてた。

キミに会いたい。
また一緒に走りたい。

愛犬・健太には会えるわけもなかった…。

けれど、一方で思う。
健太は…、いや、健太だけでなく、ジュリアやらむねや、
おじいさんやおばあさんも、みんな俺の心の中に生きてるんだって…。

風が吹き抜け、寒い筈の頂上も、何故だかあたたかな気がした。

また来るよ。
いつかまた会おう!
いや、一緒に歩こう!

少しの滞在を経て、さぁ、下山だ。
長居は無用。
天候が悪化する前に無事下山すべき。
a0094280_1744910.jpg

下山前に、今年また歩くかもしれない裏銀方向を望む。

今シーズンはどんなとこを歩き、どんな景色に出会えるだろう。
考えただけで、ワクワクドキドキが止まらない。

一方通行の下山専用梯子を下りると、ザイルで確保された登山者が登ってくる。

何で!?

一方通行が優先されるのか?登りが優先されるのか?
この場合は前者が優先されると思うのだが、多少の理不尽さを感じつつも、
俺は梯子のとこで待った。

けれど…、風が吹き付ける中を待つのは辛い。
二人が登ってくるのを待つ。

体はどんどん冷えてゆく。
「さみぃ!」思わず、声が出た。

すると、おねーさん、上がってきて、「寒いですよね〜」って…。
……。
アンタらが俺を待たせてるからでしょ!と思ったが、俺は言葉を呑み込んだ。

入れ替わって、速やかに下山に取りかかる。

核心部の雪田は、無難に後ろ向きで慎重に下る。
その下の小さい雪田は、前向きで下れないこともないと思ったが、
ここも無難に後ろ向きで下る。
ここまで来て滑落したら、ちょっとみっともないし…。
基部のトラバースも慎重に…。

平坦なとこまで来て、やっと、ホッとした。
登頂は条件次第と思っていたけど、肩まで来たその日のうちに
きっちり登れて良かった。
あとは、星空の写真でも撮りたいとこだが…。

小屋まで来たら、休んでいたベテランと思しき登山者に声をかけられた。
下から下山風景を見てたらしい。
ルートの解説をしてもらい、ありがたくきかせてもらった。

とにかく、天気が崩れる前に、無事に登頂できて良かった。
明日になれば、また雪面の状況や天気がどうなるかわからないし…。

満足感を胸に、小屋前のテラスから、来た道を、
見え隠れする槍の穂先を俺はのんびりと眺めた。


2日目 2/2へと続く。
[PR]
Commented by よしくに at 2014-05-21 07:20 x
前後して拝見してしまいました
槍沢のスタッフ、その不公平さには
俺だったら食って掛かっちゃうな(笑)

ペトボは危なかったですね
いろいろ阿ぷ認ぐあるけど、微妙の逃れるのは
健太君はじめ、みんなが守ってくれてるんだろうね
山頂での気持ち、うるっと来ちゃいました

それにしても、周りに気を配れない人間にはまいりますね
なぜなんだろう、若さだけじゃないと思う
道徳教育ができてないのかな
年を重ねて、つくづく思います

こんな眺め見てみたいけど
軽アイゼンしかなく、ピッケルもない私には絶対無理
とにかくうらやましい限りです
ありがとうございました
Commented by torajiro-joshu at 2014-05-21 20:30
★よしくにさん、ふたたびこんにちは。
やはり、意味不明な不公平感は我慢できないですよね。
意味わかってもイヤでしょうけど…。

何気に色々守られてんですかねぇ?
言われてみれば、そうなのかもしれませんね。

最近は、山に限らず、おかしいニンゲンが多いですね。
それは年齢を問わず、性別を問わず…。
この国の行く末を示してるような…。

どこの山もそうですけど、ある一定の力があれば、
天気さえ良ければ、意外になんとかなっちゃう
もんじゃないでしょうか?
無理と決め込まずに一歩進んでみることも必要な気がします。
その先に何かを見るなら…。
すみません。
生意気言って…。
Commented by よしくに at 2014-05-22 06:40 x
>無理と決め込まずに一歩進んでみることも必要な気がします
おっしゃる通りです。踏み込めば幅も広がり、大げさに言うなら人生観も変わるかも
ただ、荒れた冬山への恐怖心がぬぐえないのも事実なんです
天気をしっかり読んでいけばいいことなんですけど
それにね、山をやらない妻ですが
雪山への禁止令が出てるんです(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2014-05-22 21:32
★よしくにさん、こんにちは。
たしかに、天候の急変は怖いですよね。
でも、それは、情報力を駆使すれば、
なんとかなるのではないのではないでしょうか。

でも、奥さんの反対は痛いですね。
そういった事情であれば、雪山断念も仕方ないでしょうね。
雪山よりも家庭内が平和であることの方が重要ですからね。
Commented by Takuya at 2014-05-30 20:22 x
お久しぶりです。梅です。参考記録楽しく拝見させていただきました。
おかしな人、いますよね。
僕も剱岳直下でトレランの人が発生させた落石のつぶてを食らったことがあります。
ついイラっとしてしまいましたが、気にしないように心掛けています。
その後の山行を嫌な気分で過ごしたくないですもんね。

槍ヶ岳、概ね天候に恵まれたようで良かったですね。
綺麗な写真に見入ってしまいました。



Commented by torajiro-joshu at 2014-05-31 06:39
★梅ちゃん、こんにちは。
お久しぶりです。
元気に山歩きしてますか?

梅ちゃんも落石被害に…。
それにしても、最近、本当、おかしなヤツ多いよね。

トレランだって、速けりゃいいってわけじゃないと思うんだけど…。

今回の槍は、まぁ、天気に恵まれた方だろうね。
ちゃんと登れたんだし。

写真はイマイチだけど、実際に見ると、本当にいい雰囲気でした。
by torajiro-joshu | 2014-05-03 23:58 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu