寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

船窪小屋、小屋閉め前後。 2013(3日目)

真夜中、小屋を飛び出すと、やはり、星が綺麗だった。
思ったより暖かい。
土曜午後から日曜にかけての寒さが嘘のようだ。

船窪小屋の2013年の営業が今日終わる。
今年は船窪小屋60周年、それにふさわしい晴れやかな日が
待っていてくれそうだ。

もう一眠りする。

朝食をいただき、色々準備していたら、とっくに陽が昇っていた。
急いで写真を撮りにゆく。
a0094280_16534112.jpg

浅間の右から朝陽が昇っていた。

下山する日に綺麗な朝陽。
素直に嬉しい。



a0094280_16542694.jpg

昨年の夏歩いた不動〜烏帽子の稜線。
その奥は、今年歩いた赤牛、水晶。
とても感慨深い。
a0094280_1654734.jpg

未だ歩いていない獅子、鬼、竜王も来年は歩きたい。
薬師からそれらを歩いて立山まで…。
a0094280_16543713.jpg

今日は、昨日よりも湿度が高いのか?
槍は霞んでいる。

そういや、槍にも2週間前に行ったんだな。
登ってないけど…。(笑)

でも、そこから西へ延びる西鎌は歩いたし、
その手前に見える竹村新道は歩いた。

西鎌は最近だから、それほどでもないが、
竹村新道はひどく懐かしい気がする。

さぁ、最後の片付けだ。
布団を梱包したり、食器を仕舞ったり…。
それから、小屋を本当に閉める。

脚力に合わせ、片付けの合間にパラパラと下山してゆく人もいる。

お父さんは足が良くない為、一番最初に下山。
みんなで見送る。

その後、暫くしてお母さん達グループ。
またみんなで見送る。

慌ただしくも、
必要な作業を予定時間内に終える。

最後は小屋の玄関に戸を打ち付けるだけとなった。
a0094280_16544457.jpg

玄関の外に戸を押しあて、釘を打ち付ける。

スタッフのともくんが釘を打ち付ける。
ガンガンと釘を打つ音を聞いていたら、涙が出そうになった。

ありがとうよ、船窪小屋。
ここに多くの人が集い、多くの人が笑顔になれた。
ゆっくり休んで、また来年、小屋関係者、登山者を迎えてくれよ。

最後に記念写真をみんなで撮り、下山。
a0094280_16544947.jpg

総勢20人近くで歩いてゆきます。

なんだか、お花畑も今日は切なく感じます。

途中で、下山スピードに合わせ、いくつかのグループに
分かれつつ下山となる。

俺は若手グループに加わり、下山。
楽しく話をしながら、七倉の尾根を下ってゆく。

強者揃いのパーティでは話も楽しく、全く退屈することもなかった。
a0094280_16545584.jpg

登山口の標識が見えました。

今年は6回。
来年はもうちょっと多く見ようかな。
「道しるべの会」にもうちょっと貢献できたらいいな。


今年、船窪小屋のボランティアである「道しるべの会」に入った。
そもそものきっかけは、昨年船窪小屋に泊まった時に、
「道しるべの会」の会長とお会いし、後日お誘いいただいたからだ。

それまで、自分がこの会に入会するなんて思いもしなかった。

初めて泊まった時に、船窪小屋とそこに集う人達のあたたかさに触れ、
一気にこの小屋のファンになってしまった。

そんなところに会長からのお声がけ、これも縁と思い、入会することにした。

俺は、長く、整備された登山道を歩かせてもらったのだから、
ここらでそれを、見知らぬ誰かにだけど、
還元してもいいんじゃないか…と思ったからということもある。

でも、結局は、やはり人なんだろうね…と思う。

船窪小屋のお父さん、お母さんの登山者に対する、
あたたかな、やさしい想いに触れ、その人柄に触れ、
そこにスタッフ、ボランティア・スタッフが集っているんだと思う。

だからこそ、自分も入会したんだと、今になって思う。

微々たる力にしかなれてはいないけど、今年俺は「道しるべの会」に
入会することができて、本当に良かったと思う。
素晴らしい人々と知り合いになれて良かったと思う。

来年も再来年も、船窪小屋に来た登山者みんなが笑顔になれるように、
自分ももう少し貢献できていけたら…と思う。

船窪小屋のみなさん、ありがとう。
また来シーズン以降もよろしくお願いします。


ももっぱ…、
おつかれさんでした。
初めての船窪小屋、楽しめたかなぁ?
きっと楽しめたことと思うけど…。
ボランティア、かなり貴重な体験となったことでしょう。
「道しるべの会」に正式入会となったら、
ボランティア仲間としてもよろしくなぁ。



[コースタイム]
船窪小屋(-/8:43)〜天狗の庭(9:09/9:12)〜鼻付八丁(9:42)〜
岩小舎(10:12)〜唐沢のぞき(10:30)〜ベンチ(10:52/11:00)〜
七倉(11:29/-)
[PR]
Commented by でん at 2013-10-20 14:37 x
最終日の朝日は感慨深いものでしょう。
再びその光景を見るのは来春、その時まで寂しい気がしますね。
来春、みんなの笑顔と再会出来る時を楽しみに!
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-20 15:47
★でんさん、こんにちは。
本当に感慨深い朝陽でした。
昇ったあとでしたけど…。(汗)

小屋閉めは、なんだか寂しかったですねぇ…。

来シーズン以降もまたこんな朝陽や、仲間と再会したいもんです。
Commented by ゆな at 2013-10-23 20:17 x
泣けるぅー!!!
うちのお姉ちゃんが今月だっけな?船窪小屋泊まりに行って、ファンになってたよ!
お姉ちゃんの友達も、感動してたらしい!
私のマイミクさんも最初の出迎えに感動してボロボロ泣いたらしくて。
いいよね、船窪小屋。
来年は泊まりに行きたいなぁ♪

寅もお疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-23 20:36
★ゆなちゃん、ふたたびこんにちは。
ありがとう!

おお!嬉しいな!
ゆなちゃんのお姉さんも、そのお友達も、
ゆなちゃんのマイミクさんも船窪小屋のファンになったくれたとは…。

ゆなちゃんも来シーズンは是非泊まりにいってね!
Commented by ももんが at 2013-10-25 11:58 x
寅次郎さん、こんにちわ!
ももんが、いやいや、ももっぱです。

船窪では大変お世話になりました。とても楽しめましたよ~
でも行く前は、突然の参加で、お邪魔じゃないかしら?ご迷惑では?と心配してたのですが、皆さん温かく迎えてくれて嬉しかったです!あまり役には立ちませんでしたが・・・
寅さんはじめ、道しるべの会の皆さんにも感謝です。

ブログみるまでは知らなかったけど・・・寅次郎さんも体調悪かったんですね。お互い寝不足だったのでしょうか?車の運転も長時間でしたし、疲れたのかな?すべて任せっぱなしでごめんなさい。
あの急登、気持ち悪さと相まってとても辛かったです。
でも、船窪小屋に着き、お父さんやお母さん、スタッフの皆さんの優しさで疲れも吹っ飛びました!
あまり山小屋に泊まった経験はありませんが、船窪は私の持つ山小屋のイメージにぴったりです。ランプ、囲炉裏、そして人の温かさがあそこにはありますね。

貴重な体験をさせてもらいました。
寅さん、道しるべの会の皆さん、本当にありがとうございました!

最後に、船窪小屋のお父さん、お母さん。日本山岳遺産認定、おめでとうございます!!
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-26 09:28
★ももっぱ、こんにちは。
その節はありがとう。
そして、おつかれさま。

道しるべの会の人達は、本当に魅力的な人ばかりだったろ。
楽しめたようで良かった。

俺も、鼻付八丁付近から調子悪かったんだよ。
ムカムカして、気持ち悪かった…。
そうは見えなかった、というか、見せなかったつもりだけど…。
とりあえず、同行者を不安にさせなかったようで、一安心。(笑)

船窪小屋は、本当にいい小屋だったろ。
本当に素敵なとこだよね。

来年以降、道しるべの会の仲間としても、よろしくたのみます。

日本山岳遺産に船窪岳が認定されて、本当に良かったよね。
これも、今まで頑張ってきた人々のおかげ。
俺達も、これからは、少しでもその力となれるといいね。
by torajiro-joshu | 2013-10-14 23:59 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu