寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

船窪小屋、小屋閉め前後。 2013(1日目)

縁あって、今年から船窪小屋のボランティアの集まりである、
「道しるべの会」に入会することになった。

昨年は小屋の最終営業日に泊まり、入会はしていなかったが
ほんの少し小屋閉め手伝いをしてきた。

今回は最終営業日翌日、翌々日も休日となったので、
「道しるべの会」会員として、
営業日終了後の小屋閉め手伝いに参加。
そして、小屋閉め、最終下山に立ち会うこととなった。



俺が「道しるべの会」に入会したのを知ってか、
多くの山仲間が「船窪小屋にいつか泊まりたい!」と言ってくれる。

そうして、本当に泊まってくれた仲間もいれば、
来年以降泊まりにゆくという仲間もいる。

本当にありがたい限り。
とても素晴らしい小屋なので、是非みんなに泊まってもらいたい!

そんな中で、今回小屋閉め手伝いに俺が参加するのを知って、
船窪小屋は初めてだけど、そこに泊まり、
是非とも小屋閉め手伝いを体験したいと山仲間のももっぱが
言うので、同行する!?ことになる。

とは言え、俺は正式会員、ももっぱは非会員。
なので、俺は早めに小屋に着き、手伝いをするつもりでいた。
つまりは、パーティ山行ではなく、単独行×2である。

しかし…、12日は午後から悪天予報。
午前中勝負でなんとかなると思う。
少なくとも、俺は大丈夫だ。
ももっぱもまず大丈夫だろう。

念のため、この時期の船窪小屋周辺の降雪可能性を
「道しるべの会」事務局長に訊ねたら、
降雪可能性はともかく、心配なので、
友人と一緒に上がってきてあげて下さい!とのこと。
ありがたい言葉をいただいたので、そうさせていただく。

俺にとっては、そこそこ知った道。
引っ張ってペースを作ってもいいのだが、
ももっぱの練習の為にも前を歩いてもらう。

わかってはいるが、いきなりの急登がキツい。
あわせて、あまり低くはない気温…。
秋の山といった感じではない。

少し歩けば、涼しくなるだろうと思い、登っていたら…、
不快極まるぬるい空気に包まれる。

おかしい。
明らかにおかしい。

こりゃ、やっぱり、天気崩れるよね!?

午前中はそこそこいい天気の予報。
やっぱり、午後からか…。

まずまずのペースで登る。
途中、ももっぱは気持ち悪い、吐き気がするとも言うが、
なんとか頑張り、登高距離を稼いでゆく。

紅葉はまずまず。
北葛の中腹辺りが結構綺麗。
七倉尾根は、それほど色付きを感じない。

鼻付八丁を過ぎる頃、今度は俺が気持ち悪くなってくる。
寝不足!?
ムカムカしてきて、気持ち悪いが、騙し騙し登る。

鼻付八丁を越え、空が開けると、
蓮華の向こうに不穏な黒っぽい雲…。

こりゃ、マジですぜ、ダンナ…!
荒れますぜ。

やはり、さっきの生ぬるい空気は、その前兆と思われた。

でも、まぁ、午前中に大荒れになることはないだろう。
小屋までは、あと1時間内外だろう。
焦らずにゆく。
a0094280_16445593.jpg

天狗の庭に着いた。

紅葉は遅い感じ。
雲が多く、遠望はきかない。
それでも、谷を隔てて向こうの裏銀方面の山々はなんとか見えた。

高瀬ダム側からの風が強い。
ちょいと寒い。

時折、ポツポツと雨粒が顔に当たる。

さぁ、ここまでくれば、あと一踏ん張り。
本格的に降り出す前に小屋に着こう。
a0094280_1645065.jpg

お花畑はすっかり秋の気配。

紅く染まるチングルマの葉が綺麗。
花の時期は勿論綺麗だが、これはこれで、俺は好き。

ももっぱも復活したようで、ここまでまずますのペースで歩いている。
a0094280_164548.jpg

下を見ると、七倉ダムだけでなく、七倉の駐車場が見えてた!

初めて七倉の駐車場が見えることに気付いた気がする…。

小屋に着くと、当然のことながら、見知った顔がいっぱい。
みなさんに挨拶し、ああ、本当にもう小屋閉めなんだな…と実感する。

ろくに作業もしないうちに、外では雨が降り出し、風が吹き、
やがて、夕方近くになって、暴風雪となった。

それでも、TさんやHさんは外で大活躍!
感謝である。
a0094280_16451255.jpg

夕食は、営業最終日で特別メニュー。

特別に、古代米の手巻き寿司や鰹も出た!
いつも船窪の料理はウマいが、この特別メニューも最高だった!

登山者のみなさんも大喜びだった。
もちろん、俺も…。

夕食後はお茶会で、Mさんのアコーディオン演奏もあり、
凍える外とは正反対の、あたたたかい、楽しい夜を過ごした。

今年は、船窪小屋60周年。
そして、船窪小屋のお父さんとお母さんの喜寿のお祝いの年。
そんなめでたいことが重なる年の最終営業日に泊まれて良かった!

この日は宿泊者が多く、ボランティアは囲炉裏の間で寝た。
囲炉裏の間はあたたかそうに思えるが、人数が多い為か、
囲炉裏は閉じてしまうので、正直言って、寒かった。
また、シュラフで寝たのだが、封筒型の為!?これまた寒い。

寒くて、あまり眠れなかったが、
これもまたいい経験と言えよう。

外は未だ強い風が吹いている。
雪も降っている模様。
明日の朝は、どんな風景を見せてくれるだろう?



[コースタイム]
七倉(-/6:04)〜ベンチ付近(6:48/6:58)〜唐沢のぞき(7:30)〜
岩小舎(7:53/7:56)〜天狗の庭(9:20/9:24)〜船窪小屋(10:02/-)
[PR]
Commented by でん at 2013-10-16 14:26 x
寅次郎さんは「道しるべの会」広報担当ですね。
小屋のHPも時々拝見させていただいてます。
暖かい雰囲気の小屋ということがよくわかります。
ふと頭に浮かんだのは、馴れ合いになり一見さんの居場所がなくなる可能性もあるかと。
まぁそんなことは私でも思いつくことなので、それ以上にお母さんのフォローもあるのでしょうね。
それにしても特別メニューは小屋の食事じゃないですね~(@_@)

パーティーでの入山と言うのはこーゆーことだったのですね。
山で気持ち悪くなるのは寝不足が原因じゃないかと思います。
私も相変わらず、今回もでした(>_<)
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-16 17:54
★でんさん、こんにちは。
ハハハ…。
広報担当はいるんですよ!
スーパーなおじいちゃんが…。
だから、俺はクチコミでファンを増やす地味な活動を
やってゆくつもりです。
事実、今回もクチコミで、俺の山仲間が来てくれたわけですしね。

>ふと頭に浮かんだのは、馴れ合いになり一見さんの居場所がなくなる可能性もあるかと。

ご心配下さり、ありがとうございます。
おそらく、それはないと思います。
そんなにボヤボヤできる会ではないですし、
台風で停滞するお客さんがいる時に感じたんですけど、
逆にお客さんも船窪小屋ファミリーになってしまうんじゃないかと
思うくらいアットホームな感じですから…。

船窪小屋は料理も最高です。
是非泊まって、召し上がってみて下さい。

今回はパーティ山行と言うか…、登りは一緒でしたけど、
ももっぱは下りは先に下りましたから…。
当初は両方とも別の予定でしたし…。
なんだか不思議な形体の山行でした。

気持ち悪くなったのは、やはり、睡眠不足ですかね?
前夜の寝酒が原因かとも思ったんですが…。(汗)
Commented by よしくに at 2013-10-16 18:35 x
「道しるべの会」楽しく素晴らしいお仲間なのでしょうね
虎次郎さんの口コミで、私も行きたくなった一人です
針ノ木からの道、どこまでつなげられるか、頑張りたくなりました
小屋締めの模様、とっても興味あります
続きを期待してます
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-16 20:11
★よしくにさん、こんにちは。
「道しるべの会」は、魅力的な人が多いですよ。

是非是非、来年以降、船窪小屋にお越し下さい。

小屋閉めの模様、たいしたことは書けませんが、
山行記の一部として、書いてみます。
by torajiro-joshu | 2013-10-12 23:59 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu