寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

笠ヶ岳〜南岳縦走(2日目)3/3

お昼のメニューの提供開始時間となったので、小屋に戻ります。

天気がいいので、外のベンチでいただきます。
a0094280_13355769.jpg

笠ヶ岳を眺めながら、ハッシュドビーフ!

いやはや、なんとも贅沢なランチです。



ワシワシ食べていると、南岳方向から見覚えのある顔が…。
双六小屋でお会いした、長期縦走中のおねーさんです。

俺より40分程遅く双六小屋を出たそうですが、
ここで追い付かれました。
速いですね!
なんか、そんな雰囲気を醸していたのですが…。

食べながら、おねーさんと少しお話。

おねーさんはこの後、大キレットを越え北穂まで…。
そして、明日は西穂まで…。
なんともパワフルな女性です!

おねーさんに見送られ、俺は南岳新道を下ります。
a0094280_1336387.jpg

滝谷を左手に見ながら下ります。

初めて下るので、とても新鮮です。

それにしても、噂通り、結構急ですね!
イメージとしては、温泉沢の頭から高天原方面に下る道を
ちょっと歩き易くした感じでしょうか?
←って、ちっともわかんねーよ!?
a0094280_13361648.jpg

右手には槍。
というよりは、中岳の存在感が結構凄いです。
a0094280_133621100.jpg

天空の木道の上をゆきます。

なかなか面白いルートじゃないですか!

これ、周りが雲海なら、海に浮かぶ船だよ!
あの先端でタイタニックごっこしよっ!と一瞬思いましたが、
おっさん独りで気がフレタと思われそうなので、あっさり断念しました。

多分、綺麗な女性と一緒なら、絶対やってますね!
←って、やりません!(汗)
a0094280_13362623.jpg

天空の木道はこんな感じです。

痩せ尾根の上に、ハイマツ保護の為に木道が作られたと
いった感じですね。

相変わらず、体にキレがなく、また、足指の付け根裏が痛く、
リズムに乗れません…。

下りのスピードも、歩き難い道というのはあるかもしれないけど、
なかなか上がりません…。

それにしても、この足指付け根裏の痛みも何なんやろ?
痛かったり、痛くなかったり、
パターンがなく、出てくるんだけど…。


a0094280_13363487.jpg

2500m付近かなぁ。
そこら辺まで来ると、紅葉がイイ感じになってきます。

黄色ばかりで地味な感じですが、なかなか綺麗です。
a0094280_13364085.jpg

抜けるような青空に、ダケカンバが気持ち良さそうに背伸びしてるかのよう。

木の根混じりのなかなか手強い道を、足指の痛みを堪え、
頑張って下ります。

この道、個人的には、奥黒部ヒュッテ〜赤牛の木の根混じりより
歩き難いと感じました。

おおよそ新道と名のつくルートは結構手強いと思っているのですが、
このルートもご他聞に漏れずといった印象を受けましたね。

ちなみに、新道の名はつきますが、柏原新道はとても歩き易いと思うし、
今回歩いた笠新道もなかなか歩き易いと思います。
標高差は結構ありますけどね…。
a0094280_13364480.jpg

槍平小屋から穂高を望む。

ここで、ちょっぴり休憩。
手ぬぐいを買って、自分へのお土産にします。

穂高の眺めを胸に焼き付け、新穂高へと下ってゆきます。

自分よりほんの少しだけ早くに槍平小屋を通過する登山者がいました。
至って普通の登山者です。
というのは、外見だけで、彼はめっちゃ速い!

先日表妙義で遭遇したトレランさんよりも骨太な印象を受けました。

どういうわけか足指裏の痛みも引いてきていたので、
彼に追い付くよう、俺も頑張ります。

どんだけ頑張ったかというと、
あの結構フラットに近いルートで、結構汗かくレベル。

いやはや、速い!
樹間に姿が見え隠れするんだけど、なかなか追い付けない。

やるな!
正直思いましたね。

暫く歩き、レリーフだかなんだかの前を知らず知らずのうちに通過。
間もなくすると、そのめっちゃ速い彼が立ち止まっていて、
道を譲ってくれました。

あれっ!?
熊鈴がうるさかったかな?(汗)

それにしても、速い登山者でした。
俺の知る怪物はもっと速いですが、
久々に速い登山者をみた気がしました。

そんなこんなで楽しく歩いていたら、いつの間にか白出沢出合。
a0094280_13365097.jpg

穂高の中腹が綺麗に萌えてました。

ここからは退屈な林道歩き。
辛抱しつつ、新穂高まで歩きます。

そして、帰りはどうしよう?と思いましたが、
やはり、ロープウェイは使わずに、鍋平駐車場まで帰ります。

ここの登りは、フラれた後の帰り道みたいで、なんの目的もなく、
ただ帰るだけみたいな気分で、めっちゃ苦痛で、今山行で
一番キツかったような気が…。


さて、未踏だった西鎌、漸く歩くことができました。
おまけに笠にも南岳にも登れて良かったです。

今年の目標の一つだった、上高地から親不知までを(細切れだけど)繋げると
いうのは、達成されずに終わります。

まぁ、それも仕方ないでしょう。
また来年の楽しみができたということにしましょう。

今山行は、久々に単独で長く歩いた気がします。
ルートの距離ではなく、あくまでもGPSが計測した、
自分が歩いた距離ではありますが、2日で50kmを越えてました。

これだけ歩くと、歩いた感があります。

なんだか久々の単独行といった感じでした。
独りだと、全部自己責任で済むので、
多少無理してしまうきらいはありますが、
まぁ、今回のこの程度の無理!?だったら、
秋の好天の一日だし、許容の範囲内でしょうか。

来年以降も、体力を更につけて、いっぱい歩きたいなぁ。



[コースタイム]
双六小屋(-/5:07)〜樅沢岳(5:30/5:34)〜千丈乗越(7:13/7:20)〜
槍ヶ岳山荘(7:59/8:32)〜大喰岳(8:48/8:53)〜中岳(9:12/9:24)〜
横尾尾根分岐(9:52/10:04)〜南岳(10:13/10:16)〜
南岳小屋(10:19/11:26)〜槍平小屋(12:50/13:05)〜
白出沢出合(13:54/14:01)〜新穂高バスターミナル(14:57)〜
鍋平駐車場(15:27/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2013-10-12 06:49 x
歩行kyり、50キロでしたか
それでも、これだけの好天に恵まれたらなんともないですね
コースタイムを見ていて、やっぱい早いな~ が実感です

天空の木道は面白いですね
私だったら、思わず手を広げてますよ(笑)
ただ、濡れたら滑って怖いだろうんと思いました

>フラれた後の帰り道みたいで
には童得てもらいました
よ~くわかちましたよ、

来年の秋は、北アルプス、計画ンび入れようと思います
ありがとうごzくぃました
Commented by でん at 2013-10-12 11:00 x
北アルプスのルートにも疎いので地図を見ないと位置関係がわからないのですが
2日で50kmUPは歩きましたね。
やっぱ寅次郎さん、すごいわ~
私じゃたぶん歩けないですよ。
日帰りしかやらない私には2日目は未知の世界ですから(笑)
泊まりで行くと世界が広がるだろうなぁ~と読ませていただきました(^^♪
3連休、無事帰ってきてくださいね!
Commented by よしくに at 2013-10-12 14:46 x
慌て者でごめんなさい
>フラれた後の帰り道みたいで
には童得てもらいました
よ~くわかちましたよ

笑わせてもらいました
よ~くわかりましたに訂正ですm(__)m
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-15 06:17
★よしくにさん、こんにちは。
コースの距離はわかりませんが、歩いた距離は50km越えてました。
気象条件が良かったから歩けたんでしょうね。
雨だったら無理でしょう。

天空の木道…、あれは可愛いおねーちゃんとでも行くべきです。
よしくにさんも…って、よしくにさんは妻帯者だから、
それはマズいですね…。(汗)

「フラれた後の帰り道」って表現の意味をわかってもらえて
良かったです。(笑)
或は、矢吹ジョー状態ですね。(笑)

来年も是非北アルプスを満喫して下さい。
そして、船窪小屋もね!(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-15 06:23
★でんさん、こんにちは。
50km越えてると言っても、よくわかんないけど、林道歩きが
15kmくらいはあるんじゃないですかね…。
そんなにたいしたことないでしょう。
いつもロングコースを歩いているでんさんなら可能かと…。

年に一回くらいは泊まりでの山行をやってみて下さいよ。
コースの選択肢が増えますよ。
あっ!その時には是非船窪小屋に泊まって下さいね。(笑)

昨晩無事帰宅しました。
ありがとうございます。
Commented by ゆな at 2013-10-22 08:32 x
全部読んだー( ´ ▽ ` )ノ
さすが早いね!
このコースを1泊かぁー!

この辺りは強者や変態が多いイメージだわ。

それにしても、寅とはよく行く山が被るね。笑
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-22 20:05
★ゆなちゃん、こんにちは。
読んでくれて、ありがとう!

休みが少ないから、速く歩かないと、
いっぱい歩けないんだよね。(汗)
あと一泊できりゃ、焼岳まで行けたかも…とか思ってるんだけど…。

>この辺りは強者や変態が多いイメージだわ。

ツワモノとヘンタイかぁ…。
そうかなぁ。
そんなに凄いと思える人はいなかったよ。
あっ!槍平付近でみた先行する登山者は速かったと思う。

たしかに、ゆなちゃんとは、行く山がよく被るねぇ。(笑)
なかなか会わんけど…。
Commented by ミキ at 2014-03-07 03:46 x
今ごろになってやっと読みに来れました~
天気最高やしうらやましいー!はやいねーー
温泉沢の頭から高天ヶ原へ下る道をちょっと歩きやすくした感じって、めちゃわかりやすくて笑ってしまった( ̄ー ̄)
Commented by torajiro-joshu at 2014-03-07 22:43
★ミキちゃん、こんにちは。
ありがとう!

天気、赤牛の時には負けるかもしんないけど、
この日もかなり良かったので、楽しめたよ。

どう?俺が晴れ男ってわかったやろ?(笑)

この時は荷物がそこそこ軽かったので、そこそこ歩けた。
満足いく歩きとは思えなかったけど…。
もうちょっと歩けるかと思ってたんで…。(汗)

荷物を12〜13kgくらいにおさめられれば、なんとかなるみたい。
もっとも睡眠不足には、重さに関わらず左右されそうだけど…。

今年はもっと歩けるようになるべくトレーニングしてるから、
もっと歩けると思う。
一緒に歩けたなら、もうちょっとしっかりしたとこを
お見せします!(笑)

>温泉沢の頭から高天ヶ原へ下る道をちょっと歩きやすくした感じって、めちゃわかりやすくて笑ってしまった( ̄ー ̄)

お〜!わかってもらえて良かった!(笑)
あんな感じだよね。
でも、何故だか、個人的には、南岳新道はもう歩かなくていいかな。
温泉沢の頭から高天原への道はまた下ってもいいけど…。
登りはイヤだけどね。(笑)
by torajiro-joshu | 2013-09-29 23:59 | 山歩き | Comments(9)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu