寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

台風接近間近!?船窪小屋へ (2日目)

日曜は朝から雨だろう。
その場合、ボランティア作業はどうなるのか?
何もすることなかったら、せめて水汲みだけでもして、
早々と下山かなぁ…と思ってはいたが、
予想に反し、悪くない天気!
a0094280_20583390.jpg

不動〜烏帽子の稜線の向こうには、赤牛〜水晶の稜線まで見えていた!



a0094280_20583823.jpg

立山こそ頭が雲に隠れていたものの、
獅子、竜王などの山々は未だ見えていた。
a0094280_20584368.jpg

朝から美味しい朝食をしっかりいただく。

温泉卵が嬉しい!
a0094280_2058484.jpg

朝食後、小屋を飛び出し、大町側を覗けば、
未だ街はしっかり見えていた。

小屋脇の樹々には紅いものもあったりして、
何気に秋の装いを見せ始めていた。
a0094280_20585346.jpg

北葛〜蓮華の稜線も、昨日よりは幾分色付きが濃くなった感じ。

天気が意外にいいので、「道しるべの会」のHさんと、
今日は針ノ木谷手前まで下り、
危険箇所を迂回するルートの選定にゆく。

キャンプ場に着く頃、雨が降り出す。
そこそこの降りなので、カッパを着込む。

キャンプ場を越え、船窪乗越に向かう道をゆくと…、
a0094280_2059083.jpg

盆休み前に草刈りをしたところに新たな道が拓かれていた!

感動した!

草刈り後に、会のメンバーの尽力により、
新たなルートが拓かれたのであった。

ルート選定、草刈りよりも、ルートを作る作業の方が
遥かに大変だったと思うが、その作業に、微々たる力ではあったが、
一部参加できたことを嬉しく思った。

このルート、旧ルートよりも樹々の下を潜ることになるので、
秋の紅葉時には堪らないんじゃないかと思う。
大袈裟に言うと、紅葉のトンネルの下を潜る感じじゃないかなぁ…。
a0094280_2059487.jpg

船窪乗越に到着。

ここからは、概ね針ノ木谷まで一気に下ってゆく感じ。

途中、秋の恵みを収穫したりして、楽しみながら下る。
a0094280_2059118.jpg

針ノ木谷手前のつづら折れの急坂は、落石を起こし易く、
また、そうなった場合、危険なので、新たに迂回ルートを拓くことなった。

今日は、その為の下見。
というか、選定作業。

大木が転がっていたりして、開拓にはかなり人手を要しそう。
それでも、登山者の安全の為には拓かないわけにはゆくまい。

薮漕ぎさながらのルート選定をする。

帰りは急降下してきた道を登り返す。
案外キツいが、時折見せる蓮華岳が我らを励ますように
姿を見せてくれた。

降ったり止んだりしてるが、天気は概ね良好。
そこそこ快適に歩ける。

再び、乗越へ。
a0094280_20591737.jpg

高瀬ダム側の雲に呑まれそうになりながらも、
荒々しい山肌を見せてくれた。
a0094280_20592329.jpg

獅子、鬼、竜王と、名前も姿もカッコいい山々。
a0094280_20592883.jpg

船窪小屋のキャンプ場手前のダケカンバの森。

船窪付近では、俺はここが一番好き。
緑の時もいいが、紅葉の時は、本当に最高だと思う。
時間があれば、夏などは、ボーッとしたり、昼寝したい。(笑)

作業で一緒だったHさんとひとまず分かれ、俺は水場へ。
a0094280_20593445.jpg

目まぐるしく変わる空。
不動岳はわき上がる雲に呑まれそうになってた。

おいしい水を汲んだ後、久々に七倉岳へ。
a0094280_20594136.jpg

七倉岳頂上より。

針ノ木側はまだまだ良く見えてる。
a0094280_2059467.jpg

裏銀の山並の向こうには、夏に歩いた赤牛岳、そして、水晶へと続く道。

僅か一ヶ月前のことだが、ひどく懐かしく感じられた。

赤牛からの大展望、また楽しみたいなぁ。

久々に来て、思った。
小屋まで来ても、いつでも行けるからって感じで、
なかなか行かないけれど、眺めも結構良く、
地味だけど、七倉岳はいいピークだと…。
a0094280_20595375.jpg

僅かな時間にどんどん雲が湧いてきて、
目まぐるしく眺望が変わる。

それでも、小屋までの道はしっかり。
a0094280_2131045.jpg

蓮華、北葛も未だ見えてる。
a0094280_2124747.jpg

槍も見えたり、隠れたり。
a0094280_213310.jpg

大町の街はすっかり雲海の下に…。
a0094280_2131843.jpg

小屋は、海にポッカリ浮かぶ島の先端にあるような雰囲気になってた。

小屋近くまで戻ると、鐘をならしてくれた。
何回聞いても嬉しい鐘の音。

外では、登山客が思い思いに楽しんでいた。

丁度お茶にする時で、スタッフと一緒に俺もお茶をいただいた。
少し冷えた体に、熱い紅茶がしみた。

そうしてる間にも、更に雲はどんどんわいてきていた。

小屋に入り、外が気になり、外に出る。
すると…、
a0094280_213321.jpg

高瀬ダムからの雲は船窪岳さえも呑み込まんとしていた。
a0094280_2134825.jpg

押し寄せる雲は、台風の訪れを告げていた。
ほとんどの山が雲の下になっていた。

夕食後のお茶会の後には、雨が落ち始めて、
夜の深まりとともに、それは次第次第に強くなっていった。

明日早々に台風が去ってくれますように!
祈りながら、眠りに就いた。
[PR]
Commented by よしくに at 2013-10-01 17:30 x
ボランティア作業ご苦労様、頭が下がります
お手伝い、したいと思っても、なかなか実行できないのが現実
それを実行しているんですからね
整備された道をいずれ歩くと思います
その時、しみじみ感動するんだろうな
ありがとう~~~!って、
Commented by torajiro-joshu at 2013-10-01 18:34
★よしくにさん、こんにちは。
ありがとうございます。

俺は、それほどの活躍はしてないんですけどね…。(汗)

船窪小屋、是非是非泊まってみて下さい!
本当にあたたかい、素敵な山小屋ですから…。
by torajiro-joshu | 2013-09-15 23:59 | 山歩き | Comments(2)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu