寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

船窪小屋へ…。(2日目)

昨夕から吹く風が、夜通し小屋の窓を、壁を叩いていた。

夜中に目が覚めて、窓から空を眺める。

コンタクトを外しているのでハッキリはわからないものの、
夜空いっぱいに星が散りばめられた様子が見てとれた。

明日は天気が期待できよう。

ふたたび眠りについた。
と言いたいとこだが、日付が変わってからは眠ることができず、
うつらうつらするだけだった。

3時半過ぎくらいだろうか?
スタッフが朝食の用意をするのと同じくして、
俺も起きる。

コンタクトをつけ、未だ暗い空を眺める。
夜中に小屋から見た時よりは幾分もやった印象を受けたが、
それでも素晴らしい星空が待っていてくれた。

朝食の準備ができたので、配膳を手伝う。

風はあるものの、晴れているので、どのお客さんもみんな笑顔だ。

お客さんの朝食が済んだ後、小屋のスタッフと一緒に朝食をいただく。
ワシワシ食べて、午前中の作業に備える。

今日は、船窪乗越手前の崩壊面上のルートの裏側に新規ルートを
つける為の準備で、下草刈りと倒木等の伐採である。
そして、その帰りに水場で水を汲んで帰る。
a0094280_17584283.jpg

作業場の上からは素晴らしい展望が広がっていた。



a0094280_17583491.jpg

今日は、この崩壊面の上のルートの更に左の、
安全な側に新規ルートをつける為の作業。

陽射しは強いものの、日陰で、また風も少し吹いている為、
比較的楽に作業ができる。

それにしても、新規ルートを作る手間ってのも凄く大変だと感じた。

まずはルートの選定に始まり、下草刈り、倒木等の伐採。
その後、ちゃんとした、登山者が歩けるルートを作るわけだが、
今回、その作業は斜面をトラバースするように作る為、
常に谷側に向け踏ん張る状態を強いられる。
そして、それが結構急なもんだから、気を抜くことはできない。
転がって落ちても、下の樹々に引っ掛かるだろうけど…。
多分…。

おさんぽさん曰く、「登山者の安全を第一に道を作るには、
どうしても作業は危険にならざるを得ないんだよね。一番いい、
フラットなところをルートにするには…」

なるほど、そうだと思った。

一番いい、フラットな面を作り出す為に、
それより危ういとこで作業する。

一番いい場所を足がかりにしたら、一番場所が無くなっちゃうもんな。

もしそれを足がかりにするとしたら、作業が大規模になり、
労力は更に必要となるだろうから、少ない、限られた人数で、
安全なルートをなるべく早く作るには、その方法がベストなんだろうと思った。

何気ない登山道に、多くの人の労苦や思いが込められている
ことを改めて知った。

ありがたいという他に、言葉が見つからない。

同じ男ながら、おさんぽさんがまぶしく見えた。
そして、今日ここにはいないけれど、いつも作業をしている、
道しるべの会の人達の存在も同様に思えた。

俺も、自分の山歩きと並行して、今後この会の力になれたらいい。
見えない誰かの役に立てればいいと思った。
a0094280_17585013.jpg

作業中の斜面に腰を下し、そこから針ノ木岳を望む。

針ノ木には雲一つなく、とても気持ち良さそうだった。
a0094280_1758563.jpg

織りなす峰々の向こうに槍ヶ岳を望む。
a0094280_1759256.jpg

不動岳もデカい。

その向こうには、たしか、薬師岳。

下草刈りを終え、俺は作業終了。
12時過ぎに下山にかかろうと思っているので、
一足先に上がらせてもらう。

おさんぽさんはもうちょっと作業してから戻るとのこと。

この後、水場で水を汲んで、小屋まで戻る。
a0094280_1759985.jpg

キャンプ場手前のダケカンバの巨木のある道。

とても気持ちよく、秋もとても綺麗。
時間があれば、ここで昼寝したいくらいの、とても場所。

キャンプ場から水場に下り、例の日本一危険な水場で、
水を17リッターほどか?汲み、小屋まで戻る。

老体には、なかなか堪えたぜ…。(汗)

小屋に戻り、昼食をいただいてから下山する。

記念に、去年は品切れだった、念願の船窪Tシャツを購入。
今年は、これ着て、山歩こうか。
もちろん、ボランティアの時にも…。

昼食を食べ終わる頃、おさんぽさんが帰ってきた。
彼も今日下山だが、俺より家が近い為、もう少し遅くに下山するとのこと。

下山前に、周囲の山々を眺める。
a0094280_17591972.jpg

今日は針ノ木も、その奥の立山もバッチリ見える。

素晴らしい天気に、素晴らしい展望。

名残惜しいが、明日は仕事。
下山する。

帰り際、スタッフのみなさんひとりひとりに挨拶すると、
船窪のお父さんから握手を求められた。

正直言って、とても嬉しかった。

今年から船窪小屋のボランティアの「道しるべ」の会に正式入会した。
けれど、総会には出たものの、その後の落葉掻きには、
あばらを痛め、不参加。
この日が実質初めての活動だった。

お父さんの厚い手と握手を交わした時、
初めてちゃんと会員になれたような気がして、本当に嬉しかった。

と同時に、これからも、自分の山歩きと並行しつつ、
極力小屋に来て、会の、小屋の、力になりたいと思った。

多くのみんなに見送られ、下山。
a0094280_17592524.jpg

大町側からは雲がわいてきた。

夏らしい青空。
陽射しが痛いくらい。
a0094280_17593199.jpg

天狗の庭からは、昨日は見えなかった裏銀の山々がバッチリ見えた。

今年は無理だろうけど、来年以降裏銀を歩いて槍にも行ってみたいな。

素晴らしい展望を胸に焼き付け、下山する。

天狗の庭から暫くは陽射しを浴びる為、暑くてキツいが、
樹林帯に入れば日陰になり涼しいと思い、先を急ぐ。
a0094280_17594631.jpg

鼻突八丁から上は、名前の通り険しい道だが、
この先は幾分楽。
とはいえ、気の抜ける道ではないけど…。

なので、転ばぬように集中して歩く。
a0094280_1759525.jpg

岩小舎。

樹林帯の中の道を誰とも会わず、独りで黙々と下る。

一度も休憩を取らなかったが、脚の方は案外調子良く、
膝の痛みも左に僅かに感じるくらい。

なので、休まずに下りる。

七倉まで下ると、これまでの登山道の静けさがウソだったかのように、
そこそこ多くの登山者で賑わっていた。


今山行は、本当に色々と勉強になるものだった。
そして、多くの岳人の先輩やスタッフからも良い刺激を受けた。
今までと一味違う山行だった。

ひょんなことから入会した「道しるべの会」だが、
本当に入会して良かったと思う。

これも一つの縁なんだろうと思う。

素敵な出逢いをくれた船窪小屋に、あらためて感謝。



[コースタイム]
船窪小屋(-/12:41)〜天狗の庭(12:54)〜鼻突八丁(13:12)〜
岩小舎(13:28)〜七倉(14:09/-)
[PR]
Commented by でん at 2013-08-13 19:19 x
寅次郎さん、もう立派な山のスタッフですね。
どこどこの山を歩いてきたとかと言うようなそんな時限の話じゃない。
私にはとても真似のできることではありません。
こんな奴だから逆に見習ったほうがいいのかも(-_-;)
「なかなか真似はできません」なんて社交辞令的なことは言えないです。
Commented by torajiro-joshu at 2013-08-13 19:28
★でんさん、こんにちは。
ハハハ…。
んなこたぁないです。(汗)
俺なんて、未だちょっと作業しにいっただけですから…。

でも、誰かの役に多分立って、
少しは山に恩返しになるのかなぁと…。

これからもできうる限り続けていきたいと思ってます。
Commented by よしくに at 2013-08-15 06:24 x
道しるべの会
改めて、スタッフの皆さんには感謝ですね
その一員の虎次郎三素敵です
実際に道を造るところを味わうと、感無量でしょうね
全開の日記にも書きましたが
整備された登山道を歩かせてもらって、何時も感謝の思いに駆られます
自分も何かできること、と思うのですが
せいぜいゴミを拾って帰るくらいです(笑)
お疲れさまでした
Commented by torajiro-joshu at 2013-08-15 06:47
★よしくにさん、こんにちは。
ハハハ…。
ありがとうございます。
自分なんか、たいして役に立ってはいませんが…。

何度も言っちゃいますけど、船窪小屋は本当に素敵なところです!

その魅力の源泉の、船窪のお父さん、お母さんが山小屋にいる
うちに小屋に行くのがベストでしょう。
代替わりしても魅力的な小屋であり続けると思いますが、
なんと言っても、船窪小屋の名物はお父さんとお母さん!
そして、そのお二人を中心にしたあたたかさだと思いますから…。
よしくにさんも是非!(笑)

ゴミ拾いも立派じゃないですか!
自分のできるカタチで山に恩返しする。
それでいいんじゃないでしょうか。
Commented by ゆな at 2013-08-21 12:42 x
お疲れ様でした!
そして、ありがとうー!!!
本当に感謝感謝だよー!!!

この前は船窪小屋まで辿り着けなかったけど、今年、行きたいなぁ。。。
Commented by torajiro-joshu at 2013-08-22 00:05
★ゆなちゃん、こんにちは。
ありがとう!
俺なんか、本当に微々たることしかやってないけどね…。
会の先輩方は本当に凄いと思う。

先日は行けなかったようだけど、今度是非!
お待ちしてま〜す!(かもしれない。笑)
by torajiro-joshu | 2013-08-11 23:59 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu