寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

白峰三山縦走(1日目)

毎日目まぐるしく変わる天気予報に翻弄されつつも、
今回はより雨の確率の低い南アルプスを歩くことにした。

そこで、今山行の目的はただ一つ。
西農鳥岳、農鳥岳に登ること。
なぜなら、それらを登れば、自分の中で3000m峰全部を
登り切ることになるからだ。

だから、正直なところ、他の山は登れなくてもいい。
とはいえ、ルートの都合上、また、当日の天気を見計らって、
白峰三山縦走となった。



長野県側の入山口、仙流荘ではおそらく300人を
越える登山客が バスの出発を待っていた。
一ヶ月前とは大違いの様相に、ハッキリ言って、びっくりした。
いくら三連休とはいえ…。

当初は、北岳の小屋の混雑を予想して、
初日に熊ノ平まで入ろうと思っていた。

しかし、北沢峠の小屋の人に様子をきいたところ、
想像以上に時間がかかりそうなこと、
また、当日の天気が不安定なことから、
広河原入りして、無難に北岳山荘を目指すことにする。

北沢峠で広河原行きのバスを待っていると、
どこかで見かけた顔が!
間違ってると恥ずかしいな…と思いつつも声をかけてみると、
果たして、しおさんだった。

まさか、こんな場で遇えるとは…。

しおさんは前日黒戸尾根を登って、甲斐駒を越え、
北沢峠まで下りてきて、本日は帰宅するとのこと。

それでバスを待っていたのであった。

久しぶりの再会に、山の話は尽きず、
広河原まで楽しい時間を過ごさせてもらった。

広河原でしおさんと別れ、俺は北岳へ。

その前に、ビジターセンターで雪渓の様子を訊く。
すると、左俣の八本歯方面は、やはり、要アイゼンとのこと。
なので、必然的に肩の小屋経由で北岳山荘を目指すことにする。
a0094280_1924129.jpg

吊り橋を渡り、登山道へ。

北岳は雲に呑まれている…。
a0094280_1924892.jpg

歩き出すとすぐに、人の列が見えるようになる。

それにしても、物凄い人出…。
歩き出しから断続的に人の列。

こんなに凄い人出は、南アルプスでは見たことない。
恐るべし、三連休パワー…。

これは、やはり、山小屋は激混み必至だろう…。
先が思い遣られる…。

渋滞にハマりつつも、俺の体の方は快調。
歩き出しは調子イマイチな気がしたが、
徐々に調子が出てきた感じ。

さすがに、荷物軽量化の効果は絶大なんだな。

6月の山行では見る影もなかった去年の俺の足が、
ちょっとその姿を、いや、影を、見せたような気がした。
a0094280_19241321.jpg

振り返ると、栗沢山、アサヨ峰!?

鳳凰三山方面は天気は良いようだが、
これから進む方向は…。
a0094280_19241810.jpg

それにしても、何だ!?この人の波は…。

波酔いしちまいそうだぜ…。

北岳は相変わらず雲に呑まれたまんま…。

左俣方面は要アイゼンとのことなので、
人が少ないのかな?と思いきや、
結構な人が登っていて、
砂糖の上を隊列を作って歩く、蟻のように見えた。

俺は最初から雪渓上は歩くつもりはなかったので、
右俣経由で、肩の小屋を目指し、北岳を越え、
北岳山荘に向かう。
そして、時間と天気が許せば、熊の平まで歩くつもり。

大樺沢二俣は、多くの登山者で賑わっていた。

腹が空いたので、木陰で休みながら、パンを口にする。
エネルギーをチャージ。
a0094280_1924283.jpg

バットレスも雲の中…。

北岳は全く姿を現さず…。
a0094280_19243317.jpg

右俣に進むと、登山者は幾分減ったかのように思えた。

ということは、みんな八本歯経由で北岳山荘泊まりか?
a0094280_19243692.jpg

樹間からは鳳凰三山が見える。

あっちはマズマズの天気なのか…。

こっちもそうあってくれよ…。
a0094280_19244115.jpg

相変わらず雲がかかったまま。

標高2900mより上くらいからだろうか?
そこから上が雲に呑まれてるようだ。
a0094280_192449100.jpg

緑の中のルートを登ってゆく。

草付きの道から樹々の生い茂る道になる頃、
雨が落ち出す。
粒が大きく、勢いもいい…。

取り敢えず、カッパを上だけ着てみる。

それにしても…。
この三連休、雨を避け、北アルプスから南アルプスに
目的地を変更したのに…。
前線の影響による雨ならば、前線下がり過ぎじゃねぇか…?

小太郎尾根との分岐を越えると、強い風が吹き出す。
そんな中をひたすら登ってゆく。
a0094280_19245375.jpg

完全に雲に呑まれ、乳白色となった世界と
足元の緑のコントラストが印象的だった。
a0094280_19245830.jpg

足元では、シナノキンバイがしっとりと、綺麗に咲いていた。

強く吹いていた風は更に強くなったようだ。

正直言って、楽しい山歩きではない。
けれど、明日は少しはいいだろうと信じて、
一歩一歩進む。

漸く肩ノ小屋に着き、一息入れていこうかと思っていると…。

……?
なんと!目の前にたけさんが…!

ちょっと声をかけたら、俺がサングラスをしていた為、
最初は誰かわからなかったらしい。

久々の、偶然の再会に喜ぶ。

いやはや、なんたる偶然!

たけさんはたけさんパパと、友人のMさんと一緒に来ていた。
これからどうしようかと思案していたようだが、
風雨ともに強い状況をみて、北岳山荘までは行かず、
本日はここでテン泊するようだ。

テントにスペースがあるから、泊まればと誘われたが、
残念ながらシュラフがない。
とても有難い提案だったが、お断りした。

本日の宿をここにするなら、明日一緒に歩こうとも言っていただいた。
そして、この後、一緒にお茶会でもしようとも…。

う〜む…。
有難い提案である。
いきなりパーティに加えてくれるというんだから…。

けれど、俺は少々、というか、大分迷った。

コロコロ変わる天気。
明日もし曇りならば、農鳥を越え、大門沢から更に下り、
一気に奈良田まで下りてしまった方がいいんじゃないかと…。
それには、今日、北岳山荘まで入ってしまった方がいい。
とはいえ、現況は強い風と雨…。

俺は迷った。

テン場が無くならないうちにと、いち早く手を打った
たけさんパーティがテントを張りにいってからも
更に迷っていた。
決断できずにいた。
30分くらい思案した。

けれど、物凄く冷静に考えると、時間は既に12時半を過ぎてる。
この悪条件の中では、とっくに上がってもいい時間だ。
普段の俺なら、好条件でも、上がってもいいと思える時間だ。
もしアクシデントがあったら、この風雨ではちょいと厄介なことになる。

俺は肩の小屋に泊まると決断した。

宿泊手続きを済ませ、小屋での自分のスペースを確認した後、
たけさんのテントに遊びにいった。

たけさんのテントでは、久々の再会に、
色んな山関連の話に花が咲いた。
3000mの稜線で、思わぬ楽しい時間を過ごした。

小屋に戻ると、めっちゃ狭いスペースの居場所が待っていた…。
寝返り打つのも大変なスペースしか割り当てられず、
快適性などまるでない。

しかし、仕方あるまい。
三連休中だし…。

宿泊客がとても多い為か、夕食は15時50分からだった。
a0094280_192549.jpg

素朴だが、あたたかい料理をいただいた。

夕食を摂っても、寝るには未だ早い。
同じ区画の、素敵な親子さんと山の話をしながら、
のんびりと過ごした。

翌日の天気の好転を祈りながら、20時頃眠りについた。



[コースタイム]
広河原アルペンプラザ(-/8:38)〜広河原山荘(8:42)〜
大樺沢二俣(10:04/10:14)〜2735m付近(11:00/11:06)〜
小太郎尾根分岐(11:17)〜北岳肩ノ小屋(11:50/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2013-07-18 06:37 x
北岳は2回登ってるけど、2回とも雲の中
下に降りてくると山頂が良く見えるというパターン
強風での山頂越え 留まって正解だったんじゃないかな
仲間との時間ももてたしね

それにしても、海の日がらみの三連休は
何処の山小屋も凄い人だったようですね
私は、せっせと荷物を運んで訓練?してます(笑)

間の岳までは行ったけど、農鳥まではまだ、
いずれチャレンジしようと思ってます
今後の経過を楽しみにしてますよ
Commented by でん at 2013-07-18 12:17 x
確かに人が多いですね。
人が多いのは富士山だけじゃないってことですね~。
遠出して顔見知りに出会うことなんて滅多にない気がしますが
それだけ人が多いのか、みんなが考えていることが同じなのか、
寅次郎さんの顔が相当広いのか・・・(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2013-07-18 21:28
★よしくにさん、こんにちは。
肩の小屋ステイで正解だったんでしょうね。
農鳥メインだった為、熱くなって!?
危険察知能力が低下してたのかもしれません…。

海の日三連休の山は凄いですね!
休みが他に取れるならば、その日に行くもんではないと
思いました。

間ノ岳〜農鳥の間のルートもなかなかいいですよ!
是非歩いてみて下さい!
Commented by torajiro-joshu at 2013-07-18 21:31
★でんさん、こんにちは。
すんげ〜人多かったです!
13日は、広河原行きの臨時バスが24台増発されたとか…。
富士山が4000人入山で、北岳が2000人とも…。

俺の顔はそんな広くないです。
地味に生きてるので…。
まぁ、連休には、それだけ人出が多いということでしょう。
Commented by ゆな at 2013-07-24 07:28 x
山で友達と偶然会うとテンション上がるよね!
北岳はそんなに雨が降ってたんだね(>_<)
同じ南アでも違うね。

それにしてもすごい人w
さすが北岳w
Commented by torajiro-joshu at 2013-07-24 20:20
★ゆなちゃん、こんにちは。
まさかこんなとこで!って、びっくりするよね!
今回は、それが二度あったわけだから、本当にびっくりした。

北岳は結構降っていたよ。
塩見はそうでもなかったのかぁ。
そんなに離れてないけどね。

北岳、本当にすごい人出だった。
もう、あんな混雑の山はイヤだな…。
by torajiro-joshu | 2013-07-13 23:59 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu