寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳(2日目)

静かな夜だった。
20時に床につき、24時には目覚めてしまった。
その後、うつらうつらしながら朝を迎える。

小屋のスタッフの配慮により、
日の出前に朝ご飯をいただく。
a0094280_22535161.jpg

仙水小屋の朝食。

ウマい!
そして、朝から充分な量。
ありがたい。

朝食をいただきながら、窓の外を眺める。

快晴だ!

今日の行動は楽しそうだ。

少し体は重いものの、
前日、ストレッチを入念にした為か、筋肉自体は大丈夫そう。
しかし、あまり体の疲れは感じないものの、両膝に違和感…。

それでも、この時は、体があたたまれば大丈夫と信じていた。

先に出発した梅ちゃんの後を追うように出発。



樹林帯の中を歩いてゆく。
雰囲気的には、オーレン小屋から夏沢峠に向かう道のような感じ。

峠手前では、登山道に凍結箇所があり、
初めてスケート靴を履いた人みたいになった。
a0094280_22535516.jpg

逆光の中に、甲斐駒の摩利支天が浮かぶ。

そして、間もなく峠の標識が見えると、
その陰の中に梅ちゃんがいた。

ここで、一緒に記念撮影をしてもらう。

それにしても、いい天気!
a0094280_2254080.jpg

甲斐駒の筋肉質な山容が迫力ある!
a0094280_2254673.jpg

そして、右手を見ると、鳳凰三山の地蔵岳のオベリスクが
ハッキリとみてとれる!

いや〜、素晴らしい!
本当に素晴らしい!
a0094280_22541433.jpg

振り返れば、仙丈もバッチリだ!
a0094280_22542196.jpg

谷の方に目をやれば、秩父や丹沢の山々だろうか?
墨絵の世界のような姿を見せていた。

昨日とはうって変わって素晴らしい景色に、
思わず感嘆の声をあげてしまう。

これなら、甲斐駒の頂上もきっと好展望が楽しめるだろう。

先に立った梅ちゃんを追いかけたいとこだが…、
ダメだ。

痛い、痛い。
歩き出しから痛い両膝に、希望が見いだせない。
好展望に反比例するかのようにテンションは下がる…。

熊除け代わりに持ってきたiPodを鳴らす。
幾分テンションが上がり、黙々と歩き続ける。
ペースは全く上がらんけど…。

樹林帯の道を頑張って登ると、
a0094280_22542540.jpg

背後には栗沢山〜アサヨ峰の稜線が綺麗に見える。
a0094280_22543136.jpg

その連なりの向こうには、北岳がクッキリと見える。

そして、目を凝らせば、鳳凰三山の向こうに、富士山が見えた!

もう、本当、最高の天気!最高の展望!

そんな景色を背に、登ってゆく。

すると、漸く駒津峰。

ここの展望も素晴らしい!
a0094280_22543814.jpg

甲斐駒の姿が凛々しい!
a0094280_22544461.jpg

中央アルプス。
a0094280_22545176.jpg

御嶽も。
a0094280_22545962.jpg

そして、北アルプスも全部見える!

いやはや、梅雨時だと言うのに、今日は恵まれてるなぁ…!
a0094280_2255839.jpg

そしてそして、栗沢山から鳳凰三山へと連なる峰々の向こうには、
富士山がバッチリ、くっきり!

ここでこれだけの展望。

甲斐駒の頂上に行けばと…、更に期待が高まる。

ここからは、六方石まで一先ず行き、そこからは、
小屋のスタッフの意見に従い、直登コースで頂上へと向かう。

六方石からの直登コースは、「えっ!ここ行くの?」と思うような、
意外に険しい場所もあり、油断は禁物。

小さいザックならばまだしも、大きなそれだとちょっと不安になる
ような場所も2箇所ほどあった。
a0094280_22551479.jpg

それにしても、岩岩してる!

岩の要塞みたい!

そんな要塞みたいな山も、頂上間近は意外にザレていて、歩き難い。
転けたら、ちょいと危なそうなので、注意しながら歩く。

それにしても、キツい。
足の痛みが一向にとれない…。
というか、悪化してきている。

今日の行程の2/5も終わらないのに、
この状況はかなりヤバいかもしれない。

両膝が同時に痛むなんて、ここ数年なかった。

何なのだろう?
最近、トレーニングを全くしていなかったから、
そのツケが今きたのか…?

思えば、ゴールデンウィークにいつもの大坊山〜大小山を
歩いた時、いくら気温が高かったとはいえ、通常よりも
5%ほど多く時間がかかっていたのが気になったが、
この日の足の痛みの暗示だったのかもしれない…。

あばらの痛みはほとんどなくなったとはいえ、
足がこんなでは…。

しかし、そんなこと言っていても仕方ない。
とにかく、歩くのみ。

痛む足を騙し騙し歩く。

もうそこが頂上かな?と思う頃、やっと頂上に着いた。
a0094280_22552153.jpg

甲斐駒ケ岳頂上。

やっとだ…。

本当に今回はキツい。
体力云々というより、足の痛みがキツく、
なかなか足が前に出ない。

頂上には、梅ちゃんはじめ、黒戸尾根から来たと思しき
登山者が数名見受けられた。

ウワサには聞いていたが、黒戸尾根、大人気やな。

頂上では、先に着いた梅ちゃんに、一番高いとこに
登った姿を写真に撮ってもらった。

それにしても、本当に素晴らしい天気!素晴らしい展望!
360°何ひとつ遮るものがなく、遥か遠くまで見渡すことができる。

絶景哉、絶景哉。
この時期、こんないい天気に巡り会えるとは…。
本当にラッキーだ。
a0094280_22583722.jpg

仙丈ヶ岳〜間ノ岳〜塩見岳へと繋がる長大な仙塩尾根、
北岳の姿が一望できる。
その奥には、南アルプス南部の山々も見てとれる。
a0094280_22585412.jpg

鋸岳の向こうには、北アルプスの峰々、頸城の峰々。
a0094280_22591629.jpg

鋸岳の荒々しい稜線もカッコいいな!

来年以降、是非行ってみたい。
a0094280_22593498.jpg

北アルプスも本当に綺麗だ。

向こうからも、同様にこっちが見えてるんだろうな。
今年も行くぞ!
a0094280_22595191.jpg

八ヶ岳はすぐそばに見える。

この角度からの八ヶ岳は新鮮。
その向こうには、浅間や、赤城、榛名と思しき姿も見えた。
a0094280_230963.jpg

仙丈ヶ岳の麗しい姿も…。

こう見ると、意外に雪があったのだなと思う。
a0094280_2302774.jpg

栗沢山の向こうに、北岳、間ノ岳、塩見岳。

高校1年時の、辛い夏山合宿がリアルに思い出された。

あれから大分経ったんだなぁ…。
そして、ようやく、3000m峰完登まで、残すところ西農鳥(及び農鳥)
のみとなったんだなぁ。
今年中に、あの北岳を越え、西農鳥まで行ってみよう。

あまりの素晴らしい景色を前に立ち去り難く、
景色をずっと眺めたり、厚木からみえたという登山者の方と
話し込み、暫く頂上にいた。

気付いたら、1時間以上もいた。

しかし、そうゆっくりもしていられまい。
13時15分歌宿発のバスに乗るには、そろそろタイムリミットだ。

立ち去り難いが、その気持ちは頂上にそっと置き、
下山にとりかかる。

下山は、双児山から北沢峠へと下ることにする。

残雪の状況と自分の足次第だが、通常なら2時間で下れると思う。
しかし、今日は全く自信がない…。

どうなることやら…?
a0094280_2304631.jpg

未だよく見えている富士山の姿を心に焼き付ける。

駒津峰への直登コースは、直下コースとなった。

登り時に悲鳴を上げそうだった両膝は、悲鳴を上げた。

キツい…。
マジでキツい…。

その膝を騙し、駒津峰を越え、双児山、不動岩へ。

双児山の手前からは雪が現れ始め、歩き難い。

そして、不動岩を越えてからは意外にテープが見つけにくく、
ロストした…。

注意深く探しても良かったのだが、ナビをみて、
ショートカットできると判断。
ちょっと強引に下る。

無事にショートカット!?はできたが、振り返って思えば、
冷静に戻った方が良かったのかな、とちょっと反省。

雪がなくなったあとは、更に痛みの増してくる足を騙し騙し、
頑張って下る。

ストックを持っていったのだから、それを使ってもよかっただろう。
しかし、普段は持ち歩かないし、もしまたこんな状況だったらと
仮定し、使わないで頑張ってみることにした。

地図では直線的に下る筈の道も、実際はコースが変わってるようで、
うねうねと遠回りだった。
膝にはどっちがやさしいのかわからんが、
とにかく頑張って下る。

本当に痛い。
なんでこんなに痛いのか!?と思うほど痛かった。

しかし、この痛みを越え頑張った先に何かがあるのだと信じ、
ひたすら歩いた。

小屋の影が見えた。
正直ホッとした。

そこで軽く休み、林道を歩き、歌宿へと戻る。

林道になれば少しは軽減されるかと思った足の痛みも、
さほど変わらなかった。

今度はバスの出発時間に間に合わせることだけを考え、
頑張って歩いた。

もう着いてもいいと思うんだけど、もしかした着かないのか!?と
思う頃、やっとのことで歌宿に着いた。

そこには10人近くの登山者がいた。
もちろん梅ちゃんもいて、再会を祝した…。(笑)

それにしても、2日目は本当にキツかった。
行程の4/5以上は両膝の痛みに悩まされた気がする。
その上、あばらの軽い痛み、左足の薬指、中指の痛み。
痛いとこだらけだった。

それでも、なんとか頑張れて良かった。

膝の痛みがほぼなくなるまでは1週間以上かかった。
おそらく、トレーニング不足というか、筋力不足に起因して
いるのではないかと思う。

これからは山に行くことが多くなると思うが、
それだけでなく、普段の日も少しは体を動かした方が
いいな、と強く感じた。

自分的には、反省ばかりの登山だった気がする。
ただ、外に目を向ければ、楽しい出会いもあったりして、
良い山行だったように思う。

今回、お話したみなさん、そして、梅ちゃん、ありがとう!



[コースタイム]
仙水小屋(-/5:10)〜仙水峠(5:35/5:47)〜駒津峰(6:53/7:18)〜
甲斐駒ケ岳(8:17/9:35)〜駒津峰(10:15/10:21)〜
双児山(10:53/10:58)〜北沢峠(11:56:12:03)〜歌宿(13:07/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2013-06-20 06:10 x
膝痛の中頑張りましたね
そのご褒美の展望、素晴らしかったです
私が登った時は遠望はなかったから悔しい(笑)
仙丈にはまだ登ってないので
この時期の晴れ間を狙うのも良いなと参考になりました

楽しく歩けるよう日頃の訓練して下さいね
Commented by torajiro-joshu at 2013-06-20 08:05
★よしくにさん、こんにちは。
ありがとうございます。
2日目は本当にキツかったです。
けれど、なんとか歩け、13時15分のバスにも
間に合って良かったです。

甲斐駒からの展望は想像以上に良かったです。
最高のものでした。

よしくにさんも好天と出会えるといいですね。
この時期の甲斐駒、仙丈は天気が良くても、
バスもまだ峠まで運行してないこともあり、
静かな山歩きが楽しめるようです。
なので、来年以降、是非!

膝の痛みが取れたら、少しは日々運動します。
Commented by でん at 2013-06-20 13:08 x
この日は本当にいい天気でしたね。
白砂山からも富士山がよく見えてました。
片膝ならともかく、両膝の痛みとなるとかばいようがないですね。
自分でも時々違和感を感じることはあるのですが
深刻ではないので助かっています(^^;)
膝痛という人は多いみたいですが、筋力の衰退からなのが原因ですかね~?
Commented by torajiro-joshu at 2013-06-20 20:56
★でんさん、こんにちは。
本当に、この日は最高の天気でしたね!
お互い、最高の展望が楽しめたようですね!
良かった〜!(笑)

漸く膝の痛みが取れてきました。
実は、昨年末頃より、大小山に行った時でさえ足指の
裏に痛みを感じ、それゆえトレーニングを減らしていました。
その為、脚の筋肉がちょっと衰えているんじゃないかと
自分では考えています。
その結果、それが膝にきて…。
いずれにせよ、これからは本格的夏山シーズンなので、
しっかり治して、いっぱい歩きたいと思ってます。

仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳とも日帰りで行けると思うので、
でんさんにはお薦めです!(笑)
Commented by ゆな at 2013-06-21 10:28 x
お疲れ様!
膝が痛いのによく頑張ったねー!
膝、痛いとツライよね…
トレーニング不足じゃなくて、何か悪くなってるといけないから、一度病院に行ってもらって診てもらうのもいいかもよ!時間ないかもやけど…

そういえば、私も中指と薬指の裏が毎回痛くなるのよ。下山時に。何なんやろ(´Д` )

甲斐駒登ったら甲斐駒見えへんやーんって思ってて今まで行かなかったけど、来年行こうかな♪
栗沢山ってかっこいいよね?
Commented by torajiro-joshu at 2013-06-21 20:08
★ゆなちゃん、こんにちは。
ありがとう!
頑張ったよ!(笑)

今まで、あんなに膝が痛いことなかったよ。
しかも、両膝!
キツかった…。

原因は何かなぁ。
トレーニング不足じゃないのかなぁ…。
たしかに、医者に診てもらった方がいいかもね。
でも、今痛くないとなると、いかないんだよね…。

ゆなちゃんも中指と薬指の裏が痛くなんの!?
なんやろね?
やっぱ、靴が合わないのかな?
俺の場合、合わない方の左足だけが痛くなってるんだよね。
お互いに、治るといいね。

甲斐駒、いいよ!
是非行ってみて!
栗沢山もカッコいいと思う。
アサヨ峰もね!(笑)
Commented by taktak at 2013-06-24 23:01 x
こちらこそ有難うございました。
膝痛をかかえながらよくあの時間のバスに間に合いましたね(しかも両膝とは・・・)
バスを待ちながらソワソワしていましたが、寅次郎さんが現れた時はホッとしました。

3000m峰完登もあと少しですね。
今年中にやっつけちゃうんですよね?
無理をしないよう、挑んでくださいね。
Commented by torajiro-joshu at 2013-06-25 18:53
★梅ちゃん、こんにちは。
その節は、ありがとうね。
心配かけて、申し訳ない…。

両膝痛は、筋力不足が原因だとしたら、
本当に情けない。
まぁ、でも、これが今の俺の実力だから、仕方ないね。
トレーニングして、出直しだ〜!

3000m峰完登は、今年中にと思ってるよ。
優先順位は上高地〜日本海>3000m峰だけど、
なんとか達成したいです。(笑)
by torajiro-joshu | 2013-06-09 23:59 | 山歩き | Comments(8)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu