寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

錦秋の船窪岳へ。(2日目)

晴れていた。
キーンと冷えた空気の中、周囲の山々が暁闇の中から
その姿を現し始めていた。
a0094280_1021545.jpg

針ノ木の向こうには立山連峰。



a0094280_1022247.jpg

槍。
富士山と並んで、どこにいても探したくなる。
a0094280_1022962.jpg

遠く、富士山も見える。
a0094280_1023676.jpg

穂高〜槍の姿も、この角度は自分にとっては新鮮。
a0094280_1024239.jpg

多くの登山者が御来迎を眺めに小屋からワラワラと出てくる。
そんな時間帯に、早くもボランティアの方は登山道整備へ。
本当にありがたい。
a0094280_102489.jpg

漸く朝陽が顔を出し始めてきた。

今年は7日ほど北アルプスの稜線で朝を迎えたと思うが、
今日が一番いい朝だった。

静かではあるが、力を秘めたその姿に、暫し見入った。
a0094280_1025490.jpg

この夏歩いた、不動〜烏帽子方面が朝陽に照らされ、
薄紅色に染まる。

あの稜線もアップ・ダウンが激しく、結構キツかったが、楽しかったな。
また歩いてみたいし、その先の裏銀も、やはり歩いてみたい。
a0094280_103079.jpg

烏帽子から先の、槍までの、所謂裏銀。
長いけど、歩いて是非とも繋げたい!
a0094280_103946.jpg

八ヶ岳も遠くに見えた。
a0094280_1031218.jpg

緑の葉に付いた霜が綺麗。
凛とした空気を閉じ込めたかのようだった。
a0094280_1031983.jpg

暖かみの増した稜線を、時を忘れたかのように眺めていた。
a0094280_1033210.jpg

小屋の”外から”、入口の戸を見る。
(わかる人が見れば、面白い写真かと…。)
a0094280_103363.jpg

今日は蓮華岳方面もくっきり。

本当に最高の天気!
下山するのが惜しいくらい。
しかし、翌日は仕事…。

朝食をいただき、今日は小屋締めを少し手伝う。
食器洗いやら、布団を梱包やら…。

作業の合間に、「Team 船窪」のメンツを見送る。
いつの日かの再会を誓って…。

昼は特製のラーメンをいただき、名残惜しさを抱えつつ
下山することにする。

ボランティアのみなさんは、その後も作業を続け、
本日は泊まりで明日下山。
できれば、自分もそうしたいところだが…。

お昼間近になっても、抜群の天気。
本当に最高の天気!

下りたくない…。
帰りたくない…。

しかし、そうも言ってられない。
下山する。

やはり下山するというSさんと一緒に下る。
船窪小屋の鐘と、ボランティアのみなさんに見送られ…。

途中、天狗の庭手前で、船窪小屋ボランティア・「道しるべの会」の
会長のTさんとお会いする。

そこで少し立ち話をしながら、来年「道しるべの会」に入会させて
いただくことを伝える。

自分も長年山を続けてきた。
そして、名前の知らない誰かの尽力による、
登山道整備の恩恵にあずかってきた。
ここらで、自分も誰かの役にたつのもいいだろう。
また、最高に居心地のいい、あたたかい船窪小屋の
力になるのもいいだろう。
ほんの微々たる力ではあるけれども…。

本当に微々たる力だ。
けれど、来年から、少し頑張ってみよう。
a0094280_103401.jpg

天狗の庭は、最高の天気と展望で待っていた。

山々はもちろんのこと、ダムのジグザグ道もしっかり見える。

本当に最高の天気だよ。
俺の中では今年一番の天気。
本当に下山したくない…。

本当に名残惜しい。
しかし…。
その風景を心に焼き付け、下山。

小屋から一緒だったSさんはノンビリ下るということなので、
俺は独りで下山することにする。

後ろ髪を引かれながらも、黙々と下ってゆく。
a0094280_103446.jpg

途中、北葛岳を振り返る。

随分下ってきてしまった。

もう今年の俺の日本アルプスはお終いかもしれない。
北アルプス北部を中心に、今年はいっぱい歩いた。
そして、とても楽しかった。
また来年も楽しく歩きたいな。

仙丈ヶ岳、農鳥にも行きたいし、栂海新道も歩きたい。
裏銀も歩きたいし、裏劔にも行きたい。
北鎌も、北方稜線も…。

来年の夏に思いを馳せながら、俺は下界への道を急いだ。


「Team 船窪」のみんな、ありがとう!
おかげで、とても楽しい山旅でした。
今年一番心に残る山行でした。
いつの日か、またどこかの山で…!



[コースタイム]
船窪小屋(-/12:01)〜天狗の庭(12:27/12:30)〜鼻突八丁(12:48)〜
岩小舎(13:03)〜唐沢のぞき(13:15)〜七倉(13:45/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2013-04-20 15:02 x
窪小屋からの槍~穂は確かに新鮮な眺めですね
すばらしいてんきにめぐまれ、おめdとう!!
帰りたくない気持ちよ~くわかります
今まで。何度思ったことか(笑)

>仙丈ヶ岳、農鳥にも行きたいし、栂海新道も歩きたい。
>裏銀も歩きたいし、裏劔にも行きたい。
>北鎌も、北方稜線も…。
わたしも同じです
これらのどれも、まだ未踏
いつ行けるかな~
と言うより、行こうと決めなきゃ行けないですね
それに、裏劔、北鎌、北方稜線は、一人では行けないですしね


Commented by でん at 2013-04-21 11:54 x
すっかり船窪小屋のとりこになってしまったようですね。
記事を読んでいるだけでも小屋の魅力が伝わってきます。
小屋番さんの人柄なんでしょうね。
その人柄に魅了され、そこに集まってくる仲間がいる。
自分もそんな船窪小屋に泊まってみたいと思わせてくれます。
渋~い このコース、歩いてみたいです(^^)
Commented by torajiro-joshu at 2013-04-22 06:20
★よしくにさん、ふたたびこんにちは。
この日だけは最高の天気でした。
いつまでも見ていたくなるような、360°の展望でした。
そういう時は、やはり、帰りたくないですよね。(笑)

>裏劔、北鎌、北方稜線は、一人では行けないですしね

自分も多少の不安はありますが、行ける時に行かないと…。
天気と休みの兼ね合いで、行けるかどうかは
わからないですけど…。

裏劔は仙人池とかのことだから、
よしくにさんだって楽勝でしょう。
Commented by torajiro-joshu at 2013-04-22 06:24
★でんさん、こんにちは。
本当にあたたかな、素敵な小屋です。

どこから行くにも大変な小屋ですが、
でんさんならどのコースも嫌いじゃない筈。
是非歩いてみてください。
そして、船窪小屋に泊まって下さい。
Commented by takebow at 2013-05-04 20:13 x
ご無沙汰しております。昨年は山の御報告が多く、楽しみにしておりました。腰を痛めて自分が行けない分、寅次郎さんのご活躍を我がことのように思っております。今年も貴兄にとって良い年でありますように。
Commented by torajiro-joshu at 2013-05-05 20:49
★takebowさん、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。

たしかに、昨年は山行記が多かったですね。
最近はダラけて、未だアップしてないものも
いくつかあるんですが…。

takebowさんの腰の具合も早くよくなるといいですね。
そして、山をまた楽しめるといいですね。

takebowさんにとっても良い年でありますように…。

P.S. モエヤンの池辺さんはNACK5で番組をお持ちですね。
自分はたまに聴いています。
Commented by ゆな at 2013-05-13 13:17 x
ほんま、この日は最高の朝やったよな!
めっちゃ写真撮りまくった!
今年も船窪小屋行けたらいーなー(´Д` )
Commented by torajiro-joshu at 2013-05-14 19:31
★ゆなちゃん、ふたたびこんにちは。
この日は最高の天気だったね。
俺の中では、去年の山行の中で一番いい天気だった。

是非今年も船窪小屋で会おう!
そして、爆笑山行だ!←俺が手伝いしなかったら…。(笑)
Commented by みき at 2013-05-18 23:07 x
あーたのしかった!!!ここでのメンバーはこれからも山で当たり前のようにまた出会えるような感覚がほんまにほんまに嬉しい。これからもよろしくおねがいします(*^^*)
Commented by torajiro-joshu at 2013-05-19 08:26
★みきちゃん、こんにちは。
本当に楽しかったね〜!
なんだかとても面白いメンバーばかりで、
笑ってばっかだった気がする。(笑)

またみんなで歩きたいね〜!

こちらこそ、これからもよろしくね。
by torajiro-joshu | 2012-10-08 23:59 | 山歩き | Comments(10)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu