寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

扇沢〜新越山荘〜針ノ木岳〜扇沢(2日目)

未明に降り出した雨が、小屋の屋根を叩く。
目覚めた時は、もう雨だった。

予想以上に早い降り出しだった。




仮に9時頃から降り出したとしても、
針ノ木岳周辺には行けてると思っていたので、
針ノ木雪渓周辺のルートを下る時だけ我慢すればいいと
思っていたのだが…。

朝食を食べ、覚悟を決め、出発。

同室の登山者のみなさんも予定通り下山。

出だしからの雨にテンションは下がる。
それでも一歩一歩進むのみ。

扇沢側からは風が吹き上がってきて、かなり寒い。
とまれば、一気に体温が低下していきそうだ。

一方、立山側は風が吹かず、歩き易い。
立山側を歩く時にはホッとする。

呆気ないほどに鳴沢岳に着く。
休んでも、体が休まる以上に体温が低下するというデメリットの
方が多いので、先を急ぐ。

そんな中、頂上よりも先のところに雷鳥を見かけたので、
驚かさないように、彼彼女らの通過を待った。

雷鳥も、こんな雨の中で散歩!?なんて、
体が冷えないのか!?などと思ったりする。

途中、ちょっとだけ先に発った、同室のIさんに追い付く。
ちょっとだけ話して、先に行かせてもらう。

ピークに着いても、今日は全く嬉しくない。
休む気もおきない。
休んでも、体が冷えるだけだし…。

立山側からは、ロープウェイのアナウンスだろうか?
機械的な女性の声が聞こえた。

こっちは、例えば扇沢側から吹き付ける風に晒され、
じっとしていれば、やがては低体温症になり、
死ぬ危険性だってあるというのに…。

そのあまりのギャップに、かえって笑いそうになった。

稜線を境に、ゆるくうねるように扇沢側、立山側に
つけられた道を黙々と歩く。

扇沢側に入ると本当に寒いのだが、幸いにも立山側に
つけられたルートの方が多いので助かる。

雨の中をひたすらに歩く。

別に自殺願望などないが、扇沢側に止まって、
カッパを脱いで、強い風をずっと受けていれば、
やがては死ねそうな気がした。

しかし、俺は未だ死にたくない。
止まらないように、遅くないように、
ほどほどのペースで進む。

なんとか頑張り、針ノ木岳に到着。

当然、何も見えない。
晴れていれば、絶景を楽しめる筈なのだが…。

山頂付近をウロウロし、写真を撮ろうとしたのだが、
カメラを濡らしたくないので、やめた。

やはり、ここでも座らずに、ちょっと立ち休みしただけで、
針ノ木小屋に向け、出発。

意外に険しい感じのする登山道を一気に下る。

小屋まで来ると、ようやく人と遇う。

そういえば、今日はすれ違った人は一人もいなかったっけ?

針ノ木小屋のスタッフに下山時の沢の様子を訊く。
今年は水量が少ないので、全く問題ないとのこと。
安心して下れる。

小屋では、入口のところで立ち休みさせてもらう。
a0094280_15154736.jpg

小屋入口より…。

相変わらず、雨はやまない…。

それにしても、なんなんだ!?
日曜の方が天気いい筈だったのに…。

入口で立ち休みし、メモを取っただけで、再び歩き出す。

小屋直下のつづら折れの道、沢の右岸、左岸のトラバース道、
そして、崩壊した雪渓を巻くようにできてる、高巻き道を
慎重に下る。

大沢小屋まで下れば、気持ち的には一安心。
最後にもう一踏ん張りして一気に下る。

扇沢に着いても、まだ雨は降り続いていた。

雨の中ロクに休まず5時間も歩いたのは、
面白くもなんともなかったが、
そんなこともできるんだなぁと身をもって知ることが
できたのは、多いに参考になった。

2日間ロクな展望が得られず、また終日雨にも降られたりして、
あまり楽しいとは言えない山行ではあったが、
種池から針ノ木峠まで歩けたこと、また小屋でお会いした方と
楽しく話せたことはとても良い出来事だった。

今度このルートを歩く時には、当然ながら晴れの下で歩きたい。


[コースタイム]
新越山荘(-/5:57)〜鳴沢岳(6:23)〜赤沢岳(6:56)〜
スバリ岳(8:02)〜針ノ木岳頂上(8:36/8:39)〜
針ノ木小屋(9:03/9:09)〜大沢小屋(10:18)〜扇沢(10:54/-)
[PR]
Commented by でん at 2012-10-14 22:48 x
天気の良くない山歩き・・・
私は「雨には雨の良さがある」と思えないでいます。
まぁ、自分にはそのリスクを克服できるスキルがないからというのも
あるからなのですが、何といっても展望もない中を歩くのはツマラナイ。
そのために家を出る直前までアメダスと睨めっこなんてことが良くあります(^^;)

柏原新道登山口~新越山荘が4時間。
新越山荘~針ノ木経由~扇沢が5時間の合計9時間ですか(@_@)
通しで歩いて日帰り11時間あれば寅次郎さんなら歩けそうですね♪
あっ、天気が良ければ写真撮影などの寄り道が増えるので
逆によけいに時間がかかることになってしまうかもしれないですね~(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2012-10-15 20:57
★でんさん、こんにちは。
俺も雨の日の山歩きは好きじゃないです。

この日は、帰らなきゃ仕方ないので、歩いたのみです。
日帰りで、雨の確率が高いなら、山には行きませんしね。

やはり、好天の下での山歩きの方が、圧倒的にリスクは少ない
でしょうし、また楽しいですもんね。

やはり、山歩きに天気は重要ですよね。

扇沢〜種池〜針ノ木〜扇沢は30kmちょいあるみたいですが、
日帰りでも可能でしょうね。
でんさんも勿論可能でしょう。

まっ、俺はそんなにロングトレイルは好きじゃないので、
日帰りはしないでしょうけど…。
Commented by ゆな at 2013-06-16 12:28 x
このコース、8月に行くのー!
天気悪くて残念だったね(´Д` )
岩場とか多くて高度感あって怖かったって聞いたことあるけど、どうだった??
Commented by torajiro-joshu at 2013-06-16 17:13
★ゆなちゃん、こんにちは。
初日はまだしも、2日目は修行のようだったよ。
休んだのは、針ノ木岳頂上と針ノ木小屋の軒先で、
僅か数分ずつだったしね…。

雨とガスで視界があまり良くなく、
俺の場合、高度感はほとんど感じなかったよ。

けれど、晴れていたら、ここは緊張すっかも!?と
思うようなところはいくつかあったように思う。

稜線よりも、雪渓が使えず巻き道を歩いたけど、
そっちの方が視界が利くだけにイヤらしい感じがしたね。

針ノ木で大展望が満喫できるといいね!
by torajiro-joshu | 2012-09-23 23:59 | 山歩き | Comments(4)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu