寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

鹿島槍ヶ岳〜白馬岳縦走 1日目(扇沢〜冷池山荘)

二転三転する天気と、その予報に悩まされ、
今年の盆休みは山に出かけられないでいた。

基本、テントを背負って4泊5日以上の縦走、
或は、自分の中で残された3000m峰登頂の為の南アルプスと
思っていたが、結局は、安定しないままの天気では小屋間の
距離が遠い南アルプスはリスクあり、また同様に、重い荷での
山行はリスクありとみて、鹿島槍ヶ岳〜白馬岳の縦走を
小屋泊まりですることに決めた。

ただ、このコース設定にも一つ問題があった。
アプローチは公共交通で…と決めていたのだが、
長野新幹線利用での最初の長野駅到着便でさえ
8時を過ぎるということだ。
必然、扇沢への到着も10時過ぎと遅い。

けれど、それはどうにもならないことなので、
日程に余裕をもたせるか、状況をみての自分の足に
かけるかにして、とりあえず出発した。



扇沢に着いたのは10時過ぎ。
霧雨も少し落ちている。
幾分涼しいが、あまり条件はよくない。

結局、登山届けを出し、歩き始めたのは10時半をとっくに過ぎていた。

登山口での情報にまずビビる。

本日絶対に通る種池山荘のキャンプ場にて、前日、前々日と熊が
出没し、キャンプ場が利用できないと…。

今回自分はキャンプはしないが、熊と出くわす可能性もアリとみて、
気分が少し下がっていった。

しかし、それでも仕方ないので、気を引き締めてから登り出す。

霧雨は一時的なものだったが、湿度が高い。

よく整備され、また傾斜もキツくない
歩き易い道なので、快調に歩く。

どんどん汗が出てきて、あっと言う間にシャツはグショ濡れになる。

すれ違う登山者はいても、同じ方向に進む登山者はいない。

それもそうだ。
全然早くないもんな、時間的に…。

それにしてもキツい。
気温は高くはないが、湿度が高い…。

それでも、天気は回復傾向にありそうだが、
今度は自分の調子が上がらない…。
a0094280_2111686.jpg

一時間ほど歩いた頃だろうか、やっと稜線と種池小屋が見えた!

俄然、やる気になった。

とはいえ、いまいちペースが上がらない。
なんだろ?
足は大丈夫だけど、力がわかない…。

よく考えてみたら、朝から口にしたのは、
バナナと駅弁のおかゆだけだったことに気付く。

そうか。
北岳山行の時と同じ、シャリバテか…。

何やってんだろ、俺!と思いながらも、
飴を口にしながら歩く。

休憩時にカロリーメイトも口にする。
すると、幾分元気が湧いた気がした。
a0094280_21111524.jpg

やっとのことで、種池小屋に到着。

小屋の外は、結構登山者で賑わっていた。
a0094280_21112077.jpg

種池小屋まで来ると、いつしか岩小屋沢岳方面も
しっかり見えるようになっていた。

天気は、やはり、ほんの少し回復傾向にあるような気がした。

なので、本日の宿泊地は、爺ヶ岳を越え冷池山荘に
することにし、種池小屋で予約を入れてもらう。
a0094280_21112686.jpg

爺ヶ岳の頭は少し雲をかぶってはいる。

けれど、冷池小屋はそう遠くはない距離に見えている。
a0094280_21113633.jpg

爺ヶ岳南峰へと、気持ちのいい稜線が続く。
a0094280_21114022.jpg

稜線から振り返ると、種池小屋と劔岳の姿が一緒に目に飛び込む。

なかなか素晴らしい場所に建っていたんだと、今更ながら気付いた。
a0094280_21114583.jpg

突然、雷鳥の親子が姿を現す。

なんとも可愛らしい姿に心和む。

そんな気分も束の間…。
何やらアヤしい雲行き…。
a0094280_21114950.jpg

大町側からは雲がどんどん寄せて来て、
風とともに、細かい雨が吹き付けてきた。

けれど、微妙な雨。
カッパを着るか着ないか、微妙に悩むような雨だった。

しかし、俄雨と読み、着ないで歩くことにする。
a0094280_21115477.jpg

爺ヶ岳南峰中腹より中峰を望む。
a0094280_21115871.jpg

南峰に到着。

人は自分の他に、おじさんが一人。

途中、劔がバッチリ見えたものの、雨も降り出し、よくない展開。
明るいのに…。

いそいそと出発し、中峰へ…。
a0094280_211226.jpg

中峰頂上。

南峰の方が標識はしっかりしていたが、標高は中峰の方が高いようだ。
そして、三角点もこちらにある。

さっきの雨はあっさりやんだ。

さきほどの登山者のおじさんとともに北峰へと向かう。

が…、北峰の頂上へ向かう道はないらしく、
雨が再び落ちてこぬうちに、おじさんと小屋へと急ぐ。

おじさん、年をきけば、なんと!65歳らしい。
それにしては素晴らしい歩きっぷり。
感心してしまった。
a0094280_2112688.jpg

相変わらず、大町側から雲が吹き寄せていて、
今にも冷池山荘がそれに飲み込まれそうになっていた。
a0094280_21121046.jpg

冷池山荘。

小屋には雨が再び落ちてこぬうちに到着。

ホッとした気分で登山靴を脱いだ。
a0094280_21121585.jpg

冷池山荘の夕食。

なかなかに豪華。
フライも揚げたて。

どれも大変ウマく、シャリバテ解消に腹一杯いただいた。(笑)

本日、場合によっては種池山荘泊も考えていたが、
冷池に無事に到着したので、翌日以降の行動の選択の
幅が広がった。

天気がもてば…という条件で、明日は唐松まで行くことにする。
小屋前の標識の看板には、コースタイム11:30と書かれていたが、
おそらくは、そんなにかからずにいけるだろう、多分…。

この日は10人くらいの部屋に3人の登山客。
思ったよりも空いていて快適な空間で眠りにつく。



[コースタイム]
扇沢(-/10:17)〜柏原新道登山口(10:27/10:40)〜八ツ見ベンチ(11:08)〜
ケルン(11:25/11:34)〜種池山荘(13:07/13:27)〜爺ヶ岳南峰(14:01/14:06)〜
爺ヶ岳中峰(14:18/14:22)〜冷池山荘(15:17/-)
[PR]
Commented by よしくに at 2012-08-20 06:22 x
今ひとつのお天気でしたね
それでも剱が見え、良かったじゃないですか
私は3年に掛けてこのコース逆に歩きました
栂池から八方(テント)、八方から扇沢、扇沢から針ノ木と
爺ヶ岳では晴れた物の、鹿島槍はすっかり雲の中
展望が無かったのが残念でした
二日目が楽しみです
Commented by でん at 2012-08-20 12:53 x
夏のこの時期は午後になると大町方面から雲がどんどん沸いてきちゃいますよね。
それでも剱岳の展望かあったのはラッキーでしたね(^^)
ライチョウにも会えたのもネ♪
それにしてもニュースによると種池の熊出没は、ハイカーのザックを漁ったってのはビックリですよね(@_@)
食べ物があるのを覚えさせてしまうと困りますね。
Commented by torajiro-joshu at 2012-08-20 22:46
★よしくにさん、こんにちは。
やはり、今年の盆休みは天気悪かったです。

まぁ、それでも、確かに劔が見えたわけだし、
マズマズだったのかもしれません。

くにさんは逆コースを歩いたんですか。
不帰をテント泊とはスゴいですね。
俺はイヤだな。
あそこ、結構岩が滑るし…。

ぼちぼちアップしていく予定ですが、
気長に待ってやって下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2012-08-20 22:52
★でんさん、こんにちは。
雲が湧いてきちゃいましたね。

それでも、この日は劔はよく見えたので、
たしかにラッキーだったのかも。

雷鳥は、今山行では何度も見られました!
これもまたラッキーでした。

種池の熊騒動は、やはり、そういうことでしたか…。
登山者からしたら、本当にビックリですね。

ただ、その熊も駆除されるようで、
それをキレット小屋で知ったのですが、
なんだかすごくフクザツな気分になりました…。
Commented by よっしー at 2012-08-21 05:37 x
途中まで同じコースを歩いた者として、寅さんにきっちりと
写真入りで書いていただけると、あの楽しい時間が再現されて、とてもラッキーです。続きも楽しみにしています。

冷池山荘でお話した方が話していましたが、種池から爺ヶ岳
への登山道は、「(NHKドラマ)坂の上の雲」のエンディング
で写った登山道だそうです。毎回、エンディングで、山の上に続く一本の登山道が写ると、「ここはどこの山だろう?この山に行きたい!」と思っていました。
あっけなく通りすぎてしまいました・・・。

*ブログのルールを知らないため、前回のコメントに自分のメールアドレスを書きましたが、問題が起きる可能性をご指摘いただいたので、消去できるならば消去をお願いしてもいいですか。
Commented by takebow at 2012-08-21 05:59 x
流石、寅次郎さんです。柏原新道を軽々と登っていく様が目に浮かびます。小生も同じコースを自分の最盛期に登りましたが、楽ではなかったです。その後、針ノ木方面に1度、爺ヶ岳にと3回登ってますが、いつもバテバテでした。
Commented by torajiro-joshu at 2012-08-21 06:13
★よっしーさん、こんにちは。
ありがとうございます。
よっしーさんの歩いた時は、もうちょっと天気良かったのかな?

種池から爺ヶ岳も「坂の上の雲」の映像に使われたんですか!?
小蓮華山あたりの登山道が、ドラマのそれに使われたと、
自分は白馬で聞いたのですが…。
いずれにせよ、自分はどちらもあっさり通り過ぎました…。(汗)

*せっかくコメントいただいたので、
よっしーさんのアドレスのみ消去し、
コメントは残させてもらいました。
ご了承下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2012-08-21 06:21
★takebowさん、こんにちは。
いえいえ、全然です…。
信じられないくらい汗ダクだったし、後半はシャリバテ気味で、
かなりキツかったですからね。

でも、あの登山道は歩き易いですね。

今度は自分も針ノ木方面縦走の時にでも
利用させてもらいたいです。
いつ行けるかわかりませんが…。
Commented by あひる at 2012-08-26 06:27 x
こんな天気だったのですね。
歩き初めに天気が良くなく、熊も出てる、と聞き
他に誰もいないと泣きたくなりますね(^^;
雷鳥が出ると悪天化・・・もセオリー通りでしたね。
この辺りも行った事無い領域なので興味深いですー
Commented by torajiro-joshu at 2012-08-26 07:57
★あひるさん、みたびこんにちは。
こんな曇天だったんですよ〜。
まぁ、かなり不安定だった今年の盆は、これでも仕方ないですね。
こんなでも、お盆前半よりはマシだったみたいだし…。

今思えば、すごい出だしでしたが、なかなか楽しい山行でした。

雷鳥を見られたのはいいですが、その後、
いつも確実にガスりましたからね。
ちょっとフクザツな気分でした。
雷鳥が悪いわけじゃないけど…。
by torajiro-joshu | 2012-08-15 23:59 | 山歩き | Comments(10)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu