寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

黒檜山 2012 冬

朝起きると、快晴。
赤城山(地蔵岳)もくっきり見える。
なので、先週に続き、今週も赤城山へ…。
場所はちょっと迷ったが、黒檜山に行くことにする。

大洞北の登山口から黒檜山往復するか、
それとも大洞北から入り黒檜山〜駒ヶ岳と縦走し
大洞の登山口に下山するか迷ったが、
今回は黒檜山往復としてみる。

時間がそれほど早くない為、すでに雪面はある程度踏みしめられている気配。
なので、今回も先週の地蔵岳に引き続き、
ノー・アイゼン、ノー・スパッツで登り始める。
また、天気も良く、風も弱いので、レイン・ウェア上下も着用せずに…。

それにしても、この格好だと、いつもの桐生の吾妻山とたいして変わらない…。

ちょいとギモンを感じるが、雪山の装備はちゃんとあるので、
必要になったら、その時に使えばいいや…と…。

歩き始め、やはり、ノー・アイゼンでも登っていける。
だが、先週の地蔵岳の方が雪が締まっている感じがした。

10分程登ると、陽射しを浴びられる尾根に出て、
大沼方面が見下ろせるようになった。
a0094280_20274677.jpg

地蔵岳と大沼。

ワカサギの穴釣り客も全く見られない大沼は、
ただただ静かで、ひっそりとしていた。



今日も新坂平の気温掲示板はマイナス9℃を表していた。

気温は先週と同じだが、明らかに陽射しの強さが増しているよう感じる。
そのせいか、雪が少し緩んでいるような気がした。
それでも、比較的歩き易く、歩が進む。
と同時に、汗も出てくる。
いくら穏やかな日とはいえ、無風ではなく、北風が少しは吹いている。
そうすると、汗冷えしてくるので、少しペースを落とす。
a0094280_2028924.jpg

頭上を見上げると、綺麗な雪の綿帽子を付けた樹があった。
a0094280_20281534.jpg

少し進むと、小さな雪庇が現れる。
ルートは、ちょっと雪庇に近いような…。

なるべくそれとは離れたところを歩くようにする。
a0094280_20282197.jpg

斜度が増してきて、下りならシリセードでも面白そうな斜面となる。
ということは、もうすぐ頂上か。

それにしても、樹々についた雪が少ない。
やはり、一歩一歩春に近付きつつあるんだなぁ…。

まもなく分岐に出た。
分岐から頂上まではほんの少し。
関東平野方面を右に見ながら歩くが、生憎展望はイマイチ。
期待していたスカイツリーは見えそうになかった。
a0094280_20282732.jpg

昼飯時で、頂上標識は人気がなかった。(笑)

それでも、頂上は大賑わい。
15人近くの登山者がいたろうか。
結構賑わっていたので、写真を数枚撮って、
黒檜山大神の方で昼食をとることにする。
a0094280_20283266.jpg

関東平野方面は霞んでいた。
それでも、筑波山がうっすらと見えた。
a0094280_20283728.jpg

日光方面。
手前は袈裟丸や皇海山だろうが、そんなに雪は多くなさそうに見えた。
a0094280_20284934.jpg

黒檜山大神

こちらは誰もおらず、静か。
ここで昼食とする。

昼食をとりながら、景色を楽しむ。
八ヶ岳はばっちり見えた。
よく確認はできなかったが、
南アルプスや北アルプスの山々もうっすら見えていたように思う。
a0094280_20284455.jpg

地蔵岳。その左手に小沼。

地蔵岳の位置から富士山を探すが、生憎見ることはできなかった。

ゆっくり昼食をとった後、来た道を戻る。

ためしに、またもやノー・アイゼンで下る。
上部は急なので慎重に下る必要があるが、
その面白いこと面白いこと。
ズリズリ滑り、ちょっとしたスキー気分!?
さすがに2〜3回コケたけれども…。
でも、危なくなければ、早く下れて、とても楽しい。

途中、下から来たオバちゃんに道を譲ったら、
目の前に立ち止まられ、話し込まれることとなったが、
それがなければ、無雪期とたいして変わらぬ時間で下れることがわかった。

おそるべし、ノー・アイゼン!
まぁ、それも、雪質と安全を見極めた上での方法なんだろうけど…。
すぐ下に人がいたら、自分が転んだ時にその人を巻き込まないよう
充分注意して歩く必要があるだろうし…。
a0094280_20285733.jpg

雪庇越しに大沼と地蔵岳。

やわらかそうな雪庇を思わず触りたくなった。
危ないので、もちろん、そんなことはしないけれど…。

この雪庇を見れば、下山口まではもうすぐ。
尾根からの風景を心におさめ、
緩くなった斜面を、油断せずに下っていった。

と、ここで終わる筈だったが、駐車場の近くまで来て、
二重にしていた手袋の片方がないことに気付く。

その手袋とは四半世紀の仲。
見捨てるわけにはいかない。

おそらく、最悪でも雪庇越しの写真を撮ったところまで戻れば、
きっと回収できる筈。
すると、最悪、1時間見ておけば、なんとかなると判断。
すぐさま引き返す。

大洞北の登山口近くまで戻ると、道路上になんだかそれらしき物体が…。
果たして、それは俺の手袋だった。

奇跡の再会!?を喜び、
ホッとして、駐車場まで俺は戻っていった。(笑)



[コースタイム]
大洞北登山口(-/11:16)〜黒檜山頂上(12:13/12:18)〜
黒檜山大神鳥居(12:20/13:13)〜大洞北登山口(13:44/-)
[PR]
Commented by でん at 2012-02-20 00:25 x
今日は絶好の山日和でしたね♪
山頂の標識でだいたいの雪の量がわかります(^^)
奥の展望地には行かなかったのですか?
上越国境の展望が良かったのではないかと想像しますが・・・。
雪が凍ってなければノーアイゼンもわかりますが、同じような人って他にいたのですか~(笑)
私も先週、手袋をなくしました。
100均なので探さなかったのですが、愛着のある手袋を探しに
再度登ることにならなくて良かったですね(^^)
Commented by よしくに at 2012-02-20 07:13 x
良い青空で、雪山良いですね
雪質次第でノーアイゼン なるほど
下りの楽しさ想像できますよ
手袋もすぐに見つかって何より
私は、昨日、地元の里山で道迷いしてました(笑い)
慣れは怖いですね

Commented by torajiro-joshu at 2012-02-20 22:24
★でんさん、こんにちは。
今冬はかなり寒いですが、この日の黒檜山の積雪量は
それほど多くはない感じでしたね。
樹々が邪魔になり、上越国境の山々はあまりよく見えませんでしたが、
場所によってはよく見えていたかもしれません。
「奥の展望地」には行きませんでした…。

>雪が凍ってなければノーアイゼンもわかりますが、同じような人って他にいたのですか~(笑)

全くいませんでした…。
見かけた登山者は30人程度のような気がしますが、
カンジキの人が一人、あとは全員がアイゼン着用だったと思います。
そういった登山者からみれば、
吾妻山登山の格好とたいして変わらぬ俺の姿は、
かなり浮いていたかもしれません。
ある意味、ロッキー状態(←わかりますかね?笑)といった感じ
でしょうね。(笑)

でんさんは「先週、手袋をなくし」ちゃいましたか…。
紛失って、やっぱり悲しいですよね…。
自分は、なんとか見つけることができ、ホッとしました。
Commented by torajiro-joshu at 2012-02-20 22:32
★よしくにさん、こんにちは。
風も弱く、登山にはかなりいい日だったと思います。
あっ、でも、今日の方が暖かくて、もっと良かっただろうな〜。(笑)

雪は凍ってなかったし、かといってグズグズでもなく、
程よく締まっていたので、ノー・アイゼンでも大丈夫でした。
適度に滑って、なかなか楽しかったです。(笑)

手袋は、車道で見つかってよかったです。
登山道なら、1時間近くタイム・ロスしてたでしょうし…。

よしくにさんは、「昨日、地元の里山で道迷い」ですか?
「慣れ」ていると、意外にそういうこともありますよね。
お互い、気をつけましょう。
Commented by あひる at 2012-02-25 16:56 x
赤城一緒に行きましたねー懐かしいです。
今回はずっと快晴に恵まれたようで良かったです!
手袋も出てきて良かったですね。

それにしても寅次郎さん、、、
しっかり雪山歩きの人になりましたね!
その景色に魅了されて、次は黒百合ヒュッテまで行って
天狗岳を眺めてはいかがでしょう?
そしてその次は・・・(^^)
Commented by torajiro-joshu at 2012-02-26 20:29
★あひるさん、こんにちは。
赤城、御一緒しましたねぇ。
たしかに、懐かしい感じが…。
そんなに昔じゃないのに…。

おかげさまで、天気もよく、手袋もすぐに手許に戻って良かったです。

>しっかり雪山歩きの人になりましたね!
その景色に魅了されて、次は黒百合ヒュッテまで行って
天狗岳を眺めてはいかがでしょう?
そしてその次は・・・(^^)

え〜と…、そうでもないんですけどね…。
相変わらず、寒いのは嫌いだし…。

まぁ、今年は、今迄やっていないことを始めたり、
ブラッシュアップする年にしようかなと思っているので、
その一つとして、雪山に行ったということはあります。
でも、今シーズンはもう行けないかなぁ…。

黒百合ヒュッテ…、車のアプローチが…。
麦草方面からいければなぁ…。

その次は…。
いや、行けないでしょう。
靴がないし…。
by torajiro-joshu | 2012-02-19 22:17 | 山歩き | Comments(6)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu