寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

雲ノ平山行 1日目(折立〜薬師峠)

少年の日に思い焦がれた雲ノ平へ…。

雲ノ平…、どこの登山口からでも1日で入るのは困難な、
北アルプス最奥部とも言っていい山域。

少年の日の思いは今も熱く、その地へと遂に足を踏み入れた。

交通の関係上、朝、家を出発。
電車を乗り継ぎ、10時過ぎに富山に到着。
そこからまた、電車とバスを乗り継ぎ、登山口の折立へ。
そこに着いたのは既にお昼過ぎだった。

アルプス級の山では、午後遅く迄の行動は、
俺はほとんどしないと決めている。
なので、折立でキャンプでもいいと思っていた。
けれど、天気がなんとか大丈夫そうなこと、
また、電車、バス内で知り合った清水の女性、広島の男性と意気投合したこと、
ここで薬師峠まで入れば、今後の登山ルートに選択肢が増えることから、
折立でキャンプではなく、薬師峠まで行ってキャンプすることにする。

比較的急な道を、広島の男性を先頭に登ってゆく。
おかげで、いいペースができてゆく。
薬師峠手前の太郎平小屋までは、タイム短縮にはルートの前半が勝負と
思っていたので、それは非常に有難い。
また、展望は大して望めなかったが、ガスが周りを被っていた為、
涼しく、快調な登りとなった。
a0094280_1633881.jpg

五光岩のベンチから見る、薬師岳の裾。
たおやかな稜線が綺麗だった。

本日のキャンプ地は、その裾の落ち込んだ所の反対側辺だと、
広島の男性が教えてくれた。



a0094280_16331242.jpg

笹原の間に咲くキスゲが、緑の中に明かりを灯したようで、
とても綺麗だった。
a0094280_1633169.jpg

緩やかで、たおやかな稜線をゆく。
遠望は効かないが、涼しくて気持ちいい。
a0094280_16331842.jpg

道はよく整備され、とても歩き易い。
これならば、よほどのことがない限り、道迷いもないだろう。
a0094280_16332249.jpg

太郎平小屋が見えた。
あと一息。
道端にはチングルマの花穂がいっぱい。
これでも充分に綺麗だが、これが花の時期だったら、
もっともっと綺麗だろう。

小屋に着くと、そこは登山者で賑わっていた。
展望もなかなか。

雲ノ平を遂にこの目に捉えた。
少年の日の思いは、一歩、現実へと近付いた。

雲ノ平を囲むように、北ノ俣〜黒部五郎〜三俣蓮華〜
鷲羽〜水晶〜赤牛の稜線が続く。
それらは頭だけ隠し、肩の辺まで見せていた。

全てを見られたわけではないが、想像してた以上の大きさに、
ついつい感嘆の声が漏れる。

ここでお別れとなる清水の女性と、キャンプ組の広島の男性、
俺の三人で記念写真を撮る。
半日間、清水の女性、ありがとう。

広島の男性と俺は、小屋から20分程の所にあるキャンプ場へと向かう。
ゆるやかな頂を越えて、そこにキャンプ場はあるのだが、
思ったよりも遠く、翌日また太郎平小屋方面に戻る俺は、
ちょっと損した気分になった。
a0094280_16343880.jpg

キャンプ場(翌朝撮った写真)

キャンプ場はかなり混んでいた。
写真の3倍以上テントがあった気がするが、
なんとかスペースを見付け、そこに設営。

そして、その後、広島の男性と軽く宴会。
そこでは、山の話だけでなく、色々と深く考えさせられる
貴重な話をしていただき、本当にタメになった。

寝る前にテントから顔を出すと、星が瞬いていた。
久々に見た綺麗な星空に暫し見とれた。

明日晴れますように…。



[コースタイム]
折立(-/12:50)〜1870.6m三角点(13:53/14:12)〜五光岩ベンチ(15:11/15:18)〜
太郎平小屋(15:57/16:05)〜薬師峠キャンプ場(16:21/-)
[PR]
Commented by くに at 2011-08-21 07:45 x
雲の平
私も夢だな~槍までの道 歩いてみたい
今後のアップ楽しみにしてます

アヒルさんは、薬師を越えて室堂に向かっていたようで
ニアミスしてたかも? 日にちが違うか(笑い)

この領域は、アクセス的にも、日程を多く必要とするので
なかなか行けません
Commented by takebow at 2011-08-21 20:24 x
寅次郎さんも折立から奥黒部に入っておられたんですね。素晴らしい。写真、楽しみです。ガスっているということは、雲ノ平の池塘を堪能されたのでしょうか?今後の展開を楽しみにしております。
Commented by torajiro-joshu at 2011-08-21 22:10
★くにさん、こんにちは。
雲ノ平、遠いですもんね。
なかなか行けないですよね。
どんなに頑張っても、前日夜行で出て翌日目一杯歩いて…、
まぁ、やはり、2日は要しますね…。

あひるさんの山行とは大分日程が違いましたね。
同じなら、ニアミスもなくはなかったかもしれませんが…。

くにさんもいつか雲ノ平に行けるといいですね。
目一杯頑張れば、山中一泊でも不可能ではないかも…。
あっ、でも、それじゃあ、ツマラナイですよね…。
やっぱり、ある程度日程がないとダメですね。
連続した休みが取れるといいですね。
Commented by torajiro-joshu at 2011-08-21 22:15
★takebowさん、こんにちは。
交通の関係上、遅い折立入りとなってしまいましたが、
そこから念願の雲ノ平に行ってきました。

雲ノ平滞在中は、実は…、あまり天気に恵まれませんでした。
なので、本当に、雰囲気を味わっただけみたいなもんでした。
機会あらば、またいつか行ってみたいです。
Commented by あひる at 2011-08-21 22:50 x
3週間開けてのニアミスでした。
何はともあれ"行けて"良かったですね。
一時はどうなる事かと・・・(笑)

寅次郎さんもガスが出ていましたか。
でもこの辺りは登る一方なので
かえってその方が良いかもですね。

それにしても寅次郎さん登り速いです。
私は"あひる"なんで、例によって超ローペースでした。

続き楽しみにしていますね!
Commented by takebow at 2011-08-22 10:03 x
そうでしたか、でもまさに雲ノ平ですね。ちなみに小生のブログの写真は雲ノ平からの黒岳で、息子の名もこれにちなんでいます。山に行けなくなって身としては、寅次郎さんやあひるさんからの山の息吹が何よりも癒しです。楽しみにしております。
Commented by でん at 2011-08-22 12:34 x
うわぁ~、いつの間に?
遠いところまで行ってきたのですね~。
日帰りしかしていない私には行けないところなのでレポ見て楽しみますヨ(^^)
単独での場合、気の会う方と出会えると心強いですね!
Commented by torajiro-joshu at 2011-08-22 20:41
★あひるさん、こんにちは。
その節は大変心配をおかけしました。
お陰さまで、なんとか行くことができました。
どうもありがとうございます。

あひるさんが行かれたのは3週間も前でしたっけ?
随分前だったんですね!

この日は結構ガスが出てました。
って、午後出発だから、それは仕方ないですよね。
でも、涼しい中登れて良かったです。

この日の登りに関しては、広島の方がいいペースを作って下さったので、
結構早かったのかもしれません。

続き…、あひるさんとともに頑張ります!(笑)
Commented by torajiro-joshu at 2011-08-22 20:46
★takebowさん、こんにちは。
今回の山行は雲ノ平がメインのつもりだったので、
泣く泣く諦めた行程もあります。
でも、まぁ、結果的にはそれで良かったとも思ってます。

takebowさんの「ブログの写真」は、スイス庭園からの水晶岳かな?
自分も似たような写真を撮りました。

息子さんの名前が水晶にちなんでるって、カッコいいですね。

たいして内容は濃くありませんが、続編も頑張って作成しますので、
暫しお待ち下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2011-08-22 20:54
★でんさん、こんにちは。
お盆休みに行ってきました。

群馬からの交通費はすごく高くて、目ん玉が飛び出ました…!
ちなみに、往復で2万円位でした!

普段は自分も日帰り山行が圧倒的に多いですが、
原子力チンピラによる攻撃で、いつ体が蝕まれてゆくか
皆目見当がつかないですし、日程的にも金銭的にも
行ける時に行かないと、以後行けなくなると思ったので、
今回思い切って、少年からの思いを果たすべく、遠征してみました。

今回も山でお会いした方はみんな良い人でしたよ。
そういう意味では、自分は恵まれているのかもしれません。
by torajiro-joshu | 2011-08-13 23:59 | 山歩き | Comments(10)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu