寅次郎がゆく!

toragayuku.exblog.jp
ブログトップ

黒檜山 2011 冬

空の青とクリスタルのような樹氷の輝き、白い雪が眩しかった。

悪天で、当初予定していた12日の登山は中止。
順延はないと思っていたので、12日はすっかり休日モード。
13日もそのつもりだった。
けれど、急遽決行となり、かえって12日の悪天が吉となった。

新雪と樹氷が、我らを迎えてくれた。
a0094280_17334717.jpg

かなりいいコンディションの雪の中をゆく、あひるさんとむかしむかしさん。

出足がそれ程早くない為、トレース自体はしっかりしている。
結構歩き易いが、一歩トレースを外れると、
フカフカに近い雪に難儀する場面もみられる。

もっとも、それはアイゼンだったからで、
スノーシューでの登高ならば、もうちょっと新雪の中を
ガシガシ行けたかもしれない。

だが、アイゼンを装着したので、今回は登りはアイゼンのままでゆく。



それにしても、今回の黒檜山はとても綺麗だ。
自分の少ない雪山経験の中ではベストの綺麗さかもしれない。
こんなに辺り一面の樹氷は見たことない。
樹氷のクリスタルのような輝きの中に青空を見るようだった。

途中、眼下に見下ろす、凍てつく大沼も綺麗だった。

気温が低く、動かなければかなり寒い。
寒さは苦手なので雪山は敬遠していたが、こんなのを見ては、
また来年以降も雪山に繰り出さねばなるまい…。(笑)
a0094280_17335329.jpg

頂上手前の分岐までもうすぐの辺りで…。

さすがに、下よりは雪が深い。

それでも、あひるさんとむかしむかしさんは疲れも全く見せずに、
ガシガシと登ってゆく。
どちらも細いのに、とてもパワフルだ。
a0094280_17335816.jpg

黒檜山頂上より関東平野の方を望む。

写真では判り辛いが、筑波山の双耳峰までよく見える。

もうちょっと天気が良ければ、ここからスカイツリーも見えるだろう。
秋の空気が澄んだ日が狙い目かもしれない。
7〜8ヶ月後の無雪期にでも来てみたい。
ちなみに、北の方は雲に覆われ、残念ながらよく見えなかった。

冬にしては微風とは言え、北よりの風が冷たい。
それを避ける為雪の陰に隠れ、昼食とする。

昼食は今回もむかしむかしさんが用意して下さった。
毎回毎回ありがたいことである。

先ずはホットワインで乾杯。(残念ながら、写真は撮り忘れ…。)
体の芯から暖まり、生き返った感じがする。
a0094280_173489.jpg

具沢山のうどん。

最高にウマい!
零下10℃以下、風速数mの中で食べるうどんのウマいことウマいこと。
本当に、ものすごくウマい!
雪山でこんなものをいただけるなんて、
むかしむかしさんには本当に感謝です。
a0094280_1734365.jpg

Birthday Cake

少し早いが、むかしむかしさんが作って、担ぎ上げて下さった!(感涙)
本当に、とてもありがたいことだ。

チョコレートケーキにレモンピールの爽やかさが合っていて、
すごくウマい。

本当にありがたい。
山の仲間のやさしさに、ただただ感謝。

いつもいつもありがとうございます。

贅沢、且つ、身も心も暖まる極上ランチを楽しんだ後、
駒ヶ岳方面に向かう。
a0094280_17342167.jpg

黒檜山大神の鳥居の前で…。

思ってはいたが、2年前の黒檜山の時よりも明らかに雪が多い。
その時の写真と見比べると、凡そ30cm以上今年の方が積雪が多いだろうか?
おかげで、雪山気分を充分に満喫できた。
a0094280_17341598.jpg

凍てつく大沼、地蔵岳を望むあひるさんとむかしむかしさん。

ここから駒ヶ岳方面に向かう。
この先は来る時に使ったルートよりも少し急である。
しかし、雪質がいいのでワイワイ言いながらスノーシューで駆け下りたり、
尻セードしながら楽しく下ってゆく。
雪が多い為、露出する岩が少なく、かなり快適だった。

駒ヶ岳の手前から、直接大沼畔に向かって下ることにする。
夏ならば薮漕ぎ必至だろうが、雪に助けられ、一気に下る。
a0094280_17342851.jpg

そのコースには、先に下ったあひるさんとむかしむかしさんのトレースしかない。

他の人の気配も、自分ら以前に人が通った気配も感じられない雪の中は、
とても静かで、自分らの楽しそうな声しか聞こえない。
a0094280_17343458.jpg

樹々が織りなす影と白い雪の中を下る。
a0094280_17343957.jpg

踏み跡もない雪の中を、あひるさんとむかしむかしさんが
雪を巻き上げなら、楽しそうに疾走する。
a0094280_17345039.jpg

大沼は目の高さまで近付き、ゴールはもうすぐ。

誰の足跡もない新雪の中を、その感触を楽しみながら、
嬉々として下っていった。


あひるさん目線の詳細な黒檜山レポはコチラからどうぞ。

今回もとても楽しい雪山だった。
お誘い下さり、いつものごとくウマい昼食、
しかもBirthday Cakeまで用意して下さったむかしむかしさん、
遠路遥々お越しいただいた上に、車まで快く出して下さったあひるさん、
本当に、どうもありがとうございます。
楽しく、とても心に残る雪山山行でした。
残念ながら、参加できなかった麦酒さん、次回参加をお待ちしています。
[PR]
Commented by でん at 2011-03-08 01:39 x
お誕生日おめでとうございます!
最高のコンディションでの雪山は良いでしょうね。
赤城と雲龍渓谷は行ってみたいと思っているですが
雪山の装備もないので羨ましい限りです。
先日の地方紙でパーク&ライドでも行ける事も知りました。

話は違いますが、
先日、大小山の帰りに新井屋佐野店で味噌饅頭を買いに寄ったら
何と売り切れでした。
それならと思って、ナカダのさくらアンパンを買いに行ったら
これまた売り切れ(@_@;)
休日の夕方でしたので佐野物産会館も同じ状況でした。
観光客向けの商品になってしまったのかと
ちょっと残念な気がしました。
それから最近、太田市でお気に入りのパン屋さんを見つけましたヨ!
Commented by くに at 2011-03-08 07:54 x
雪山満喫に、すっばらしいランチ
最高の山中間 うらやましいな~
出来るものならお仲間に加わりたいが・・・

北関東道がつながれば、群馬埼玉の山も行きやすくなる
計画立てなけりゃ
Commented by torajiro-joshu at 2011-03-08 21:38
★でんさん、こんにちは。
お祝いの言葉、ありがとうございます。

自分は寒いのが苦手なので、あまり雪山には行かないのですが、
やはり、雪山は綺麗ですね。
赤城ならば、装備的には、普段の装備に加え、6本爪アイゼン、ストック、ロング・スパッツでもあれば大丈夫じゃないでしょうか。

味噌饅頭もさくらアンパンも売り切れでしたか。
残念でしたね。
人気があるんですね〜!

新たに発見したというお気に入りのパン屋さん、
今度ブログで紹介してみて下さい。
Commented by torajiro-joshu at 2011-03-08 21:44
★くにさん、こんにちは。
基本的には雪山はやらないのですが、
誘っていただいたおかげで、楽しく歩くことができました。

北関東道が繋がると、北アルプスも近くなりますね。
Commented by むかしむかし at 2011-03-08 23:21 x
寅次郎様

今回もまた楽しい時間をありがとうございました。
本当に純白の世界でしたね。
一部急登は「雪地獄」にように思えて精神的にかなりヤラレました。
何度も標高を聞いてスミマセンでした。

寅次郎さんが言うとおりスノーシューで登れば
あんな「雪地獄」にならなたったですよね
一昨年、ガシガシとアイゼンが利いて気持ちよく登った記憶で
「登りはアイゼン」と思ってしまいました。
頭を柔らかくしないとイケマセン

駒ケ岳手前からの下りは大変面白かったです。
私は足元の雪と一緒にサーフィン状態で降りてましたから
木のない斜面であれをやったら雪崩ますね。




雪と半日いろいろなスタイルで戯れたとても楽しい一日でした。

また行きたくなります。
その節はよろしくお願いいたします。
楽しい一日ありがとうございました。
Commented by あひる at 2011-03-09 01:29 x
大変良い天候と雪に恵まれた山行+山頂での超まったりタイム、
一日楽しく過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。

急斜面を下から撮られている写真を見ると、
あーこんなに急だったのね・・・と思い、
登り時、フクラハギがピキピキしていたのも
うなずける気がします。
また、下り写真の足元を見ると、
あぁこんなにフカフカだったのだなぁ、
としみじみ思い出されます。

意外とスコップのオレンジが目立つ事もよく判りました(^^)

少しずつ雪の世界に引き込まれていく寅次郎さん、
来年は八ヶ岳辺りでしょうか?

また是非ご一緒しましょうね。
Commented by takebow at 2011-03-09 20:21 x
本当に美しい風景ですね。確かに今年の方が雪が多いのは明らかですね。それだけにより美しさがましていました。
Commented by torajiro-joshu at 2011-03-09 20:43
★むかしむかしさん、こんにちは。
こちらこそ、その節は誠にありがとうございます。
本当に、嬉しい楽しい山行でした。

すごく綺麗な雪山でしたね。
樹氷がとても印象的です。
今回は、前日までの悪天が幸いしましたね。
麦酒さんは来れなくなってしまったけど…。

「雪地獄」…、歩き辛かったですね。
ただ、雪山経験の少ない自分には、
あれはあれでいい経験になりました。

>寅次郎さんが言うとおりスノーシューで登れば
あんな「雪地獄」にならなたったですよね

あの時は、色々な状況から言って、
ちょっとスノーシューにはし難かったですよね。
ですから、仕方ないでしょう。

「駒ケ岳手前からの下り」…、たしかにすごく楽しかったけど…、
むかしむかしさんの仰る通り、
「木のない斜面であれをやったら雪崩ますね」、かなりの確率で…。
表層雪崩ぽい雪の流れ方でしたもんね…。

楽しい雪山山行を今回もありがとうございます。
また次回もよろしくお願いします。
Commented by torajiro-joshu at 2011-03-09 20:56
★あひるさん、こんにちは。
こちらこそ、その節はどうもありがとうございます。
おかげさまで、とても嬉しい楽しい山行でした。

黒檜山は意外に急ですよね。
登ってる時は、さほどそうは思わなかったけど…。
特に、駒ヶ岳へ向かうルートの方が急かな。
スノーシュー歩きがイマイチ上手くならない自分は、
下りの方が難儀しましたからね…。
でも、フカフカの雪は本当に良かったな〜。(笑)

>意外とスコップのオレンジが目立つ事もよく判りました(^^)

たしかに、目立ってましたね。
無くさなくていいですよね。

>少しずつ雪の世界に引き込まれていく寅次郎さん、
来年は八ヶ岳辺りでしょうか?

いいですね〜!
例の、あの場所にも行ってみたいです。
でも、来年以降はダメかな…。
きっと人が入り過ぎて、楽しくないですよね…。

楽しい雪山山行を今回もありがとうございます。
是非また次回もよろしくお願いします。
Commented by torajiro-joshu at 2011-03-09 20:59
★takebowさん、こんにちは。
今回は2年前の山行時よりも雪が多く、また、雪質も良く、
最高に楽しめました。
やはり、雪山は綺麗ですね〜!
by torajiro-joshu | 2011-02-13 23:59 | 山歩き | Comments(10)

私、寅次郎の好きな山、温泉、食べ歩き、愛犬(パグ)等に関して気ままに綴っていきます。


by torajiro-joshu